一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2011年(Vol.60)病院の救急診療部で治療を受けたスポーツおよびレクリ・・・

MMWR抄訳

rss

2011/07/29Vol. 60 / No. 29

MMWR60(29):977-980
Nonfatal Sports and Recreation Heat Illness Treated in Hospital Emergency Departments - United States, 2001-2009

病院の救急診療部で治療を受けたスポーツおよびレクリエーション中の非致死性熱中症-アメリカ、2001~2009年

アメリカの高校・大学のスポーツ選手において熱中症は競技中の死亡と機能障害の主因と認識されているが、若年小児や成人におけるスポーツ/レクリエーション活動参加中の熱中症の発症率は明らかになっていない。全ての年齢の人々におけるスポーツ/レクリエーション活動中の非致死性熱中症の発症率を検討するため、CDCはNational Electronic Injury Surveillance System – All Injury Programの2001~2009年のデータを分析した。2001~2009年にアメリカでは毎年平均約5,946例がスポーツ/レクリエーション活動中に発症した熱中症のため救急診療部(ED)で治療を受けており、その推定年間発症率2.0/10万人であった。スポーツ/レクリエーション活動中の熱中症の発症率は男性(72.5%)と15~19歳群(35.6%)が高く、時期としては7月~9月(66.4%)が最も高かった(7月:19.8%、8月:33.2%、9月:13.5%)。全体の7.1%は入院した。熱中症関連ED受診の原因となる頻度が最も高かった身体活動は、フットボール(24.7%)とエクササイズ(ウォーキング、ジョギング、柔軟体操など)(20.4%)であった。組織化されていないスポーツやレクリエーション活動への参加者を含め、身体活動中の全ての人々を対象とした効果的な熱中症予防メッセージ、特に発症リスクが最も高い15~19歳の青少年およびそのコーチや親に向けた適切な熱中症予防メッセージの必要性が強調される。

References

  • Mueller FO. Catastrophic sports injury research: twenty-sixth annual report. Chapel Hill, NC: National Center for Catastrophic Sport Injury Research; 2008. Available at <http://www.unc.edu/depts/nccsi/AllSport.pdf>. Accessed July 19, 2011.
  • US Consumer Product Safety Commission. NEISS All Injury Program: sample design and implementation. Washington, DC: US Consumer Product Safety Commission; 2001.
  • US Census Bureau. Population estimates. Washington, DC: US Census Bureau; 2009. Available at <http://www.census.gov/popest/national/asrh/NC-EST2009-sa.html>. Accessed July 19, 2011.
  • US Census Bureau. Participation in selected sports activities: 2008. Washington, DC: US Census Bureau; 2011. Available at <http://www.census.gov/compendia/statab/2011/tables/11s1248.pdf>. Accessed July 19, 2011.
  • Sanchez CA, Thomas KE, Malilay J, Annest JL. Nonfatal natural and environmental injuries treated in emergency departments, United States, 2001-2004. Fam Community Health 2010;33:3-10.
  • CDC. Heat illness among high school athletes-United States, 2005-2009. MMWR 2010;59:1009-13.
  • Von Duvillard SP, Braun WA, Markofski M, Beneke R, Leithäuser R. Fluids and hydration in prolonged endurance performance. Nutrition 2004;20:651-6.
  • Casa DJ, Csillan D. Preseason heat-acclimatization guidelines for secondary school athletics. J Athl Train 2009;44:332-3.
  • CDC. Extreme heat: a prevention guide to promote your personal health and safety. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2011. Available at <http://www.bt.cdc.gov/disasters/extremeheat/heat_guide.asp>. Accessed July 19, 2011.
  • Howe AS, Boden BP. Heat-related illness in athletes. Am J Sports Med 2007;35:1384-95.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ