一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2012年(Vol.61)50歳以上の成人に対する13価肺炎球菌結合型ワクチ・・・

MMWR抄訳

rss

2012/06/01Vol. 61 / No. 21

MMWR61(21):394-395
Licensure of 13-Valent Pneumococcal Conjugate Vaccine for Adults Aged 50 Years and Older

50歳以上の成人に対する13価肺炎球菌結合型ワクチンの認可

13価肺炎球菌結合型ワクチン(PCV13)は、2010年、FDAに認可され、Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP)は浸潤性肺炎球菌性疾患(IPD)予防のため生後6週~71ヵ月齢の小児を対象に接種を推奨しており、現在は生後2ヵ月齢からの4回接種が推奨されている。2011年12月30日、FDAはPCV13を50歳以上の成人を対象に認可した。認可の根拠となったランダム化多施設試験はアメリカおよびヨーロッパで行われ、50歳以上を対象にPCV13およびPPSV23(23価肺炎球菌多糖体ワクチン)単回接種による免疫原性が比較された。ワクチン接種1ヵ月後、共通する12の血清型に対するオプソニン作用活性(OPA)アッセイによる幾何平均抗体価(GMTs)は、60~64歳にてPCV13はPPSV23と同等またはそれ以上であり、PCV13にのみ含まれる血清型6AのOPA抗体応答はPCV13にて高かった。50~59歳におけるOPA GMTsは60~64歳におけるGMTsと同等であり、70歳以上では同等またはそれ以上であった。約6,000例を対象に検討した安全性に関しては、PCV13、PPSV23ともに投与部位の疼痛、腫脹、投与腕運動制限、疲労感、頭痛、寒気、食欲低下、全身筋肉痛および関節痛などが認められ、重篤な有害事象の発現率は1ヵ月時にて0.2~1.7%、1~6ヵ月にてPCV13:1.2~5.8%、PPSV23:2.4~5.5%であった。2011年2月および6月のACIP会議では、PCV13の臨床的有用性およびワクチンに含まれる血清型による肺炎球菌性疾患の発症予防に関するデータがないことから、接種勧告はまだ出されておらず、現在では65歳以上および19~64歳の免疫低下例に対し、PPSV23の1回接種が推奨されている。PCV13に関しては2013年末までに現在検討中のデータが揃うことから、その時点で再度、接種勧告の見直しが行われる。

References

  • Food and Drug Administration. FDA expands use of Prevnar 13 vaccine for people ages 50 and older. Silver Spring, MD: US Department of Health and Human Services, Food and Drug Administration; 2011. Available at <http://www.fda.gov/newsevents/newsroom/pressannouncements/ucm 285431.htm?source=govdelivery>. Accessed May 21, 2012.
  • CDC. Updated recommendations for prevention of invasive pneumococcal disease among adults using the 23-valent pneumococcal polysaccharide vaccine (PPSV23). MMWR 2010;59:1102-6.
  • Food and Drug Administration. Vaccines and Related Biological Products Advisory Committee (VRBPAC) adult indication briefing document: Prevnar 13. Silver Spring, MD: US Department of Health and Human Services, Food and Drug Administration; 2011. Available at <http://www. fda.gov/downloads/advisorycommittees/committeesmeetingmaterials/> bloodvaccinesandotherbiologics/vaccinesandrelatedbiologicalproducts advisorycommittee/ucm279680.pdf. Accessed May 21, 2012.
  • CDC. ACIP meetings: ACIP meeting agendas, minutes, registration, presentation slides, meeting dates. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2012. Available at <http://www.cdc.gov/ vaccines/recs/acip/meetings.htm>. Accessed May 21, 2012.
  • Hak E, Grobbee DE, Sanders EA, et al. Rationale and design of CAPITA: a RCT of 13-valent conjugated pneumococcal vaccine efficacy among older adults. Neth J Med 2008;66:378-83.
  • Pilishvili T, Lexau C, Farley MM, et al. Sustained reductions in invasive pneumococcal disease in the era of conjugate vaccine. J Infect Dis 2010; 201:32-41.
  • CDC. Behavioral Risk Factor Surveillance System. Available at <http:// www.cdc.gov/brfss/index.htm. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2012>. Accessed May 21, 2012.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ