一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2011年(Vol.60)関節炎成人患者における肥満罹患率-アメリカ、200・・・

MMWR抄訳

rss

2011/04/29Vol. 60 / No. 16

MMWR60(16):509-513
Prevalence of Obesity Among Adults with Arthritis - United States, 2003-2009

関節炎成人患者における肥満罹患率-アメリカ、2003~2009年

アメリカでは20歳以上の成人のうち約7,250万人が肥満症、約5,000万人が関節炎であり、医療費は毎年それぞれ1,470億ドル、1,280億ドルと推定されている。関節炎患者の多くは肥満であり、関節炎の進行、活動の制限、能力障害、QOLの低下、全関節置換術および関節置換術後の臨床転帰の低下と肥満との相関が示されている。今回、CDCはBehavioral Risk Factor Surveillance System (BRFSS)の2003~2009年データから関節炎患者における肥満の罹患率を分析した。分析対象は2003年:264,864、2005年:356,112、2007年;430,912、2009年:432,607名であり、肥満はBMI=30.0とした。その結果、関節炎患者における肥満率は非関節炎一般成人に比べ54%高く、2003年における州別肥満率の中央値は33.2%(コロラド州:25.1%~オハイオ州:40.1%)、2009年は35.2%(コロラド州:26.9%~ルイジアナ州:43.5%)であった。2003~2009年にかけて、DCでは19.2%減少し、ウイスコンシン州では26.2%増加、また、この期間に14州およびプエルトリコにて肥満率は有意に増加した。年齢補正肥満率が30%を超えた州は2003年:37州およびDC、2005年:42州、2007年:45州、2009年:48州で、40%を超えた州はそれぞれ、2州、0州、7州、12州であった。肥満は関節に過度の負担をかけ、炎症性サイトカインやアディポカインの増加による炎症反応により関節変性が進行する。わずかな体重の減少でも関節炎には有効であるため、食事や運動などの生活習慣の見直しと実践による肥満の予防が重要である。

References

  • CDC. Vital Signs: State-specific obesity prevalence among adults-United States, 2009. MMWR 2009;59:951-5.
  • CDC. Prevalence of doctor-diagnosed arthritis and arthritis-attributable activity limitation-United States, 2007-2009. MMWR 2010;59: 1261-5.
  • Finkelstein EA, Trogden JG, Cohen JW, Dietz W. Annual medical spending attributable to obesity: payer- and service-specific estimates. Health Aff (Millwood) 2009;28:w822-31.
  • Messier SP. Diet and exercise for obese adults with knee osteoarthritis. Clin Geriatr Med 2010;26:461-77.
  • Anandacoomarasamy A, Caterson I, Sambrook P, Fransen M, March L. The impact of obesity on the musculoskeletal system. Int J Obes (Lond) 2008; 32:211-22.
  • Shea MK, Houston DK, Nicklas BJ, et al. The effect of randomization to weight loss on total mortality in older overweight and obese adults: the ADAPT Study. J Gerontol A Biol Sci Med Sci 2010;65:519-25.
  • Losina E, Walensky RP, Reichmann WM, et al. Impact of obesity and knee osteoarthritis on morbidity and mortality in older Americans. Ann Intern Med 2011;154:217-26.
  • Mehrotra C, Naimi TS, Serdula M, Bolen J, Pearson K. Arthritis, body mass index, and professional advice to lose weight: implications for clinical medicine and public health. Am J Prev Med 2004;27:16-21.
  • Do BT, Hootman JM, Helmick CG, Brady TJ. Monitoring Healthy People 2010 arthritis objectives: education and clinician counseling for weight loss and exercise. Ann Fam Med 2011;9:136-41.
  • Merrill RM, Richardson JS. Validity of self-reported height, weight, and body mass index: findings from the National Health and Nutrition Examination Survey 2001-2006. Prev Chronic Dis 2009;6:A121.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ