一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2008年(Vol.57)Total release fogger(総合噴霧・・・

MMWR抄訳

rss

2008/10/17Vol. 57 / No. 41

MMWR57(41):1125-1129
Illnesses and Injuries Related to Total Release Foggers - Eight States, 2001-2006

Total release fogger(総合噴霧剤)に関連した疾病と損傷-8州、2001~2006年

Total release fogger(TRF)はある領域に殺虫薬を充満させることを目的としてデザインされており、ゴキブリやノミ、飛ぶ昆虫を殺すためにしばしば家庭や職場で使用される。大部分のTRFは活性成分としてピレスロイドとピレスリンを含み、火事や破裂を起こす可能性のある可燃性のエアロゾルプロペラントも含まれている。この報告では、SENSOR(Sentinel Event Notification System for Occupational Risk)-Pesticidesプログラムに参加した米国8州(カリフォルニア、フロリダ、ルイジアナ、ミシガン、ニューヨーク、オレゴン、テキサス、ワシントン)の州保健衛生局とCalifornia Department of Pesticide Regulation(CDPR)による調査結果およびNew York City Poison Control Center(NYCPCC)によるデータに基づいて、2001~2006年のTRF曝露に関連した疾病と損傷に関して述べる。まず始めに2007年8月~2008年3月に報告されたTRF関連症状発現例3例(38歳女性、34歳男性、54歳男性)を紹介している。2001~2006年にTRF関連疾病・損傷は、全体で466例確認された。患者の年齢中央値は35歳(0~90歳)、255例(57%)は女性、55例(13%)は仕事中の曝露であった。 372例(80%)は軽症、84例(18%)は中等度、9例(2%)は重症であった。1例(10ヶ月の女児)が死亡した。394例(85%)は個人住宅で TRFに曝露された。TRF噴霧者の情報が得られた388例中197例(51%)は自分で噴霧していた。健康被害は呼吸器症状が最も多かった(358例 [77%])。曝露の原因としては、TRF噴霧前の避難が不可能あるいは避難失敗、噴霧後早期の再入、TRFの過剰使用、過失による噴霧、他人への通知失敗が多かった。TRF関連健康被害のリスクを低下させるためには、室内の害虫を減少させ殺虫剤の必要性を最小限にする総合害虫管理制御戦略を採択・推進する必要がある。またTRFラベル上の記載や公共広告キャンペーンによってTFRの危険性と適切な使用法を認識させる必要もある。

References

  • CDC. Case definition for acute pesticide-related illness and injury cases reportable to the National Public Health Surveillance System. Cincinnati, OH: US Department of Health and Human Services, CDC, National Institute for Occupational Safety and Health; 2005. Available at <http://www.cdc.gov/niosh/topics/pesticides/pdfs/casedef2003_revapr2005.pdf>.
  • Calvert GM, Plate DK, Das R, et al. Acute occupational pesticide-related illnesses in the US, 1998-1999: surveillance findings from the SENSOR-Pesticides program. Am J Ind Med 2004;45:14-23.
  • Calvert GM, Sanderson WT, Barnett M, Blondell JM, Mehler LN. Surveillance of pesticide-related illness and injury in humans. In: Krieger RI, ed. Handbook of pesticide toxicology. 2nd ed. San Diego, CA: Academic Press; 2001:603-41.
  • US Environmental Protection Agency. Recognition and management of pesticide poisonings, 5th edition. Washington, DC: US Environmental Protection Agency; 1999. Available at <http://www.epa.gov/opp00001/safety/healthcare/handbook/handbook.htm>.
  • CDC. Illnesses associated with occupational use of flea-control products-California, Texas, and Washington, 1989-1997. MMWR 1999;48:443-7.
  • CDC. Illnesses associated with use of automatic insecticide dispenser units-selected states and United States, 1986-1999. MMWR 2000;49:492-5.
  • Ray DE. Pyrethroid insecticides: mechanisms of toxicity, systemic poisoning syndromes, paresthesia, and therapy. In: Krieger RI, ed. Handbook of pesticide toxicology. 2nd ed. San Diego, CA: Academic Press; 2001:1289-303.
  • Blessing A, ed. Pesticides and pest prevention strategies for the home, lawn, and garden. West Lafayette, IN: Purdue University Cooperative Extension Service; 2001. Available at <http://www.btny.purdue.edu/pubs/ppp/ppp-34.pdf>.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ