一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2008年(Vol.57)自己申告による前糖尿病およびリスク低減目的の活動-・・・

MMWR抄訳

rss

2008/11/07Vol. 57 / No. 44

MMWR57(44):1203-1205
Self-Reported Prediabetes and Risk-Reduction Activities - United States, 2006

自己申告による前糖尿病およびリスク低減目的の活動-アメリカ、2006年

アメリカでは全成人の少なくとも1/4が空腹時血糖値異常(1晩絶食後の血漿グルコース:100以上126mg/dL未満)、耐糖能異常(2時間ブドウ糖負荷試験後の血漿グルコース:140以上200mg/dL未満)で定義される前糖尿病である。前糖尿病は2型糖尿病、心疾患および脳卒中のリスクが高いが、ライフスタイルを変えることで糖尿病の発症を予防または遅延することが可能である。CDCは2006年、National Health Interview Surveyにより、成人における自己申告による前糖尿病例および糖尿病リスクを低減する活動に関する調査を行った。調査対象は18歳以上の成人 24,275名、医師や医療関係者から糖尿病と診断されたことがある症例を除き、前糖尿病、空腹時血糖異常、耐糖能異常、境界型糖尿病または高血糖であると言われたことがあるかを問い、「はい」と答えた984名(4.0%)について、過去12ヶ月以内に体重コントロールまたは減少、身体活動や運動の増加、食事による脂肪やカロリー摂取量の減少を行っているかを質問した。984名の内訳は男性:351、女性:633、18~44歳:322、45~64 歳:385、65歳以上:277名、境界型糖尿病:64.4%、高血糖:38.3%、前糖尿病:33.7%、耐糖能異常:15.5%、空腹時血糖異常:15.2%であった。また、67.6%が体重のコントロールまたは減少、59.8%が食事性の脂肪やカロリー摂取量減少、54.7%が身体活動や運動量の増加を実践しており、3項目全てを行っている症例が42.1%、何もしていない症例は23.9%であった。前糖尿病症例の2型糖尿病の発症予防および遅延はライフスタイルの改善により実現可能であり医療費削減につながるため、これらの症例に対して現在の状態を把握し、リスク低下のための活動を実践することを積極的に奨励していくことは重要である。

References

  • Cowie CC, Rust KF, Byrd-Holt DD, et al. Prevalence of diabetes and impaired fasting glucose in adults in the U.S. population: National Health and Nutrition Examination Survey, 1999-2002. Diabetes Care 2006;29:1263-8.
  • Harris MI, Flegal KM, Cowie CC, et al. Prevalence of diabetes, impaired fasting glucose, and impaired glucose tolerance in U.S. adults. The Third National Health and Nutrition Examination Survey, 1998-1994. Diabetes Care 1998;21:518-24.
  • Nathan DM, Davidson MB, DeFronzo RA, et al. Impaired fasting glucose and impaired glucose tolerance: implications for care. Diabetes Care 2007;30:753-9.
  • Coutinho M, Gerstein HC, Wang Y, Yusuf S. The relationship between glucose and incident cardiovascular events. A metaregression analysis of published data from 20 studies of 95,783 individuals followed for 12.4 years. Diabetes Care 1999;22:233-40.
  • Knowler WC, Barrett-Conner E, Fowler SE, et al; Diabetes Prevention Program Research Group. Reduction in the incidence of type 2 diabetes with lifestyle intervention or metformin. N Engl J Med 2002;346:393-403.
  • CDC. National Health Interview Survey, 2006. Questionnaires, datasets, and related documentation. Available at <http://www.cdc.gov/nchs/nhis.htm>.
  • Graubard BI, Korn EL. Predictive margins with survey data. Biometrics 1999;55:652-9.
  • American Diabetes Association. Standards of medical care in diabetes-2008. Diabetes Care 2008;31(Suppl 1):S12-54.
  • Herman WH, Hoerger TJ, Brandle M, et al; Diabetes Prevention Program Research Group. The cost-effectiveness of lifestyle modification or metformin in preventing type 2 diabetes in adults with impaired glucose tolerance. Ann Intern Med 2005;142:323-32.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ