一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2012年(Vol.61)主要都市における自動車の衝突事故による死亡-アメリ・・・

MMWR抄訳

rss

2012/07/20Vol. 61 / No. 28

MMWR61(28):523-528
Motor Vehicle Crash Deaths in Metropolitan Areas - United States, 2009 

主要都市における自動車の衝突事故による死亡-アメリカ、2009年

自動車衝突事故(MVC)による死亡者は近年減少しているが、依然としてアメリカにおける傷害死亡の主因である。2009年にはアメリカ住民のうち34,485例がMVCにより死亡し、このうち22%は15~24歳であった。全ての年齢群および15~24歳群のMVC死亡率のパターンを評価するため、CDCはアメリカで最も人口の多い50の主要都市におけるNational Vital Statistics System(NVSS)とU.S. Census Bureauの2009年のデータを分析した。年齢調整MVC死亡率(住民10万人あたり)は50都市全体で8.2例、全米では11.1例であった。都市別MVC死亡率は4.4~17.8例であり、37都市(74%)のMVC死亡率は全米の死亡率よりも低かった。15~24歳群におけるMVC死亡率は50都市全体で13.0例(7.3~25.8例)であり、全米では17.3例であった。以上、主要都市におけるMVC死亡率は一般に全米の死亡率よりも低いが、15~24歳群の死亡率は主要都市、全米とも高いことが明らかになった。MVC死亡率は都市によって大きく異なり、都市の発達パターンとMVC死亡との関係を検討することが必要と考える。

References

  • CDC. Web-based Injury Statistics Query and Reporting System (WISQARS). Available at <http://www.cdc.gov/injury/wisqars/index>. html. Accessed July 13, 2012.
  • Kochanek KD, Xu JQ, Murphy SL, Miniño AM, Kung HC. Deaths: final data for 2009. Natl Vital Stat Rep 2011;60(3).
  • National Highway Traffic Safety Administration. Traffic safety facts, 2009 data: rural/urban comparison. Washington, DC: US Department of Transportation, National Highway Traffic Safety Administration; 2011. Publication no. DOT-HS-811-395. Available at <http://www-nrd. nhtsa.dot.gov/pubs/811395.pdf>. Accessed July 13, 2012.
  • Ewing R, Pendall R, Chen D. Measuring sprawl and its transportation impacts. Transportation Research Record 2003;1831:175-83.
  • Ewing R, Schieber RA, Zegeer CV. Urban sprawl as a risk factor in motor vehicle occupant and pedestrian fatalities. Am J Public Health 2003; 93:1541-5.
  • Trowbridge MJ, McDonald NC. Urban sprawl and miles driven daily by teenagers in the United States. Am J Prev Med 2008;34:202-6.
  • Williams AF, Shults RA. Graduated driver licensing research, 2007- present: a review and commentary. J Safety Res 2010;41:77-84.
  • Russell KF, Vandermeer B, Hartling L. Graduated driver licensing for reducing motor vehicle crashes among young drivers. Cochrane Database Syst Rev 2011;10:CD003300. Available at <http://www.ncbi.nlm.nih. gov/pubmed/21975738>. Accessed April 30, 2012.
  • CDC. Vital signs: alcohol-impaired driving among adults-United States, 2010. MMWR 2011;60:1351-6.
  • Task Force on Community Preventive Services. Motor vehicle-related injury prevention: reducing alcohol-impaired driving. Atlanta, GA: Task Force on Community Preventive Services; 2011. Available at <http://www. thecommunityguide.org/mvoi/aid/index.html>. Accessed July 13, 2012.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ