一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2011年(Vol.60)AIDSの有病率が高い都市部の異性愛者におけるHI・・・

MMWR抄訳

rss

2011/08/12Vol. 60 / No. 31

MMWR60(31):1045-1049
Characteristics Associated with HIV Infection Among Heterosexuals in Urban Areas with High AIDS Prevalence - 24 Cities, United States, 2006-2007

AIDSの有病率が高い都市部の異性愛者におけるHIV感染症に関連した特徴-アメリカ、24都市、2006~2007年

アメリカの新たなHIV感染症患者の約3例に1例は、異性間性行為による感染者である。HIV感染症のリスクの高い集団(男性同性愛者、注射薬使用者、HIV感染症リスクの高い異性愛者)におけるHIV感染リスク行動とHIV感染率を監視するため、CDCはNational HIV Behavioral Surveillance System(NHBS)を利用し一部の大都市統計地域(MSA)の住民を対象とした調査を実施している。この報告は、2006年9月~2007年10月に実施されたNHBS調査に参加したAIDSの有病率の高い24のMSAにおける異性愛者のデータをまとめたものである。評価対象とした18~50歳の異性愛者14,837名(男性6,347名、女性8,490名)のうち294名(2.0%[男性1.9%、女性2.1%])がHIV陽性であった。HIV感染率は、社会経済状態の低い群が高い群に比べて有意に高かった。すなわち、HIV感染率は高校卒業未満群が高校卒業以上群よりも高く(それぞれ2.8%、1.2%)、失業者が被雇用者よりも高く(2.6%、1.0%)、世帯収入では年間収入9,999ドル以下群が10,000ドル以上群よりも高かった(2.3%、1.0%)。また異性愛者で一般的なHIV感染の危険因子の保有者は、非保有者に比べてHIV感染率が高かった(クラックコカイン使用者4.5%/非使用者1.7%、金銭や薬物などを目的とした性交の経験者3.4%/非経験者1.8%、性行為感染症あり4.0%/なし1.7%)。HIV感染率と社会経済状態との関連は、これら危険因子の調整後も有意であった。AIDSの有病率が高い都市部の異性愛者に対するHIV予防活動は、社会経済状態の低い集団を中心に考えるべきである。また低所得コミュニティにおける社会経済状態を改善するための構造化介入は、これら地域におけるHIV感染症の新規発症率を低下させる可能性がある。

References

  • CDC. Subpopulation estimates from the HIV incidence surveillance system-United States, 2006. MMWR 2008;57:985-9.
  • DiNenno EA, Oster AM, Sionean C, et al. Piloting a system for behavioral surveillance among heterosexuals at increased risk of HIV in the United States. Open AIDS J. In press.
  • Mancl LA, DeRouen TA. A covariance estimator for GEE with improved small-sample properties. Biometrics 2001;57:126-34.
  • Adimora AA, Schoenbach VJ. Social context, sexual networks, and racial disparities in rates of sexually transmitted infections. J Infect Dis 2005; 191(Suppl 1):S115-22.
  • Silver E, Mulvey EP, Swanson JW. Neighborhood structural characteristics and mental disorder: Faris and Dunham revisited. Soc Sci Med 2002; 55:1457-70.
  • Poundstone KE, Strathdee SA, Celentano DD. The social epidemiology of human immunodeficiency virus/acquired immunodeficiency syndrome. Epidemiol Rev 2004;26:22-35.
  • CDC. HIV prevalence estimates-United States, 2006. MMWR 2008; 57:1073-6.
  • US Census Bureau. Areas with concentrated poverty: 1999. Census 2000 special reports. Washington, DC: US Census Bureau; 2005. Available at <http://www.census.gov/prod/2005pubs/censr-16.pdf>. Accessed August 5, 2011.
  • Sumartojo E. Structural factors in HIV prevention: concepts, examples, and implications for research. AIDS 2000;14(Suppl 1):S3-10.
  • Blankenship KM, Bray SJ, Merson MH. Structural interventions in public health. AIDS 2000;14(Suppl 1):S11-21.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ