一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2012年(Vol.61)2例で検出された ニューデリー-メタロ-β-ラクタ・・・

MMWR抄訳

rss

2012/06/22Vol. 61 / No. 24

MMWR61(24):446-448
Carbapenem-Resistant EnterobacteriaceaeContaining New Delhi Metallo-Beta-Lactamase in Two Patients - Rhode Island, March 2012 

2例で検出された ニューデリー-メタロ-β-ラクタマーゼ産生カルバペネム耐性Enterobacteriaceae(腸内細菌)-ロードアイランド、2012年3月

2007年にインド、ニューデリーの入院患者で初めて報告されたNew Delhi メタロ-β-ラクタマーゼ(NDM)産生カルバペネム耐性Enterobacteriaceae(CRE)は、耐性機序が非常に伝播しやすく治療選択肢がほとんどないため公衆衛生上特に重要である。この報告は、NDM産生Klebsiella pneumoniaが検出されたロードアイランド州のある病院の入院患者2例について述べたものである。発端となった女性症例は、2011年12月20~30日に脊髄圧迫と診断されベトナムで入院加療後(弛緩膀胱へのカテーテル留置、薬物療法)、1月6日にロードアイランド州に戻りリンパ腫と診断され同日に入院した。1月13日に尿培養より基質特異性拡張型βラクタマーゼ産生大腸菌が同定されたため、接触感染予防策を実施するとともに様々な抗菌薬による治療を開始した。さらに2月15日、尿培養にてカルバペネマーゼ産生K.pneumoniae2株が同定され、3月4日の2回目の尿培養でもカルバペネマーゼ産生K.pneumoniaeの増殖が確認された。分離株はCDCでの検査によりNDM産生CREと確定された。この分離株は24種類の抗菌薬に耐性を示し、チゲシクリン、コリスチン、ポリミキシンBにのみ感受性を示した。この結果を受け、隔離予防策を実施した。本症例は無症状であり抗生物質による治療を行わなかったが、その後行った尿培養の結果は陰性であり、退院(3月26日)後の4月3日に採取した便検体もカルバペネマーゼ産生K.pneumoniae陰性であった。疫学的関連のある患者を同定するため点有病率調査を行った結果、発端者と同じ時期に血液/腫瘍病棟に入院していた7例中1例で3月30日に採取した直腸スワブ検体よりカルバペネマーゼ産生K.pneumoniaeが検出され、CDCにてNDM産生CREと確定された。パルスフィールドゲル電気泳動パターンは発端者由来K.pneumoniae分離株(2月15日、3月4日)と同様であった。感染制御対策の強化と環境清掃の実施後、新たなNDM産生CRE感染症の発症はみられていない。CREに関する積極的な感染制御対策は、急性期医療施設におけるNDMの拡大を抑制する可能性がある。

References

  • Yong D, Toleman MA, Giske CG, et al. Characterization of a new metallo-beta-lactamase gene, blaNDM-1, and a novel erythromycin esterase gene carried on a unique genetic structure in Klebsiella pneumoniae sequence type 14 from India. Antimicrob Agents Chemother 2009;53:5046-54.
  • Nordmann P, Poirel L, Walsh TR, Livermore DM. The emerging NDM carbapenemases. Trends Microbiol 2011;19:588-95.
  • Ben-David D, Maor Y, Keller N, et al. Potential role of active surveillance in the control of a hospital-wide outbreak of carbapenem-resistant Klebsiella pneumoniae infection. Infect Control Hosp Epidemiol 2010;31:620-6.
  • Schwaber MJ, Lev B, Israeli A, et al; Israel Carbapenem-Resistant Enterobacteriaceae Working Group. Containment of a country-wide outbreak of carbapenem-resistant Klebsiella pneumoniae in Israeli hospitals via a nationally implemented intervention. Clin Infect Dis 2011;52:848-55.
  • CDC. Laboratory protocol for detection of carbapenem-resistant or carbapenemase-producing, Klebsiella spp. and E. coli from rectal swabs. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2009. Available at <http://www.cdc.gov/hai/pdfs/labsettings/klebsiella_or_ecoli.pdf>. Accessed June 18, 2012.
  • CDC. Guidance for control of infections with carbapenem-resistant or carbapenemase-producing Enterobacteriaceae in acute care facilities. MMWR 2009;58:256-60.
  • Wilson ME, Chen LH. NDM-1 and the role of travel in its dissemination. Curr Infect Dis Rep 2012;14:213-26.
  • Kumarasamy KK, Toleman MA, Walsh TR, et al. Emergence of a new antibiotic resistance mechanism in India, Pakistan, and the UK: a molecular, biological, and epidemiological study. Lancet Infect Dis 2010; 10:597-602.
  • Struelens MJ, Monnet DL, Magiorakos AP, Santos O’Connor F, Giesecke J; European NDM-1 survey participants. New Delhi metallo-beta-lactamase 1-producing Enterobacteriaceae: emergence and response in Europe. Euro Surveill 2010;15:pii=19716.
  • Kim MN, Yong D, An D, et al. Nosocomial clustering of NDM-1-producing Klebsiella pneumoniae sequence type 340 strains in four patients at a South Korean tertiary care hospital. J Clin Microbiol 2012;50:1433-6.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ