一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2008年(Vol.57)Balamuthiaアメーバ性脳炎-カリフォルニア・・・

MMWR抄訳

rss

2008/07/18Vol. 57 / No. 28

MMWR57(28):768-771
BalamuthiaAmebic Encephalitis - California, 1999-2007

Balamuthiaアメーバ性脳炎-カリフォルニア州、1999-2007年

Balamuthia mandrillarisは自由生活アメーバであり、ヒト、ウマ、イヌ、ヒツジ、ヒト以外の霊長類にて脳炎を引き起こす。1990年にこの疾患が認識されて以降、世界で約150例が診断されている。アメーバは土中に存在し、吸入または皮膚病変への直接的接触により感染する。Balamuthia脳炎は臨床症状が他の脳炎とよく似ていること、診断検査を実施する機関が少ないこと、疾患を認識している医師が少ないことなどから診断が困難であり、正確な診断の遅れが致死率の増加に関与していると考えられている。1998年以降、California Encephalitis Project(CEP)は脳炎患者においてはBalamuthiaを含む脳炎を誘発する可能性のある物質の検査を行っており、今回1999~2007年、CEPによりBalamuthia性脳炎と診断された10例について報告する。この期間、CEPでは脳炎患者約3,000例の検体が検査され、臨床症状(脳神経麻痺、てんかん発作、昏睡等)、CSFタンパク質または白血球濃度の上昇、神経画像所見異常(水頭症、リング状の造影病変、頭蓋内占拠性病変等)、職業または娯楽的な土との接触(農業、建設またはオフロードバイク等)のいずれかを満たす500検体を抽出し、Balamuthia血清学的検査を行い、力価が=1:128であった検体を推定陽性検体とし、さらに脳組織の検査を行った。その結果、Balamuthia脳炎と診断された症例は10例(1.5-72.0歳、男9女1、州南部:7、州中央~北部:3)であり、CSFの分析ではタンパク質濃度は188(64-674)mg/dL、白血球数は170.5(11-540)/mm3と高く、糖濃度は40(15-74)mg/dLと正常~低値であった。10例全例が神経画像所見異常を示し、6例が頭痛、4例にて精神状態の変化が認められ、また、脳神経麻痺は4例にて発現した。発症から入院までは8.5(1-30)日、入院期間は16.5(3-120)日であり、10例中9例が死亡している。発症のリスクファクタとして5例が合併症(糖尿病、痛風/心疾患、脾摘術後、ネフローゼ症候群、リンパ腫)を有し、5例が土と接触(モーターサイクリング、植木鉢の土いじり、建設業、園芸を趣味とする等)していた。この病気は早期の診断が重要であるが、現時点では検死により診断されるケースが多い。今後、診断技術の改良と早期の治療介入により予後の改善が得られるものと考える。公衆衛生局の職員、臨床医、病理学者がBalamuthia脳炎を知ることがその重要な最初のステップになるだろう。

References

  • Schuster FL, Visvesvara GS. Balamuthia mandrillaris. In: Emerging protozoan pathogens. Khan NA, ed. London, England: Taylor and Francis Group; 2008:71-118.
  • Visvesvara GS, Martinez, AJ, Schuster FL, et al. Leptomyxid ameba, a new agent of amebic meningoencephalitis in humans and animals. J Clin Microbiol 1990;28:2750-6.
  • Visvesvara GS, Schuster FL, Martinez AJ. Balamuthia mandrillaris, N. G. N. Sp., agent of amebic meningoencephalitis in humans and other animals. J Euk Microbiol 1993;40:504-14.
  • Rowen JL, Doerr CA, Vogel H, Baker CJ. Balamuthia mandrillaris: a newly recognized agent for amebic encephalitis. Pediatr Infect Dis J 1995;14:705-10.
  • Glaser CA, Honarmand S, Anderson LJ, et al. Beyond viruses: clinical profiles and etiologies associated with encephalitis. Clin Infect Dis 2006;43:1565-77.
  • Schuster FL, Glaser C, Honarmand S, Maguire JH, Visvesvara GS. Balamuthia amebic encephalitis risk, Hispanic Americans. Emerg Infect Dis 2004;10:1510-2.
  • Visvesvara GS, Moura H, Schuster FL. Pathogenic and free-living amoebae: Acanthamoeba spp., Balamuthia mandrillaris, Naegleria fowleri, and Sappinia diploidea. FEMS Immunol Med Microbiol 2007;50:1-26.
  • Yagi S, Booton GC, Visvesvara GS, Schuster FL. Detection of Balamuthia 16S rRNA gene DNA in clinical specimens by PCR. J Clin Microbiol 2006;43:3192-7.
  • Deetz TR, Sawyer MH, Schuster FL, Visvesvara GS. Successful treatment of Balamuthia amoebic encephalitis: presentation of 2 cases. Clin Infect Dis 2003;37:1304-12.
  • Jung S, Schelper RL, Visvesvara GS, Chang HT. Balamuthia mandrillaris meningoencephalitis in an immunocompetent patient. Arch Pathol Lab Med 2004;128:466-8.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ