一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2012年(Vol.61)レクリエーション用水泳施設におけるクリプトスポリジ・・・

MMWR抄訳

rss

2012/05/18Vol. 61 / No. 19

MMWR61(19):348-352
Promotion of Healthy Swimming After a Statewide Outbreak of Cryptosporidiosis Associated with Recreational Water Venues - Utah, 2008-2009

レクリエーション用水泳施設におけるクリプトスポリジウム症の全州に及ぶアウトブレイク後健康的水泳の促進-ユタ州、2008~2009年

2007年、ユタ州では州全体に及ぶクリプトスポリジウム症によるアウトブレイクが発生し、約5,700人が感染した。研究室確診例のうち1,506人を対象に調査した結果、1,209人(80%)がレクリエーション用水泳施設で利用していたことから、2008年の夏、ユタ州ではウェブサイト、テレビ、ラジオおよびポスター広告によるキャンペーンを展開し、下痢の時にはプールに入らない、プールの水は飲まない、トイレの後やおむつを取り替えたあとはよく手を洗うなどを訴えた。Utah Department of Healthは2008年7~8月、デービス、ソルトレイク、ユタおよびウェーバー州の住民を対象に、Behavioral Risk Factor Surveillance System (BRFSS)データより、キャンペーンの成果と住民の健康的水泳についての認識について調査を行った結果、2007年のアウトブレイクは91.3%が認識し、プールのポスター広告の認識度は男性:16.7%、女性:36.2%、家族に子供のいる成人では35.3%、子供のいない成人では16.1%と有意差が認められた。また、アウトブレイクに関する情報収集は子供のいる成人では24.6%、子供のいない成人では9.5%が行い、テレビ広告の認識度は子供のいない成人にて高かった(51.4% vs 34.1%)。”下痢の時にはプールに入らない”、”菌は塩素では死滅しない”との認識率はそれぞれ96.1%、70.4%であり、テレビ広告を見た人は”下痢の時にはプールに入らない”、”プールの水と飲料水の品質は異なる”との認識率が有意に高値であった(それぞれ98.6% vs 94.2%、90.0% vs 74.9%)。また、2009年のHealth Styles surveyでは、ユタ州では100%がクリプトスポリジウム症の予防のため下痢の時には泳いではいけないと認識し(他州:78.4%)、プールの水を飲まない(96.4% vs 85.7%)、塩素では菌は死滅しない(85.8% vs 65.9%)などの認識も高かったが、プールの水が処理されているかを確認する人は少なかった(49.3% vs 86.0%)。健康的水泳法のキャンペーンはクリプトスポリジウム症の発生防止になることが示唆された。

References

  • Hlavsa MC, Roberts VA, Anderson AR, et al. Surveillance for waterborne disease outbreaks and other health events associated with recreational water-United States, 2007-2008. MMWR 2011;60(No. SS-12):1-32.
  • CDC. Communitywide cryptosporidiosis outbreak-Utah, 2007. MMWR 2008;57:989-93.
  • Salt Lake Valley Health Department. Cryptosporidiosis outbreak report 2007. Salt Lake City, Utah: Salt Lake Valley Health Department; 2007. Available at <http://www.slvhealth.org/crypto/pdf/cryptoreport2007.pdf>. Accessed April 12, 2012.
  • CDC. Behavioral Risk Factor Surveillance System operational and user’s guide. Version 3.0. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2006. Available at <ftp://ftp.cdc.gov/pub/data/brfss/ userguide.pdf>. Accessed April 12, 2012.
  • Mitchell EW, Levis DM, Prue CE. Preconception health: awareness, planning, and communication among a sample of US men and women. Matern Child Health J 2012;16:31-9.
  • Shields JM, Hill VR, Arrowood MJ, Beach MJ. Inactivation of Cryptosporidium parvum under chlorinated recreational water conditions. J Water Health 2008;6:513-20.
  • Chappell CL, Okhuysen PC, Langer-Curry R, et al. Cryptosporidium hominis: experimental challenge of healthy adults. Am J Trop Med Hyg 2006;75:851-7.
  • Goodgame RW, Genta RM, White AC, Chappell CL. Intensity of infection in AIDS-associated cryptosporidiosis. J Infect Dis 1993;167:704-9.
  • Collier SA, Stockman LJ, Hicks LA, Garrison LE, Zhou FJ, Beach MJ. Direct healthcare costs of selected diseases primarily or partially transmitted by water. Epidemiol Infect 2012;11:1-11.
  • McClain J, Bernhardt JM, Beach MJ. Assessing parents’ perception of children’s risk for recreation. Emerg Infect Dis 2005;11:670-6.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ