一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2008年(Vol.57)b型Haemophilus influenzae(・・・

MMWR抄訳

rss

2008/11/21Vol. 57 / No. 46

MMWR57(46):1252-1255
Continued Shortage of Haemophilus influenzaeType b (Hib) Conjugate Vaccines and Potential Implications for Hib Surveillance - United States, 2008

b型Haemophilus influenzae(Hib)結合型ワクチンの持続的な不足とHibサーベイランスの現状-アメリカ、2008年

2007 年12月、Merk&Co.,Inc.はHib結合型ワクチン2製剤(Pedvax HIB、Comvax)の特定のロットの無菌性が保証できないとして自主的に回収、製造を一時停止すると発表し、アメリカにおけるHibワクチンの供給が中断する事態となった。さらに2008年晩期に予定されていた供給再開も2009年半ばに遅れるとの発表があり、CDCによる浸潤性H. influenzae感染症のサーベイランスの重要性が高まっている。H. influenzae疾患は6種の血清型(a、b、c、d、e、f)または血清型の決まらないH. influenzaeにより発症する。1998年のHibワクチン導入前は、5歳未満の小児においてb型が95%以上を占めていたが、ワクチン導入後の1989~1995年においてはいずれの年齢層においても発症率は95%以上低下している。現在、国内50州、ワシントンDC、 NYCにおける浸潤性H. influenzae症例はNational Notifiable Diseases Surveillance System(NNDSS)を通じてCDCに報告され、5歳未満の場合は血清型の報告も行われる。また、国内10州(人口ベースで12%)を対象とした Active Bacterial Core surveillance(ABCs)systemからもH. influenzae症例が報告される。2007年1月-2008年10月においてはNNDSSにより4,657例が報告され、血清型は127例(2.7%)がb型、2,267例(48.7%)が非b型、2,263例(48.6%)は不明であり、5歳未満の小児は748例、b型:45 例(6.0%)、非b型:425例(56.8%)、不明:278例(37.2%)であった。この期間における年間平均発症率は5歳未満で10万人あたり 0.12(2007年:0.11、2008年1~10月:0.13)、国内52管轄地区(50州およびDC、NYC)のうち49地区にて少なくとも1例報告されている。この49地区のうち、19地区(38.8%)にて50%以上の症例の血清型データがなく、16地区(32.7%)は75%以上、14地区 (28.6%)は全ての症例の血清型データがない。また、ABCsが全域をカバーする5州(コネチカット、メリーランド、ミネソタ、ニューメキシコ、オレゴン)においては4州にて血清型の報告があり、一部をカバーする5州(カリフォルニア、コロラド、ジョージア、ニューヨーク、テネシー)での血清型データの欠測率は21.7%、ABCsがカバーしない39州での欠測率は50.0%であった。CDCは5歳未満の小児に関する血清型データおよび予防接種に関する報告を徹底するよう、保険局、州および医療機関へ協力を求めている。

References

  • CDC. Interim recommendations for the use of Haemophilus influenzae type b (Hib) conjugate vaccines related to the recall of certain lots of Hib-containing vaccines (PedvaxHIB and Comvax). MMWR 2007;56:1318-20.
  • Ward J, Lieberman JM, Cochi SL. Haemophilus influenzae vaccines. In: Plotkin SA, Mortimer EA, eds. Vaccines. 2nd ed. Philadelphia, PA: WB Saunders Co.; 1994:337-86.
  • Bisgard KM, Kao A, Leake J, Strebel PM, Perkins BA, Wharton M. Haemophilus influenzae invasive disease in the United States, 1994-1995: near disappearance of a child vaccine preventable disease. Emerg Infect Dis 1998;4:229-37.
  • Schuchat A, Hilger T, Zell E, et al. Active bacterial core surveillance of the emerging infections program network. Emerg Infect Dis 2001;7:92-9.
  • Kayhty H, Eskola J, Peltola H, Stout MG, Samuelson JS, Gordon LK. Immunogenicity in infants of a vaccine composed of Haemophilus influenzae type b capsular polysaccharide mixed with DPT or conjugated to diphtheria toxoid. J Infect Dis 1987;155:100-6.
  • CDC. Haemophilus b conjugate vaccines for prevention of Haemophilus influenzae type b disease among infants and children two months of age and older: recommendations of the ACIP. MMWR 1991;40(No. RR-1).
  • Fernandez J, Levine OS, Sanchez J, et al. Prevention of Haemophilus influenzae type b colonization by vaccination: correlation with serum anti-capsular IgG concentration. J Infect Dis 2000;182:1553-6.
  • CDC. Progress toward elimination of Haemophilus influenzae type b invasive disease among infants and children-United States, 1998-2000. MMWR 2002;51:234-7.
  • Ramsay ME, McVernon J, Andrews NJ, Heath PT, Slack MP. Estimating Haemophilus influenzae type b vaccine effectiveness in England and Wales by use of the screening method. J Infect Dis 2003;188:481-5.
  • LaClaire LL, Tondella ML, Beall DS, et al. Identification of Haemophilus influenzae serotypes by standard slide agglutination serotyping and PCR-based capsule typing. J Clin Microbiol 2003;41:393-6.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ