一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2008年(Vol.57)成人における糖尿病の州別発症率―参加州、1995~・・・

MMWR抄訳

rss

2008/10/31Vol. 57 / No. 43

MMWR57(43):1169-1173
State-Specific Incidence of Diabetes Among Adults - Participating States, 1995-1997 and 2005-2007

成人における糖尿病の州別発症率―参加州、1995~1997年と2005~2007年

糖尿病は米国における罹患と死亡の主因である。全国調査データは、米国における診断確定糖尿病発症率の急速な増加と肥満が糖尿病発症の重要な予測因子であることを示している。診断確定糖尿病の地理的分布と発症率の州別変化を調査するため、CDCはBehavioral Risk Factor Surveillance System(BRFSS)の1995~1997年と2005~2007年のデータを分析した。調査に参加した40州、ワシントンDC(DC)、2準州における2005~2007年の糖尿病の平均年間年齢調整発症率(人口1000人あたり)は5.0例(ミネソタ州)~12.8例(プエルトリコ)であった。地域別発症率は南部(10.5例)が最も高く、次が北東部(8.6例)、西部(8.5例)、中西部(7.4例)の順であった。発症率の上位10州 (10.3~12.8例)には南部16州中9州(アラバマ、フロリダ、ジョージア、ケンタッキー、ルイジアナ、サウスカロライナ、テネシー、テキサス、ウェストバージニア)が含まれ、残り1州はアリゾナ州であった。両期間のデータが得られた33州において、年齢調整発症率は1995~1997年の4.8 例から2005~2007年には9.1例と90%増加した。また33州中27州は2005~2007年の発症率が1995~1997年に比べ有意に高かった。糖尿病へのリスクのある人々には、中等度の体重減少と身体活動増加により糖尿病を予防あるいは発症を遅延することが可能である。米国における糖尿病発症率の増加を停止させるためには、リスクのある人々に体重減少と身体活動増加を促進させる介入の開発と提供が必要である。

References

  • Engelgau MM, Geiss LS, Saaddine JB, et al. The evolving diabetes burden in the United States. Ann Intern Med 2004;140:945-50.
  • American Diabetes Association. Economic costs of diabetes in the U.S. in 2007. Diabetes Care 2008;31:596-615.
  • Geiss LS, Pan L, Cadwell B, Gregg EW, Benjamin SM, Engelgau MM. Changes in incidence of diabetes in U.S. adults, 1997-2003. Am J Prev Med 2006;30:371-7.
  • Tuomilehto J, Lindstrom J, Eriksson JG, et al. Prevention of type 2 diabetes mellitus by changes in lifestyle among subjects with impaired glucose tolerance. N Engl J Med 2001;344:1343-50.
  • Knowler WC, Barrett-Conner E, Fowler SE, et al. Reduction in the incidence of type 2 diabetes with lifestyle intervention. N Engl J Med 2002;346:393-403.
  • Boyle JP, Honeycutt AA, Narayan KM, et al. Projection of diabetes burden through 2050: impact of changing demography and disease prevalence in the U.S. Diabetes Care 2001;24:1936-40.
  • Mokdad AH, Ford ES, Bowman BA, et al. Diabetes trends in the U.S.: 1990-1998. Diabetes Care 2000;23:1278-83.
  • CDC. State-specific prevalence of obesity among adults-United States, 2007. MMWR 2008;57:765-8.
  • Reis JP, Bowles HR, Ainsworth BE, Dubose KD, Smith S, Laditka JN. Nonoccupational physical activity by degree of urbanization and U.S. geographic region. Med Sci Sports Exerc 2004;36:2093-8.
  • Gregg EW, Cadwell BL, Cheng YJ, et al. Trends in the prevalence and ratio of diagnosed to undiagnosed diabetes according to obesity levels in the U.S. Diabetes Care 2004;27:2806-12.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ