一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2012年(Vol.61)刑務所および拘置所におけるA(H1N1)pdm09・・・

MMWR抄訳

rss

2012/01/06Vol. 60 / No. 51&52

MMWR60(51&52):1737-1740
Receipt of A(H1N1)pdm09 Vaccine by Prisons and Jails - United States, 2009-10 Influenza Season

刑務所および拘置所におけるA(H1N1)pdm09ワクチンの接種-アメリカ、2009-10インフルエンザシーズン

矯正施設の収容者は、入所者の回転の早さ(病原体の侵入に貢献)や閉鎖空間であること(病原体の伝播に貢献)などから感染性疾患のリスクが高い。米国では年間約1000万人が強制施設で1年以上過ごす。インフルエンザA(H1N1)pdm09パンデミックに対する全国予防接種対策に含まれた矯正施設の割合を検討するため、Emory University Preparedness and Emergency Response Research CenterのスタッフはNational Commission on Correctional Health Care(NCCHC)の協力のもとに2009-10パンデミック期間中の刑務所および拘置所におけるA(H1N1)pdm09ワクチンの接種状況を調査した。米国の拘置所2,949施設(最大規模50施設、地域/小規2,899施設)中700施設、州刑務所1,719施設中277施設、連邦刑務所102施設中31施設を無作為に選択し、さらにNCCHCより情報提供された拘置所114施設、州刑務所64施設を加えた計1,186施設を調査対象とし、2010年7月~11月にファックスとEメールによる37項目の質問調査を行った。回答率は全体で38%(447/1,186施設)であった(拘置所35%、州刑務所39%、連邦刑務所94%)。パンデミック期間中のA(H1N1)pdm09ワクチンの非接種率は連邦刑務所が14%、州刑務所が11%と低かったが、拘置所は55%と高かった。多くの施設はワクチンがハイリスク者に分配された2009年10月~2010年1月にワクチンを接種していた。ワクチン接種日の回答がなかった施設を除外した場合、2010年4月までのワクチン接種率は連邦刑務所71%、州刑務所55%、拘置所28%であった。パンデミック準備計画に矯正施設、特により小規模な矯正施設をより多く含めることにより、矯正施設とコミュニティは今後のインフルエンザパンデミックイベントからより良好に保護される可能性がある。

References

  • West HC. Bureau of Justice Statistics: prison inmates at midyear 2009-statistical tables. Washington, DC: US Department of Justice; 2010. Available at <http://bjs.ojp.usdoj.gov/content/pub/pdf/pim09st.pdf>. Accessed December 23, 2011.
  • Minton TD. Bureau of Justice Statistics: jail inmates at midyear 2009-statistical tables. Washington, DC: US Department of Justice; 2010. Available at <http://bjs.ojp.usdoj.gov/content/pub/pdf/jim09st.pdf>. Accessed December 23, 2011.
  • Spaulding AC, Seals RM, Page MJ, Brzozowski AK, Rhodes W, Hammett TM. HIV/AIDS among inmates of and releasees from US correctional facilities, 2006: declining share of epidemic but persistent public health opportunity. PLoS One 2009;4:e7558.
  • Spaulding AC, McCallum VA, Walker D, et al. How public health and prisons can partner for pandemic influenza preparedness: a report from Georgia. J Correct Health Care 2009;15:118-28.
  • Oosterwijk J, ed. 2009-2010 national jail and adult detention directory. 11th ed. Baltimore, MD: American Correctional Association; 2009.
  • National Commission on Correctional Health Care. The health status of soon-to-be-released inmates: a report to Congress. Chicago, IL: National Commission on Correctional Health Care; 2002. Available at <http://www.ncchc.org/pubs/pubs_stbr.vol1.html>. Accessed December 23, 2011.
  • Maruschak LM. Bureau of Justice Statistics special report: medical problems of jail inmates. Washington, DC: US Department of Justice; 2006. Available at <http://bjs.ojp.usdoj.gov/content/pub/pdf/mpji.pdf>. Accessed December 23, 2011.
  • Bick JA. Infection control in jails and prisons. Clin Infect Dis 2007;45:1047-55.
  • Goldenson J, Hennessey M. Correctional health care must be recognized as an integral part of the public health sector. Sex Transm Dis 2009;36(2 suppl):S3-4.
  • Hammett TM, Kennedy S, Kuck S. National survey of infectious diseases in correctional facilities: HIV and sexually transmitted diseases. Available at <http://www.ncjrs.gov/pdffiles1/nij/grants/217736.pdf>. Accessed December 23, 2011.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ