一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2011年(Vol.60)RSウイルス(Respiratory Syncyt・・・

MMWR抄訳

rss

2011/09/09Vol. 60 / No. 35

MMWR60(35):1203-1206
Respiratory Syncytial Virus - United States, July 2007-June 2011

RSウイルス(Respiratory Syncytial Virus)-アメリカ、2007年7月~2011年6月

RSウイルス(RSV)は乳児における肺炎と細気管支炎の主因であり、アメリカでは毎年1歳未満の小児の約75,000~125,000人がRSV関連で入院し、5歳未満の小児の約150万人がRSV感染症により外来受診している。アメリカにおいてRSVシーズンは秋に始まり、冬にピークとなり、冬の終わりから春の初めにかけて終息する。しかしRSVシーズンの正確な開始時期と期間は、地域や年によって異なる。National Respiratory and Enteric Virus Surveillance System(NREVSS)は、週ごとのRSV抗原検査陽性率を算出することによってRSVの傾向を追跡している。この報告は、NREVSSのデータを利用して2010年7月~2011年6月のRSVシーズンと2007年7月以降の4シーズンの開始/ピーク/終息時期を分析した結果を述べたものである。2010年7月~2011年6月には509の研究所がRSV抗原検査の実施数と結果を少なくとも1週間NREVSSに報告した。このうち、シーズン中に30週以上検査実施数を報告し、1週間に平均10件以上の検査を行った42州179(35.2%)の研究所のデータを分析した。全体で320,751件の検査を行い、50,860件(15.9%)がRSV陽性であった。U.S. Department of Health and Human services(HHS)の全10地域において(フロリダ州を除く)、2010-11年のRSVシーズンは11月中旬~1月初旬に始まり、3月中旬~4月下旬に終息した。全国平均では、2010年11月20日の週に始まり、2011年2月5日の週にピークとなり、4月9日の週に終息した。フロリダ州はRSVシーズンが早く始まり、長期間持続した。HHS10地域(フロリダ州を除く)において、2007~2011年までの4シーズンは10月中旬~1月初旬に始まり、2月初旬~5月初旬に終息した。全国および地域におけるRSVの季節的パターンに関する情報は、医師や公衆衛生関係者が呼吸器疾患のアウトブレイク中の診断用検査の実施や重篤な合併症リスクの高い小児に対するRSVの免疫学的予防の時期を決定する上で有用である。

References

  • Shay DK, Holman RC, Newman RD, et al. Bronchiolitis-associated hospitalizations among U.S. children, 1980-1996. JAMA 1999; 282:1440-6.
  • Hall CB, Weinberg GA, Iwane MK, et al. The burden of respiratory syncytial virus infection in young children. N Engl J Med 2009; 360:588-98.
  • Mullins JA, LaMonte AC, Bresee JS, et al. Substantial variability in community RSV season timing. Pediatr Infect Dis J 2003;22:857-62.
  • CDC. Respiratory syncytial virus activity-United States, July 2008-December 2009. MMWR 2010;59:230-3.
  • American Academy of Pediatrics. Respiratory syncytial virus. In: Pickering LK, Baker CJ, Kimberlin DW, Long SS, eds. Red book: 2009 report of the Committee on Infectious Diseases. 28th ed. Elk Grove Village, IL: American Academy of Pediatrics; 2009:560-9.
  • Zachariah P, Shah S, Gao D, Simoes EA. Predictors of the duration of the respiratory syncytial virus season. Pediatr Infect Dis J 2009; 28:772-6.
  • Panozzo CA, Fowlkes AL, Anderson LJ. Variation in timing of respiratory syncytial virus outbreaks: lessons from national surveillance. Pediatr Infect Dis J 2007;26(11 Suppl):S41-5.
  • Panozzo CA, Stockman LJ, Curns AT, Anderson LJ. Use of respiratory syncytial virus surveillance data to optimize the timing of immunoprophylaxis. Pediatrics 2010;126:e116-23.
  • Light M, Bauman J, Mavunda K, et al. Correlation between respiratory syncytial virus (RSV) test data and hospitalization of children for lower respiratory tract illness in Florida. Pediatr Infect Dis J 2008; 27:512-8.
  • American Academy of Pediatrics Committee on Infectious Diseases. Modified recommendations for use of palivizumab for prevention of respiratory syncytial virus infections. Pediatrics 2009;124:1694-701.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ