一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2011年(Vol.60)19~35ヶ月齢の小児における全国および州別ワクチ・・・

MMWR抄訳

rss

2011/09/02Vol. 60 / No. 34

MMWR60(34):1157-1163
National and State Vaccination Coverage Among Children Aged 19-35 Months - United States, 2010

19~35ヶ月齢の小児における全国および州別ワクチン接種率-アメリカ、2010年

National Immunization Survey(NIS)はRDD(Random-digit-dialed)方式により小児予防接種プログラムのモニタリングを行っており、今回、2007年1月~2009年7月に出生した19~35ヶ月齢の小児を対象とした2010年のワクチン接種率のデータがまとめられた。その結果、MMR(麻疹、おたふく風邪、風疹)の1回以上接種率は2008年:92.1%から2009年:90.0%に低下したが、2010年には91.5%に増加、Hibワクチンの追加接種を含む完全接種率は2009年:54.8%から2010年:66.8%に増加した。また、最も新しく接種が推奨されたロタウイルスワクチンの接種率は43.9%から59.2%に増加していた。A型肝炎(HepA)ワクチンの2回以上接種率は46.6%から49.7%、B型肝炎(HepB)ワクチンの生後3日以内の初回接種は60.8%から64.1%に増加、PCV(肺炎球菌結合型ワクチン)の4回以上接種率は80.4%から83.3%に増加し、7種ワクチンシリーズ(4:3:1:3:3:1:4、DTP/DT/DTaP:4回以上、ポリオ:3回以上、麻疹混合ワクチン:1回以上、Hib:3回以上、HepB:3回以上、水痘:1回以上、PCV:4回以上)の接種率は63.6%から70.2%、Hibを除いた場合は70.5%から72.7%に増加していた。目標とする接種率(90%以上)を満たすワクチンはポリオ(93.3%)、MMR(91.5%)、HepB(3回以上:91.8%)、水痘(90.4%)であった。人種別の接種率は白人にて最も高く、また、州による接種率にも相違が認められ、ロタウイルスワクチン接種率はメイン州(42.1%)~デラウェア州(82.1%)、HepAワクチン2回以上接種率はメイン州(27.2%)~ジョージア州(64.4%)、生後3日以内のHepB初回接種率はバーモント州(21.4%)~ケンタッキー州(83.3%)などに大きな差を認め、Hibを除く7種シリーズの接種率はネバダ州(61.3%)~ウイスコンシン州(82.7%)であった。今後、接種率の低い集団の特徴や州による対策の相違などを分析し、接種率の向上を推進する必要性が示唆された。

References

  • CDC. Ten great public health achievements-United States, 2001-2010. MMWR 2011;60:619-23.
  • CDC. Interim recommendations for the use of Haemophilus influenzae type b (Hib) conjugate vaccines related to the recall of certain lots of Hib-containing vaccines. MMWR 2007;56:1318-20.
  • CDC. Updated recommendations for use of Haemophilus influenzae type b (Hib) vaccine: reinstatement of the booster dose at ages 12-15 months. MMWR 2009;58:673-4.
  • CDC. Measles-United States, January-May 20, 2011. MMWR 2011; 60:666-8.
  • CDC. National, state, and local area vaccination coverage among children aged 19-35 months-United States, 2009. MMWR 2010; 59:1171-7.
  • Groom H, Kennedy A, Evans V, Fasano N. Qualitative analysis of immunization programs with most improved childhood vaccination coverage from 2001 to 2004. J Public Health Manag Pract 2010; 16:E1-8.
  • Lee GM, Santoli JM, Hannan C, et al. Gaps in vaccine financing for underinsured children in the United States. JAMA 2007;298:638-43.
  • Barron M, Wooten K, Taylor B. Comparing vaccination estimates from four survey designs: vaccination estimates from RDD, RDD+cell, ABS, and area probability sampling. Presented at the 2010 Joint Statistical Meetings; July 31-August 5, 2010; Vancouver, British Columbia, Canada.
  • Chatterjee A, O’Keefe C. Current controversies in the USA regarding vaccine safety. Expert Rev Vaccines 2010;9:497-502.
  • Association of State and Territorial Health Officials. Budget cuts continue to affect the health of Americans: update May 2011. Available at <http://www.astho.org/display/assetdisplay.aspx?id=6024>. Accessed August 24, 2011.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ