一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2012年(Vol.61)溺水-アメリカ、2005~2009年

MMWR抄訳

rss

2012/05/18Vol. 61 / No. 19

MMWR61(19):344-347
Drowning - United States, 2005-2009

溺水-アメリカ、2005~2009年

溺水は世界的に不慮の傷害死の主因で、特に子供に多発する。アメリカではこの10年間、溺死率は低下しているが、2001年には約3,300人が死亡し、5,600人が救急外来(ED)を受診している。今回、致死的・非致死的な不慮の溺水の発生率および特徴について、2005~2009年のNational Vital Statistics SystemとNational Electronic Injury Surveillance System-All Injury Program (NEISS-AIP)データを分析した。その結果、2005~2009年、不慮の溺水(ボート乗りを含む)による死亡者は平均3,880人/年(死亡率:1.29/10万人)で、死亡率は2005年:1.34から2009年:1.25と有意に低下した。年齢別死亡率は4歳以下:2.55、5~14歳:0.62、15歳以上:1.29で、男女別では男性:2.07、女性:0.54であった。人種別では黒人(1.40)で最も高く、ラテン系(1.19)が最も低かった。約半数(51.1%)は海、川、湖などの自然水流での溺死であった。非致死的溺水によるED受診数は平均5,789人/年で、うち52.8%が4歳以下の小児、60.2%が男性で、50.2%が入院または他院に搬送されて治療を受けていた。また、15歳以上の受診者のうち、21.8%は飲酒による溺水であった。致死的、非致死的溺水の発生は週末(それぞれ37.1%、45.5%)、時期は6~8月(46.7%、57.5%)が多く、発生場所は4歳以下の小児ではそれぞれ50.1%、64.6%がプールで、年齢とともに自然水流での事故が増加していた。お風呂での事故はともに約10%であった。溺死を予防するにはサバイバル水泳法を身に付けるほか、プールフェンスやライフガードなど環境的な整備、飲酒の禁止、ライフジャケットの着用、心肺蘇生術の訓練などが必要であると考える。

References

  • Peden M, Oyegbite K, Ozanne-Smith J, et al, eds. World report on child injury prevention. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2008. Available at <http://www.who.int/violence_injury_prevention/child/ injury/world_report/report/en/index.html>. Accessed May 10, 2012.
  • CDC. Vital signs: unintentional injury deaths among persons aged 0-19 years-United States, 2000-2009. MMWR 2012;61:270-6.
  • CDC. Web-Based Injury Statistics Query and Reporting System (WISQARS). Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2012. Available at <http://www.cdc.gov/injury/wisqars/ index.html>.
  • CDC. Nonfatal and fatal drownings in recreational water settings- United States, 2001-2002. MMWR 2004;53:447-52.
  • Nasrullah M, Muazzam S. Drowning mortality in the United States, 1999-2006. J Community Health 2011:36;69-75.
  • Howland J, Hingson R, Mangione TW, Bell N, Bak S. Why are most drowning victims men? Sex differences in aquatic skills and behaviors. Am J Public Health 1996;86:93-6.
  • Irwin CC, Irwin R L, Ryan T D, Drayer J. Urban minority youth swimming (in)ability in the United States and associated demographic characteristics: toward a drowning prevention plan. Inj Prev 2011;15:234-9.
  • Gilchrist J, Sacks JJ, Branche CM. Self-reported swimming ability in US adults, 1994. Public Health Rep 2000;115:110-1.
  • Weiss J. Technical report: prevention of drowning. Pediatrics 2010; 126:e253-62.
  • Rahman A, Rahman F, Hossain J, Talab A, Scarr J, Linnan M. Survival swimming-effectiveness of SwimSafe in preventing drowning in mid and late childhood. Presented at the World Conference on Drowning Prevention, Danang, Vietnam, May 11, 2011.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ