一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2021年(Vol.70)2回目のCOVID-19アウトブレイク中の高度看護・・・

MMWR抄訳

rss

2021/02/26Vol. 70 / No. 8

MMWR70(8):273-277
Suspected Recurrent SARS-CoV-2 Infections Among Residents of a Skilled Nursing Facility During a Second COVID-19 Outbreak — Kentucky, July–November 2020

2回目のCOVID-19アウトブレイク中の高度看護施設の居住者におけるSARS-CoV-2感染再発の疑い ― ケンタッキー州、2020年7月~11月

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の原因ウイルスであるSARS-CoV-2の再感染は、まれであると思われている。SARS-CoV-2感染後にはある程度の免疫が期待されるが、防御の期間および程度に関するエビデンスについてはまだ始まったばかりである。ケンタッキー州の公衆衛生局(KDPH)と地域保健局は、2020年7月の最初のアウトブレイクから3カ月後の10月に2回目のCOVID-19アウトブレイクを経験した高度看護施設(SNF)で調査を実施した。最初のアウトブレイクでは、インデックス患者は症候性の医療従事者(HCP)であった。7月16日~8月11日、この施設の入居者115名のうち20名(17.4%)と143名のHCPのうち5名(3.5%)が、SARS-CoV-2検査結果が陽性であり、全体の発病率は9.7%であった。COVID-19であった入居者のうち8名(40.0%)が入院し、5名(25.0%)が死亡した。COVID-19であったHCPに入院や死亡はなかった。2回目のアウトブレイクでは、10月30日~12月7日、入居者114名のうち85名(74.6%)と146名のHCPのうち43名(29.5%)が検査結果陽性であり、発病率は49.2%であった。2回目のアウトブレイクで特定された85名の入居者のうち、15名(17.6%)が死亡したが、HCPの死亡はなかった。最初のアウトブレイクで検査結果が陽性であり、10月にも施設にまだ入居していた12名中、5名が2回目のアウトブレイク時の検査結果も陽性であり、これらの症例を再発例として分類した。最初のアウトブレイクで検査結果が陽性であったHCPのうち、2回目のアウトブレイク時にこの施設で働いていたのは1名のみであり、2回目の検査結果は陽性ではなかった。5名の再発例のうち、最初のアウトブレイク中に症状があったのは2名のみであり、発熱や呼吸器症状はなく、入院もせず、2回目のアウトブレイクの前に症状は解消していた。5名の重症度は、2回目のアウトブレイク中にて最初のアウトブレイク中よりも悪くなり、1名は入院し死亡した。試験サンプルが保管されなかったため、系統発生株の比較はできなかった。ただし、2名の症候性患者がアウトブレイクの間の期間に症状解消し、2回目のアウトブレイク時に検査で陽性になる前の5名全員が少なくとも4回連続でRT-PCR検査が陰性であり、1回目と2回目のアウトブレイクにおける3カ月の間隔があったことは、再感染が起こった可能性を示唆している。物理的距離の維持、フェイスカバーやマスクの着用、頻繁な手指衛生は、SARS-CoV-2がSNF入居者、特にCOVID-19関連の転帰が不良となる可能性がある感染リスクの高い集団への感染を予防するために、重要な感染緩和戦略である。検査、封じ込め戦略(隔離と検疫)、入居者とHCPへの予防接種も、感染リスクの高い入居者を保護するために不可欠な要素である。今回の研究の結果は、COVID-19感染歴のある人でも、感染リスクを低減する公衆衛生上の感染緩和および防護戦略を継続することの重要性を強調している。

References

  • Tomassini S, Kotecha D, Bird PW, Folwell A, Biju S, Tang JW. Setting the criteria for SARS-CoV-2 reinfection—six possible cases. J Infect 2021;82:282–327. PMID:32800801 <https://doi.org/10.1016/j.jinf.2020.08.011>
  • Iwasaki A. What reinfections mean for COVID-19. Lancet Infect Dis 2021;21:3–5. PMID:33058796 <https://doi.org/10.1016/S1473-3099(20)30783-0>
  • Choi B, Choudhary MC, Regan J, et al. Persistence and evolution of SARS-CoV-2 in an immunocompromised host. N Engl J Med 2020;383:2291–3. PMID:33176080 <https://doi.org/10.1056/NEJMc2031364>
  • Magleby R, Wesblade LF, Trzebucki A, et al. Impact of severe acute respiratory syndrome coronavirus 2 viral load on risk of intubation and mortality among hospitalized patients with coronavirus disease 2019. Clin Infect Dis 2020. Epub June 30, 2021. <https://academic.oup.com/cid/advancearticle/doi/10.1093/cid/ciaa851/5865363>
  • Ibarrondo FJ, Fulcher JA, Goodman-Meza D, et al. Rapid decay of anti-SARS-CoV-2 antibodies in persons with mild COVID-19. N Engl J Med 2020;383:1085–7. PMID:32706954 <https://doi.org/10.1056/NEJMc2025179>
  • Chen Y, Klein SL, Garibaldi BT, et al. Aging in COVID-19: vulnerability, immunity and intervention. Ageing Res Rev 2021;65:101205. PMID:33137510 <https://doi.org/10.1016/j.arr.2020.101205>
  • Feaster M, Goh YY. Proportion of asymptomatic SARS-CoV-2 infections in 9 long-term care facilities, Pasadena, California, USA, April 2020. Emerg Infect Dis 2020;26:2416–9. PMID:32614768 <https://doi.org/10.3201/eid2610.202694>
  • Shi SM, Bakaev I, Chen H, Travison TG, Berry SD. Risk factors, presentation, and course of coronavirus disease 2019 in a large, academic long-term care facility. J Am Med Dir Assoc 2020;21:1378–83. PMID:32981664 <https://doi.org/10.1016/j.jamda.2020.08.027>
  • CDC. COVID-19: common investigative protocol for investigating suspected SARS-CoV-2 reinfection. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2020. <https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/php/reinfection.html>
  • Dooling K, McClung N, Chamberland M, et al. The Advisory Committee on Immunization Practices’ interim recommendation for allocating initial supplies of COVID-19 vaccine—United States, 2020. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2020;69:1857–9. PMID:33301429 <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6949e1>

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ