一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2011年(Vol.60)世界における10の偉大なる健康目標達成-2001~・・・

MMWR抄訳

rss

2011/06/24Vol. 60 / No. 24

MMWR60(24):814-818
Ten Great Public Health Achievements - Worldwide, 2001-2010

世界における10の偉大なる健康目標達成-2001~2010年

21世紀となったこの10年間(2001~2010年)に世界的に達成された健康目標について報告する。1)小児死亡率の低下: 現在の5歳未満の小児の死亡例は年間約810万人であり、この10年間で約200万人減少している。出生児1,000人あたりの死亡数は2000年:77から2009年:62と減少、1990年代における死亡率は1.3%/年の減少であったが、2000年以降は2.2%/年の減少となっている。これらの小児の死亡は約99%が低所得~中所得国にて起こっており、49%がサハラ砂漠以南のアフリカ諸国、33%が南アジアである。また、5歳未満の小児の死亡の原因は68%が感染症(下痢、肺炎、マラリア、AIDS)によるものであり、予防接種、微量栄養素補給、飲料水の安全性確保、殺虫剤処理した蚊帳、経口補液療法、抗生物質、抗マラリア薬、抗レトロウイルス療法などにより死亡例は減少している。2)ワクチンにより予防可能な疾患:この10年間において、麻疹、ポリオ、DTPワクチンの接種により5歳未満の小児の死亡が約250万人/年阻止されている。麻疹により死亡率はワクチン接種により2000年から2008年にかけて78%低下しており、ポリオに関しては風土病とする国が20ヶ国から4ヶ国への減少し、2010年の発症数は1500例以下となっている。B型肝炎、Hibワクチンの接種国は2000年にはそれぞれ107、62ヶ国であったが、2009年には178、161ヶ国へ増加、それぞれ毎年700,000、130,000人の死亡を阻止していると推定されている。さらに肺炎球菌、ロタウイルス、三日はしかワクチンの導入が世界的に進んでおり、日本脳炎、ヒトパピローマウイルス、A群髄膜炎菌結合型、腸チフスワクチンの導入も急速に増加している。3)安全な水および衛生設備へのアクセス:水による疾患、とくに下痢は小児の死因の第2位を占め、年間25億もの発症数を認めている。下痢は90%以上が不適切な水、衛生設備および衛生状態(WASH)によるものであり、5歳未満の小児約150万人/年が死亡している。世界的な人口増加に対し、水源や衛生設備の整備が追いついておらず、課題となっている。4)マラリア予防とコントロール:マラリアによる死亡数は世界的には第5位、アフリカでは第2位であり、発症数は2005年の24,400万人をピークに2009年には22,500万人となっている。1998年より始まったRoll Back Malaria Partnershipにより2003~2010年にかけて財政的支援が増加したため、死亡数は2000年:985,000例から2009年:781,000例へと21%減少している。5)HIV/AIDS予防およびコントロール:2009年末におけるHIV感染生存例は2001年の2,860万人より3,330万人に増加したと推定されており、うち68%(2,250万人)はサハラ以南のアフリカ諸国である。新規診断例は2001年:310万人から2009年:260万人へ減少、AIDS関連死亡者数も2004年の210万人をピークに2009年には180万人へ減少している。これはHIV検査、カウンセリング、母子感染予防などの介入措置、コンドームの使用、滅菌注射器の普及、血液の安全性および抗レトロウイルス療法(ART)の向上などによるものであり、これらの積極的介入の拡大により低所得および中所得国での死亡率が低下している。6)結核コントロール:過去10年間における結核新規診断例は8,100万人、死亡例は1,000万人である。WHOは1995年、直接監視下短期療法(DOTS)戦略を展開、これにより410万人が治癒、600万人に死亡が阻止されている。2000年以降、症例検出率および治療成功率は約20%増加しており、結核による死亡率は2015年には1990年代の約50%まで抑制されると推定されている。7)顧みられない熱帯病(NTD)コントロール:NTDは約10億人にて発症が認められており、メジナ虫症(ギアナ虫症)、回旋糸状虫症(河川失明症)、リンパ管フィラリア症に関しては根絶を目標としたプログラムが進行している。メジナ虫症の症例数は1986年、20ヶ国にて350万人と推定されていたが、フィルターの使用、水源の安全性確保、幼虫駆除剤の使用および水の濾過や汚染防止に関する教育の徹底により4ヶ国(南スーダン、マリ、エチオピア、ガーナ)を除き伝播が阻止され、2010年の発症数は1,797例となっている。1992年に開始されたアメリカにおける回旋糸状虫症根絶プログラムでは、薬物の大量投与により50万人の失明を阻止、2010年には新規例がなかった。また、リンパ管フィラリア症は2000年、12,000万人が感染、72ヶ国にて134,000万人が感染リスクにあり、薬物の投与を必要としていたが、この年より根絶プログラムが行われ、2007年までに新生児660万人での感染を阻止、950万人での発病を阻止し、3,200万障害調整生存年数を回避している。8)タバココントロール:2000年、煙草による早期死亡例は480万人であり、2010年には540万人に増加している。WHOは2003年、Framework Convention on Tobacco Control (WHO FCTC)を2010年までに168ヶ国、2011年6月までにさらに4ヶ国にて採択し、さらにMPOWER(喫煙モニタリング、煙からの保護、禁煙の推進、危険性の警告、販売禁止の徹底および税金の引き上げ)と呼ばれる戦略を展開している。9)世界的な道路の安全性向上のための認識と対応の強化:2001年、WHOは世界的な道路の安全性向上のための5年計画を開始、2001年から2009年にかけてEU諸国における交通事故による死亡者数は55,700名から34,900名へ減少し、死亡率が36%低下したが、世界中では約1,300万人(3,000名/日)が交通事故により死亡し、2030年には倍増すると推定されている。低所得国では自動車台数は全世界の半分以下であるが、死亡者数は約90%を占めており、経済発展とともにさらに激増すると思われ、道路設備や安全性の確保が急務となっている。10)世界的な健康脅威に対する備えと対応の改善:AIDS、SARS、インフルエンザなど、世界的に脅威となりうる疾患に対する準備および対応は、世界的流行を阻止する上で重要である。インターネットによる情報交換やCDCのGlobal Disease Detection Operation Center (GDDOC)などのネットワークによる新しい疾患の発生や拡大の検出、WHOと各国の保健省や研究機関との協力体制の強化などにより、2009年のインフルエンザA(H1N1)パンデミックでは迅速な対応が可能となった。数週間でウイルスが検出され、診断試薬は146ヶ国にて供給可能となり、34ヶ国の6,100名以上の専門家が検査および治療の指導にあたった。ワクチンはウイルス検出から20週間で開発され、86ヶ国での供給が可能となった。この教訓や経験をもとに、今後もさらに体制強化が進められる。

References

  • World Health Organization. The world health report 1998-life in the 21st century: a vision for all. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 1998. Available at <http://www.who.int/whr/1998/en/whr98_en.pdf>. Accessed June 17, 2011.
  • World Health Organization. World health statistics 2010. Geneva, Switzerland; 2010. Available at <http://www.who.int/whosis/whostat/EN_WHS10_Full.pdf>. Accessed June 17, 2011.
  • CDC. Ten great public health achievements-United States, 2001-2010. MMWR 2011;60:619-23.
  • You D, Jones G, Wardlaw T. Levels and trends in child mortality: estimates developed by the United Nations Inter-agency Group for Child Mortality Estimation. New York, NY: United Nations Children’s Fund (UNICEF); 2010.
  • Copenhagen Consensus Center. Copenhagen consensus 2008. Fredriksberg, Denmark: Copenhagen Consensus Center; 2008. Available at <http://www.copenhagenconsensus. com/home.aspx>. Accessed June 17, 2011.
  • The United Nations Children’s Fund (UNICEF)/World Health Organization. Diarrhoea: why children are still dying and what can be done. Geneva, Switzerland: UNICEF/World Health Organization; 2009. Available at <http://whqlibdoc.who.int/publications/2009/ 9789241598415_eng.pdf> Accessed June 17, 2011.
  • World Health Organization/The United Nations Children’s Fund (UNICEF). Progress on sanitation and drinking-water: 2010 update. Geneva, Switzerland: World Health Organization/UNICEF; 2010.
  • Japanese Ministry of Health and Welfare. A 50-year history of the Ministry of Health and Welfare. Japan: Editorial Board of the Fifty-Year History of the Ministry of Health and Welfare; 1988.
  • Cutler D, Miller G. The role of public health improvements in health advances: the twentieth-century United States. Demography 2005; 42:1-22.
  • Sepulveda J, Valdespino JL, Garcia-Garcia L. Cholera in Mexico: the paradoxical benefits of the last pandemic. Int J Infect Dis 2006;10:4-13.
  • World Health Organization. Global burden of disease estimates. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2002.
  • World Health Organization. World malaria report, 2010. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2010. Available at <http://www.who.int/malaria/world_malaria_report_2010/en/index.html>. Accessed June 17, 2011.
  • Joint United Nations Programme on HIV/AIDS (UNAIDS). Global report: UNAIDS report on the global AIDS epidemic 2010. Geneva, Switzerland: UNAIDS; 2010. Available at <http://www.unaids.org/globalreport/global_report.htm>. Accessed June 17, 2011.
  • Joint United Nations Programme on HIV/AIDS (UNAIDS). Countdown to zero: global plan towards the elimination of new HIV infections among children by 2015 and keeping their mothers alive. Geneva, Switzerland: UNAIDS; 2011. Available at <http://www.unaids.org/en/media/unaids/contentassets/documents/unaidspublication/ 2011/20110609_jc2137_global-plan-elimination-hiv-children_en-1.pdf>. Accessed June 20, 2011.
  • World Health Oranization. Towards universal access: Scaling up priority HIV/AIDS interventions in the health sector. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2010. Available at <http://whqlibdoc.who.int/publications/2010/9789241500395_eng.pdf>. Accessed June 17, 2011.
  • World Health Organization. WHO report 2010: global tuberculosis control. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2010. Available at <http://www.who.int/tb/publications/global_report/en>. Accessed June 17, 2011.
  • World Health Organization/Stop TB Partnership. The global plan to stop TB 2011-2015. Geneva, Switzerland: World Health Organization/Stop TB Partnership; 2010. Available at <http://www.stoptb.org/global/plan>. Accessed June 17, 2011.
  • The World Bank. Economic benefit of tuberculosis control. Washington, DC: The World Bank; 2007. Policy research working paper 4295.
  • Jha P, Chaloupka F, eds. Tobaco control in developing countries. New York, NY: Oxford University Press; 2000.
  • World Health Organization. WHO report on the global tobacco epidemic, 2008: the MPOWER package. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2011. Available at <http://www.who.int/tobacco/mpower/2008/en/index.html>. Accessed May 19, 2011.
  • World Health Organization. WHO Framework Convention on Tobacco Control. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2011. Available at <http://www.who.int/tobacco/wntd/2011/announcement/en/index.html>. Accessed May 19, 2011.
  • CDC. Global youth tobacco surveillance, 2000-2007. MMWR 2008; 57(No. SS-01).
  • US Department of Health and Human Services. The health consequences of involuntary exposure to tobacco smoke: a report of the Surgeon General. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services; 2006.
  • World Health Organization. WHO report on the global tobacco epidemic, 2009: implementing smoke-free environments. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2009. Available at <http://www.who.int/tobacco/mpower/2009/en/index.html>. Accessed May 22, 2011.
  • International Federation of Red Cross and Red Crescent Societies. World disasters report 2000. Geneva, Switzerland: International Federation of Red Cross and Red Crescent Societies; 2000.
  • Peden M, Scurfield R, Sleet DA, et al. World report on road traffic injury prevention. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2004.
  • European Transport Safety Council. Road safety target in sight: making up for lost time. Brussels, Belgium: European Transport Safety Council; 2010. Available at <http://www.etsc.eu/documents/ETSC%20PIN%20Report%202010.pdf>. Accessed June 17, 2011.
  • International Traffic Safety Data & Analysis Group. IRTAD road safety 2010. Available at <http://www.internationaltransportforum.org/irtad/pdf/10irtadreport.pdf>. Accessed June 17, 2011.
  • Commission for Global Road Safety. Make roads safe: a new priority for sustainable development. London, UK: Commission for Global Road Safety; 2006. Available at <http://www.makeroadssafe.org/publications/documents/mrs_report_2007.pdf>. Accessed June 17, 2011.
  • Commission for Global Road Safety. Make roads safe: a decade of action for road safety. London, UK: Commission for Global Road Safety; 2009. Available at <http://www.makeroadssafe.org/publications/documents/decade_of_action_report_lr.pdf>. Accessed June 17, 2011.
  • World Health Organization. World health statistics 2008. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2008. Available at <http://www.who.int/whosis/whostat/EN_WHS08_Full.pdf>. Accessed June 17, 2011.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ