一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2011年(Vol.60)ヒトジェームズタウンキャニオンウイルス感染症-モン・・・

MMWR抄訳

rss

2011/05/27Vol. 60 / No. 20

MMWR60(20):652-655
Human Jamestown Canyon Virus Infection - Montana, 2009

ヒトジェームズタウンキャニオンウイルス感染症-モンタナ州、2009年

ジェームズタウンキャニオンウイルス(JCV)はブニアウイルスのカリフォルニア血清型に属し、蚊を媒介して人畜共通感染症を来す。北米に広く分布するがヒトでの感染は稀であり、2004年に報告義務が課せられてからの報告数は15例である。今回報告する症例はモンタナ州にて、初めて報告された症例である。2009年5月26日、51歳の男性が発熱、頭痛、めまい、左半身のしびれ感および刺痛のため救急外来を受診した。血圧の上昇(214/119mmHg)を認めたが、心電図、脳MRIおよびCT検査に異常はなく、酸素投与と高血圧に対するテルミサルタンが処方され帰宅した。1週間後(6月2日)、発熱と頭痛が持続し、また、筋肉痛と脱力感を来しプライマリケア医を受診、神経性疾患が疑われたため、7月6日に神経科医を受診したが、複雑な片頭痛と診断され、頭痛薬が処方された。その後、症状は改善し、6ヶ月間症状は現れなかった。プライマリケア医を受診した際、モンタナ州郊外の自宅付近で蚊に刺されたと報告したため、血清検体を採取し検査したところ、ウエストナイルウイルス(WNV)特異IgMおよびIgG陽性を示したため、CDCアルボウイルス診断研究室にてWNV、JCV、St.Louis脳炎ウイルス(SLEV)およびLaCrosseウイルス(LACV)抗体検査が行われた。その結果、酵素免疫測定法(ELISA)にてJCV特異IgM抗体陽性が認められたため、JCV感染症と診断された。発熱を伴う神経性疾患はWNV感染症の他にJCV感染症を疑い、適切な検査による診断および治療が重要である。

References

  • Levett PN, Sonnenberg K, Sidaway F, et al. Use of immunoglobulin G avidity assays for differentiation of primary from previous infections with West Nile virus. J Clin Microbiol 2005;43:5873-5.
  • Andreadis TG, Anderson JF, Armstrong PM, Main AJ. Isolations of Jamestown Canyon virus (Bunyaviridae: Orthobunyavirus) from field-collected mosquitoes (Diptera: Culicidae) in Connecticut, USA: a ten-year analysis, 1997-2006. Vector Borne Zoonotic Dis 2008;8:175-88.
  • Armstrong PM, Andreadis TG. Genetic relationships of Jamestown Canyon virus strains infecting mosquitoes collected in Connecticut. Am J Trop Med Hyg 2007;77:1157-62.
  • Wood DM, Dang PT, Ellis RA. The insects and arachnids of Canada, part 6. Hull, QC, Canada: Canadian Government Publishing Centre; 1979. Agriculture Canada publication no. 1696.
  • Thompson WH, Gundersen CB. La Crosse encephalitis: occurrence of disease and control in a suburban area. In: Calisher CH and Thompson WH, eds. California serogroup viruses. New York, NY: Alan R Liss; 1983:225-36.
  • Deibel R, Grimstad PR, Mahdy MS, Artsob H, Calisher CH. Jamestown Canyon virus: the etiologic agent of an emerging human disease? In: Calisher CH and Thompson WH, eds. California serogroup viruses. New York, NY: Alan R Liss; 1983:313-25.
  • Srihongse S, Grayson MA, Deibel R. California serogroup viruses in New York State: the role of subtypes in human infections. Am J Trop Med Hyg 1984;33:1218-27.
  • Grimstad PR. California group virus disease. In: Monath TP, ed. The arboviruses: epidemiology and ecology. Vol. 2. Boca Raton, FL: CRC Press; 1988:99-136.
  • West DF, Black WC. Breeding structure of three snow pool Aedes mosquito species in northern Colorado. Heredity 1998;81:371-80.
  • Murdock CC, Olival KJ, Perkins SL. Molecular identification of host feeding patterns of snow-melt mosquitoes (Diptera: Culicidae): potential implications for the transmission ecology of Jamestown Canyon virus. J Med Entomol 2010;47:226-9.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ