一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2011年(Vol.60)バイタルサイン:18歳以上の成人における現在の喫煙・・・

MMWR抄訳

rss

2011/09/09Vol. 60 / No. 35

MMWR60(35):1207-1212
Vital Signs: Current Cigarette Smoking Among Adults Aged -18 Years - United States, 2005-2010

バイタルサイン:18歳以上の成人における現在の喫煙-アメリカ、2005~2010年

アメリカにおいて、喫煙は依然として予防可能な罹病と死亡の主因である。アメリカの成人における現在の喫煙率を推定するため、National Health Interview Survey(NHIS)の2005~2010年のデータとBehavioral Risk Factor Surveillance System(BRFSS)による2010年の調査データを分析した。現在喫煙者は、生涯に100本以上たばこを吸っており、現在も毎日あるいは数日喫煙する成人(18歳以上)と定義した。2010年のアメリカの成人における現在喫煙率は19.3%(4,530万人)と推定され、このうち78.2%(3,540万人)は毎日喫煙していた。喫煙率は男性(21.5%)が女性(17.3%)より高く、年齢別の喫煙率は25~44歳(22.0%)と45~64歳(21.1%)が最高であった。人種/民族別では非ラテンアメリカ系インディアン/アラスカ先住民(31.4%)が最高で、次が非ラテンアメリカ系白人(21.0%)、非ラテンアメリカ系黒人(20.6%)であった。喫煙率は一般に教育歴が高いほど低下し、貧困レベル未満群(28.9%)は貧困レベル以上群(18.3%)よりも高かった。地域別の喫煙率は、中西部(21.8%)と南部(21.0%)が高く、西部(15.9%)が最低であった。州別ではユタ州(9.1%)とカリフォルニア州(12.1%)が最低、ウエストバージニア州(26.8%)とケンタッキー州(24.8%)が最高であった。2005年から2010年にかけて喫煙率は20.9%から19.3%に有意に低下した。しかし喫煙率の有意な低下がみられているサブ集団は18~24歳群、25~44歳群、ラテンアメリカ系、非ラテンアメリカ系アジア人、貧困レベル以上群、北東部/中西部の住民のみであった。毎日喫煙者では、1日の喫煙本数1~9本の喫煙者の割合が2005年の16.4%から2010年には21.8%に有意に増加したが、1日の喫煙本数30本以上の喫煙者の割合は12.7%から8.3%に有意に低下した。成人の喫煙率低下を加速させるためには、対策を強化する必要がある。集団を対象とした喫煙防止戦略(増税、メディアキャンペーン、禁煙政策など)と臨床的な禁煙介入は、アメリカにおける喫煙率の低下とたばこ関連疾患による健康負担および経済的な影響の軽減に有用である。

References

  • US Department of Health and Human Services. How tobacco smoke causes disease: the biology and behavioral basis for smoking-attributable disease: a report of the Surgeon General. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2010. Available at <http://www.cdc.gov/tobacco/data_statistics/sgr/2010/index.htm>. Accessed August 4, 2011.
  • CDC. Smoking-attributable mortality, years of potential life lost, and productivity losses-United States, 2000-2004. MMWR 2008; 57:1226-8.
  • CDC. Vital Signs: current cigarette smoking among adults aged >=18 years-United States, 2009. MMWR 2010;59:1135-40.
  • CDC. Cigarette smoking among adults and trends in smoking cessation-United States, 2008. MMWR 2009;58:1227-32.
  • Mendez D, Warner KE. Setting a challenging yet realistic smoking prevalence target for Healthy People 2020: learning from the California experience. Am J Public Health 2008;98:556-9.
  • CDC. Best practices for comprehensive tobacco control programs-2007. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2007. Available at <http://www.cdc.gov/tobacco/stateandcommunity/best_practices/index.htm>. Accessed August 4, 2011.
  • Caraballo RS, Yee SL, Gfroerer J, Mirza SA. Adult tobacco use among racial and ethnic groups living in the United States, 2002-2005. Prev Chronic Dis 2008;5:1-9.
  • CDC. Federal and state cigarette excise taxes-United States, 1995-2009. MMWR 2009;58:524-7.
  • Pierce JP, White MM, Messer K. Changing age-specific patterns of cigarette consumption in the United States, 1992-2002: association with smoke-free homes and state-level tobacco control activity. Nicotine Tob Res 2009;11:171-7.
  • CDC. State smoke-free laws for worksites, restaurants, and bars-United States, 2000-2010. MMWR 2011;60:472-5.
  • World Health Organization. WHO report on the global tobacco epidemic, 2011: warning about the dangers of tobacco. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2011. Available at <http://whqlibdoc.who.int/publications/2011/9789240687813_eng.pdf>. Accessed August 4, 2011.
  • Schane RE, Ling PM, Glantz SA. Health effects of light and intermittent smoking: a review. Circulation 2010;121:1518-22.
  • Gorber SC, Schofield-Hurwitz S, Hardt J, Levasseur G, Tremblay M. The accuracy of self-reported smoking: a systematic review of the relationship between self-reported and cotinine-assessed smoking status. Nicotine Tob Res 2009;11:12-24.
  • Blumberg SJ, Luke JV. Wireless substitution: early release of estimates from the National Health Interview Survey, January-June 2010. Hyattsville, MD: US Department of Health and Human Services, CDC, National Center for Health Statistics; 2010. Available at <http://www.cdc.gov/nchs/data/nhis/earlyrelease/wireless201012.htm>. Accessed August 4, 2011.
  • Nelson DE, Holtzman D, Bolen J, Stanwyck CA, Mack KA. Reliability and validity of measures from the Behavioral Risk Factor Surveillance System (BRFSS). Social Prev Med 2001;46:S3-42.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ