一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2011年(Vol.60)HIV-2感染症サーベイランス-アメリカ、1987・・・

MMWR抄訳

rss

2011/07/29Vol. 60 / No. 29

MMWR60(29):985-988
HIV-2 Infection Surveillance - United States, 1987-2009

HIV-2感染症サーベイランス-アメリカ、1987~2009年

ヒト免疫不全ウイルス(HIV)にはHIV-1とHIV-2の2種類がある。世界中のほとんどのHIV感染症はHIV-1感染症であり、HIV-2感染症は主に西アフリカの住民あるいは西アフリカからの渡航者に限られている。HIV-1とHIV-2の伝播経路は同じであるが、HIV-2はHIV-1よりもAIDS発症の可能性が低く治療法も異なるため両ウイルスを区別する必要がある。CDCの現在のHIV感染症サーベイランスのための症例定義はHIV-1とHIV-2を区別する基準がないことから、作業部会を設立して実用的なHIV-2の診断基準を決定し、この基準を用いてアメリカで報告されたHIV-2患者を調査した。HIV-2感染症の診断基準は、HIV-1/HIV-2タイプの区別が可能な抗体免疫測定法にてHIV-2陽性かつHIV-1陰性、核酸検査(DNA、RNA)にてHIV-2陽性、HIV-2イムノブロット法陽性かつHIV-1イムノブロット法陰性/不確定という3種類の基準のうち1種類以上を満たすこととした。1988年~2010年6月、50州およびワシントンDCの保健局から全体でHIV-2感染症242例がCDCに報告され、このうち166例がHIV-2感染症の診断基準に一致した。これらのHIV-2感染症患者は北東部(66%、ニューヨーク市の46%を含む)に集中しており、132例(81%)は出生地が西アフリカであった。患者の89%は非ラテンアメリカ系黒人で、58%は男性、HIV感染症診断時の年齢は21~76歳(中央値39歳)であった。HIV-2感染症患者のうち97例(58%)はHIV-1イムノブロット抗体検査でも陽性であり、HIV-2特異的な他の検査(核酸検査など)を行わずHIV-1感染症の通常の検査のみ行った場合にはHIV-2感染症患者をHIV-1感染症と間違って分類する可能性があることが示唆された。HIV-1検査結果が臨床所見と一致しない場合(特に西アフリカからの渡航者)には、HIV-2特異的検査の追加を考慮するべきである。また保健局に報告したHIV患者がその後HIV-2感染症と診断された場合、医療提供者はHIVのタイプを修正報告する必要がある。

References

  • O’Brien TR, George JR, Holmberg SD. Human immunodeficiency virus type 2 infection in the United States. JAMA 1992;267:2775-9.
  • CDC. Testing for antibodies to human immunodeficiency virus type 2 in the United States. MMWR 1992;41(No. RR-12).
  • De Cock KM, Brun-Vézinet F, Soro B. HIV-1 and HIV-2 infections and AIDS in West Africa. AIDS 1991;5(Suppl 1):S21-8.
  • Ntemgwa ML, d’Aquin Toni T, Brenner BG, Camacho RJ, Wainberg MA. Antiretroviral drug resistance in human immunodeficiency virus type 2. Antimicrob Agents Chemother 2009;53:3611-9.
  • Panel on Antiretroviral Guidelines for Adults and Adolescents. Guidelines for the use of antiretroviral agents in HIV-1-infected adults and adolescents. Washington, DC: US Department of Health and Human Services; 2011. Available at <http://www.aidsinfo.nih.gov/contentfiles/adultandadolescentgl.pdf>. Accessed July 25, 2011.
  • CDC. Revised surveillance case definitions for HIV infection among adults, adolescents, and children aged <18 months and for HIV infection and AIDS among children aged 18 months to <13 years-United States, 2008. MMWR 2008;57(No. RR-10).
  • De Cock KM, Porter A, Kouadio J, et al. Cross-reactivity on Western blots in HIV-1 and HIV-2 infections. AIDS 1991;5:859-63.
  • CDC. Table 19: diagnoses of HIV infection, by area of residence, 2008-United States and 5 U.S. dependent areas. HIV surveillance report, vol. 20, 2008. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2010. Available at <http://www.cdc.gov/hiv/surveillance/resources/reports/2008report/table19.htm>. Accessed July 25, 2011.
  • Grieco EM, Trevelyan EN. Place of birth of the foreign-born population: 2009. American Community Survey briefs. Washington, DC: US Census Bureau, 2010. Available at <http://www.census.gov/prod/2010pubs/acsbr09-15.pdf>. Accessed July 27, 2011.
  • Torian LV, Eavey JJ, Punsalang AP, et al. HIV type 2 in New York City, 2000-2008. Clin Infect Dis 2010;51:1334-42.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ