一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2011年(Vol.60)職業用航空機での死亡-アラスカ、2000~2010・・・

MMWR抄訳

rss

2011/07/01Vol. 60 / No. 25

MMWR60(25):837-840
Occupational Aviation Fatalities - Alaska, 2000-2010

職業用航空機での死亡-アラスカ、2000~2010年

アラスカ州において航空機墜落は1990年代の労働災害による死因の第2位であり、全体で108件の致死性墜落事故が発生し、業務のため搭乗していた155例が死亡した。航空機墜落による業務関連死のデータを更新し危険因子を同定するため、CDCはNational Transportation Safety Board(NTSB)とAlaska Occupational Injury Surveillance Systemのデータを分析した。2000~2010年の職業用航空機の致死性墜落事故の件数は54件(年平均5件)、業務関連死亡者数は90例(年平均8例)であった。死亡者の年齢は20~73歳(平均44歳)で、79例(88%)は男性、53例(59%)はパイロットであった。2005~2009年は2000~2004年に比べて業務上の致死性墜落事故の発生率が32%低下し(出発100万回あたりそれぞれ4.4、6.5)、致死率が36%低下した(出発100万回あたりそれぞれ6.9、10.8)。しかし2010年の墜落事故の発生件数(6件)と死亡者数(12例)は年平均値よりも多かった。これら墜落事故のうち、21件(39%)はFederal Aviation Administration(FAA)に登録されていない場所(雪原、湖など)での離着陸と関連した。墜落の原因は、15件(28%)が悪天候(視界不良、乱気流など)、11件(20%)がパイロットによる航空機の制御失敗、9件(17%)がパイロットによる地形・水域・目標物との高度差の維持失敗、7件(13%)がエンジン・構造・部品の故障であった。アラスカ州における職業用航空機の墜落による業務関連死を減らすための安全性介入は、天候など飛行に必要な情報の提供、パイロットの状況判断能力の改善および技量と意志決定能力の維持、計器を使用して飛行するための空港インフラの強化に焦点をあてるべきである。

References

  • National Institute of Occupational Safety and Health. Surveillance and prevention of occupational injuries in Alaska: a decade of progress, 1990-1999. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC, National Institute of Occupational Safety and Health; 2002. Available at <http://www.cdc.gov/niosh/docs/2002-115>. Accessed June 21, 2011.
  • CDC. Fatal injuries to civilian workers in the United States, 1980-1995. Cincinnati, OH: US Department of Health and Human Services, CDC, National Institute for Occupational Safety and Health; 2001. NIOSH publication no. 2001-129. Available at <http://www.cdc.gov/niosh/docs/ 2001-129/2001129pd.html>.
  • Herrick P, Murphy P, editors. 2005. The impact of Capstone Phase 1 Program: final report. Anchorage, AK: University of Alaska Anchorage; 2005.
  • LaBelle JD. Testimony during an oversight hearing on Alaska aviation issues for the 21st century. In: Hearings before a subcommittee of the Committee on Appropriations, US Senate, 106th Congress, second session, on H.R. 4475, 5394, and S. 2720. S. Hrg. 106-921. Washington, DC: US Government Printing Office; 2001. Available at <http://www.gpo.gov/fdsys/pkg/CHRG-106shrg62808/pdf/CHRG-106shrg62808.pdf>. Accessed June 28, 2011.
  • Federal Aviation Administration. Circle of Safety-information for passengers: Alaska Region Flight Standards, FAA; 2009. Available at <http://www.faa.gov/about/office_org/headquarters_offices/avs/offices/afs/divisions/alaskan_region/circleofsafety>. Accessed March 25, 2011.
  • Thomas TK, Bensyl DM, Manwaring JC, Conway GA. Controlled flight into terrain accidents among commuter and air taxi operators in Alaska. Aviat Space Environ Med 2000;71:1098-103.
  • Rock GH. Alaska Aviation Safety Summit follow-up. Anchorage, AK: Alaska Air Carriers Association; 2011. Available at <http://www.alaska aircarriers.org/servlet/download?id=423. Accessed June 29, 2011>.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ