一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2008年(Vol.57)主に食物から感染する感染症の発症率に関する予備的F・・・

MMWR抄訳

rss

2008/04/11Vol. 57 / No. 14

MMWR57(14):366-370
Preliminary FoodNet Data on the Incidence of Infection with Pathogens Transmitted Commonly Through Food - 10 States, 2007

主に食物から感染する感染症の発症率に関する予備的FoodNetデータ-10州、2007年

CDCのEmerging Infections ProgramであるFoodNet(Foodbrone Disease Active Surveillance Network)は、国内10州から食物を介して感染する感染症に関するデータを収集しており、今回、2007年データの分析結果が報告された。2007年に対象となった調査人口は4550万人(10州、アメリカ全人口の15%)、食物を介した感染症の症例数は17,883例であり、病原菌の内訳はSalmonella(6,970例、10万人あたり14.92)、Campylobacter(5,818例、12.79)、Shigella(2,848例、6.26)、Cryptosporidium(1,216例、2.67)、志賀毒素産生性Escherichia coliO157(STEC O157、545例、1.20)、STEC非O157(260例、0.57)、Yersinia(163例、0.36)、Listeria(122例、0.27)、Vibrio(108例、0.24)、Cyclospora(13例、0.03)であった。5歳以下ではSalmonella(10万人あたり62.11)、Shigella(27.77)、Campylobacter(24.01)、STEC O157(3.66)の順に多く、溶血性尿毒症症候群(HUS)は2006年、18歳以下にて82例(10万人あたり0.78)、5歳未満にて58例(2.01)に認められた。2007年における各病原体による症例数を2004-2006年および1996-1998年と比較した場合、Cryptosporidiumは2004-2006年に比し44%増加、これは新薬(nitrazoxanide)認可に伴う検査の増加によると考えられる。一方、Yersinia、Listeria、Shigella、Campylobacter、STEC O157およびSalmonellaは1996-1998年に比し減少していた(それぞれ49%、42%、36%、31%、25%、8%)。また、アウトブレイクに関連した症例数はSTEC O157にて86例(15.8%)、Salmonellaにて364例(5.4%)とともに前年とほぼ同値であった。

References

  • Scallan E. Activities, achievements, and lessons learned during the first 10 years of the Foodborne Diseases Active Surveillance Network: 1996-2005. Clin Infect Dis 2007;44:718-25.
  • US Department of Health and Human Services. Healthy people 2010. Washington, DC: US Department of Health and Human Services; 2000. Available at <http://www.healthypeople.gov>.
  • CDC. Laboratory-confirmed non-O157 Shiga toxin-producing Escherichia coli-Connecticut, 2000-2005. MMWR 2007;56:29-31.
  • CDC. Multistate outbreak of Salmonella serotype Tennessee infections associated with peanut butter-United States, 2006-2007. MMWR 2007;57:521-4.
  • CDC. Multistate outbreak of human Salmonella infections associated with exposure to turtles-United States, 2007-2008. MMWR 2008; 57:69-72.
  • US Department of Agriculture, Food Safety and Inspection Service. FSIS seeks comments on Salmonella sampling programs and activities. Washington, DC: US Department of Agriculture; 2008. Available at <http://www.fsis.usda.gov/oppde/rdad/frpubs/2006-0034.pdf>.
  • US Department of Agriculture, Food Safety and Inspection Service. Progress report on Salmonella testing of raw meat and poultry products, 1998-2007. Washington, DC: US Department of Agriculture; 2008. Available at <http://www.fsis.usda.gov/science/progress_report_salmonella_testing/index.asp>.
  • Fullerton KE, Ingram LA, Jones TF, et al. Sporadic Campylobacter infection in infants a population-based surveillance case-control study. Pediatr Infec Dis J 2007;26:19-24.
  • Jones TF, Ingram LA, Fullerton KE, et al. A case-control study of the epidemiology of sporadic Salmonella infection in infants. Pediatrics 2006;118:2380-7.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ