一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2011年(Vol.60)医療従事者におけるインフルエンザワクチン接種率-ア・・・

MMWR抄訳

rss

2011/08/19Vol. 60 / No. 32

MMWR60(32):1073-1077
Influenza Vaccination Coverage Among Health-Care Personnel - United States, 2010-11 Influenza Season

医療従事者におけるインフルエンザワクチン接種率-アメリカ、2010-11インフルエンザ期

The Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP)およびHealthcare Infection Control Practices Advisory Committeeは国内すべての医療従事者(HCP)に対し、インフルエンザワクチンの接種を毎年行うよう推奨している。ここでは2010-11インフルエンザ期のHCPにおけるワクチン接種率に関するCDCのインターネット調査の結果を報告する。調査対象は1,931名、うち63.5%がワクチンの接種を受けており、病院勤務者で最も高く(71.1%)、長期療養施設:64.4%、開業薬局:64.1%、救急/外来:61.5%、歯科医院:54.6%、在宅看護:53.6%の順であった。職種別では医師/歯科医師(84.2%)、実地看護師/医師助手(82.6%)にて高く、看護師:69.8%、専門医療従事者:64.4%、技術者:64.0%と有意差を認め、年齢別では18~29歳:56.4%、30~44歳:57.8%、45~59歳:69.0%、60歳以上:74.2%と年齢に伴い高値を示した。ワクチンの利点に関しては、接種者と非接種者において大きな認識の相違が認められ、接種者では94.7%がワクチン接種は時間とお金をかける価値があると回答したのに対し、非接種者は45.8%であった。また、接種者では89.1%が接種により自分の周囲の人を守り、94.1%は自分がインフルエンザに罹らないとし、70.1%がインフルエンザは自分の健康に重大な脅威になると認識していた(非接種者ではそれぞれ44.6、54.2、34.2%)。さらに接種者の94.8%がワクチン接種は安全であると回答し、非接種者は66.2%であった。雇用者から接種を受けるよう要求されていたHCPは約13%であり、うち98.1%が接種を受け、要求されていなかったHCPの接種率は58.3%であった。Healthy People 2020ではHCPにおけるインフルエンザワクチン接種率の目標値は90%とされており、患者への感染を防ぐためにも今後、この目標値の達成が重要である。

References

  • CDC. Influenza vaccination of health-care personnel: recommendations of the Healthcare Infection Control Practices Advisory Committee (HICPAC) and the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP). MMWR 2006;55(No. RR-2).
  • Caban-Martinez AJ, Lee DJ, Davila EP, et al. Sustained low influenza vaccination rates in US healthcare workers. Prev Med 2010;50:210-2.
  • Walker FJ, Singleton JA, Lu P, Wooten KG, Strikas RA. Influenza vaccination of healthcare workers in the United States, 1989-2002. Infect Control Hosp Epidemiol 2006;27:257-65.
  • CDC. Interim results: influenza A (H1N1) 2009 monovalent and seasonal influenza vaccination coverage among health-care personnel-United States, August 2009-January 2010. MMWR 2010;59:357-62.
  • US Department of Health and Human Services. Healthy people 2020. Increase the percentage of health-care personnel who are vaccinated annually against seasonal influenza. Objective IID-12.9. Washington, DC: US Department of Health and Human Services; 2011. Available at  <http://healthypeople.gov/2020/topicsobjectives2020/objectiveslist.aspx?topicid=23>. Accessed August 15, 2011.
  • Rakita RM, Hagar BA, Crome P, Lammert JK. Mandatory influenza vaccination of healthcare workers: a 5-year study. Infect Control Hosp Epidemiol 2010;31:881-8.
  • Babcock HM, Gemeinhart N, Jones M, Dunagan WC, Woeltje KF. Mandatory influenza vaccination of health care workers: translating policy into practice. Clin Infect Dis 2010;50:459-64.
  • Centers for Medicare & Medicaid Services. Medicare program. Hospital inpatient prospective payment systems for acute care hospitals and the long-term care hospital prospective payment system and fiscal year 2012 rates. Revisions to the reductions and increases to hospitals’ FTE resident caps for graduate medical education payment purposes. Washington, DC: US Department of Health and Human Services, Centers for Medicare & Medicaid Services; 2011. Available at <https://www.cms.gov/acuteinpatientpps/fr2012/itemdetail.asp?filtertype=none&filterbydid=-99&sortbydid=1&sortorder=ascending&itemid=cms1250103&intnumperpage=10>. Accessed August 15, 2011.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ