一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2011年(Vol.60)州保健局における食品安全性に関する疫学的能力-アメ・・・

MMWR抄訳

rss

2011/12/23Vol. 60 / No. 50

MMWR60(50):1701-1704
Food Safety Epidemiology Capacity in State Health Departments - United States, 2010

州保健局における食品安全性に関する疫学的能力-アメリカ、2010年

2002年、Council of State and Territorial Epidemiologists(CSTE)は初めて食品の安全性に関する州保健局の疫学的能力の調査を行い、今回、50州全てを対象とした追跡調査がwebベースにて行われた。2010年における食品媒介疾患疫学者は787 FTEs(フルタイム当量)勤務しており、うち616.5(78%)は疫学関連学位を取得または疫学関連の授業を終了し、170.5(22%)は実務訓練のみまたは正式な疫学的訓練を受けていなかった。プログラムを完遂するためにはさらに304.0 FTEsが必要であると回答していた。起因菌別のアウトブレイク調査率が75%以上の州は大腸菌(86%)、リステリア菌(81%)、サルモネラ(78%)、カンピロバクター(73%)、その他(68%)、ノロウイルス(55%)であり、25%未満の州はカンピロバクター(16%)、リステリア(13%)、大腸菌(10%)、ノロウイルス(7%)、サルモネラ(4%)であった。食品媒介疾患の調査の障害となる因子として、アウトブレイクの報告の遅れ(41州)、スタッフの不足(29州)、調査の優先順位が低い(27州)、時間外手当の支払いができない(20州)、十分な疫学的専門知識がない(12州)、州の他の機関との連携が難しい(8州)、行政的サポートの制限(8州)、他の州や国の機関との連携が難しい(5州)などが挙げられた。食品媒介疾患のアウトブレイクに対する迅速な対応には食品の安全に従事する十分なスタッフを確保し、その訓練を強化するとともに、情報技術の格差を是正し、州と地方および国の機関の連携を改善することが重要である。

References

  • Council of State and Territorial Epidemiologists. National assessment of epidemiologic capacity in food safety programs: findings and recommendations, September 2002. Atlanta, GA: Council of State and Territorial Epidemiologists; 2002. Available at <http://www.cste.org/pdffiles/fsreportfinal.pdf>. Accessed April 28, 2011.
  • Council of State and Territorial Epidemiologists. 2009 national assessment of epidemiology capacity: findings and recommendations, 2009. Atlanta, GA: Council of State and Territorial Epidemiologists; 2009. Available at <http://www.cste.org/2009eca.pdf>. Accessed April 27, 2011.
  • Council of State and Territorial Epidemiologists. 2006 national assessment of epidemiologic capacity: findings and recommendations. Atlanta, GA: Council of State and Territorial Epidemiologists; 2006. Available at <http://www.cste.org/pdffiles/2007/2006csteecafinalfulldocument.pdf>. Accessed April 27, 2011.
  • Council of State and Territorial Epidemiologists. 2004 national assessment of epidemiologic capacity: findings and recommendations. Atlanta, GA: Council of State and Territorial Epidemiologists; 2004. Available at <http://www.cste.org/dnn/LinkClick.aspx?fileticket=AY1F5brMfy0%3d&tabid=175&mid=716>. Accessed April 27, 2011.
  • Council to Improve Foodborne Outbreak Response (CIFOR). Guidelines for foodborne disease outbreak response. Atlanta, GA: Council of State and Territorial Epidemiologists; 2009. Available at <http://www.cste.org/dnn/programsandactivities/infectiousdiseases/cifortoolkitandguidelines/tabid/207/default.aspx>.Accessed December 16, 2011.
  • Council of State and Territorial Epidemiologists. CDC/CSTE Competencies for applied epidemiologists in governmental public health agencies, 2008. Atlanta, GA: Council of State and Territorial Epidemiologists; 2008. Available at <http://www.cste.org/dnn/programsandactivities/workforcedevelopment/competencies/tabid/174/default.aspx>. Accessed October 13, 2011.
  • Boulton ML, Lemmings J, Beck AJ. Assessment of epidemiology capacity in state health departments, 2001-2006. J Public Health Manag Pract 2009;15:328-36.
  • Boulton ML, Hadler J, Beck AJ, Ferland L, Lichtveld M. Assessment of epidemiology capacity in state health departments, 2004-2009, Public Health Rep 2011;126:84-93.
  • Council of State and Territorial Epidemiologists. 2010 food safety epidemiology capacity assessment. Atlanta, GA: Council of State and Territorial Epidemiologists; 2010. Available at <http://www.cste.org/webpdfs/fseca.pdf>. Accessed April 27, 2011.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ