一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2021年(Vol.70)非医療関連の職場におけるCOVID-19予防のため・・・

MMWR抄訳

rss

2021/02/19Vol. 70 / No. 7

MMWR70(7):250-253
Required and Voluntary Occupational Use of Hazard Controls for COVID-19 Prevention in Non–Health Care Workplaces — United States, June 2020

非医療関連の職場におけるCOVID-19予防のためのハザードコントロールの必須または自主的な職務上での使用 ― アメリカ、2020年6月

職場での新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染を低減するためには、物理的障壁、布製フェイスマスク、その他の個人防護具(PPE)などの確実なハザードコントロールが推奨される。CDCのNational Institute for Occupational Safety and Healthは2020年6月のSummerStyles Surveyデータを使用し、アメリカの非医療従事者におけるCOVID-19関連の職務上ハザードコントロールの必須使用および自主的使用について調査した。回答率は62.7%(4,053名)であり、そのうち非就労者(1,409名)、2021年3月1日以降は主に在宅勤務(819名)、COVID-19パンデミック前から職場でPPEを使用(1,038名)、医療従事者(23名)、ハザードコントロールの使用に関する質問に無回答(22名)であった回答者を除いた742名を分析対象とした。その結果、約半数(45.6%)の非医療従事者が職場でのハザードコントロールを使用しており、その多くは雇用主からの要求に従ったものであり(55.5%)、自主的使用は44.5%であった。ハザードコントロールを使用しない理由として、使用を禁止されている(8.1%)、入手できなかった(14.8%)、必要ではないと思った(77.2%)などが挙げられた。全体的に低所得就労者では高所得就労者に比較して、ハザードコントロールの使用を禁止された(6.8% vs. 2.5%)、入手できなかった(12.6% vs. 4.5%)人が多い傾向であった。また、高所得就労者では低所得就労者に比較して雇用主からの要求によりハザードコントロールを使用(27.7% vs. 22.3%)、または使用を求められた(48.9% vs. 41.5%)人が多い傾向であった。ハザードコントロールを自主的に使用した就労者は540名(28.9%)であり、使用を求められなかった就労者のうち29.7%が自分で用意して使用していた。自主的に使用した就労者のうち雇用主からハザードコントロールが提供された就労者は45.2%、提供されなかった就労者は23.0%、リスク差は22.3%であり、高所得就労者と低所得就労者の間にリスク差に関する有意差は認めなかった(それぞれ16.3%、31.0%)。以上、非医療関連の職場ではCOVID-19予防のためのハザードコントロールを使用する就労者が半数未満であり、雇用主からの使用の要求は半数をわずかに超えるものであった。自主的使用はハザードコントロールが提供された就労者にて約2倍多く行われており、雇用主が就労者に対しハザードコントロールの使用を要求および提供することにより、就労者をCOVID-19から保護するのに役立つ可能性がある。

References

  • CDC. Guidance for businesses and employers responding to coronavirus disease 2019 (COVID-19). Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2020. <https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/community/guidance-business-response.html>
  • Occupational Safety and Health Administration. Guidance on preparing workplaces for COVID-19. Washington, DC: US Department of Labor, Occupational Safety and Health Administration; 2020. <https://www.osha.gov/Publications/OSHA3990.pdf>
  • Raifman MA, Raifman JR. Disparities in the population at risk of severe illness from COVID-19 by race/ethnicity and income. Am J Prev Med 2020;59:137–9. PMID:32430225 <https://doi.org/10.1016/j.amepre.2020.04.003>
  • Landsbergis PA, Grzywacz JG, LaMontagne AD. Work organization, job insecurity, and occupational health disparities. Am J Ind Med 2014;57:495–515. PMID:23074099 <https://doi.org/10.1002/ajim.22126>
  • Bureau of Labor Statistics. Labor force statistics from the Current Population Survey: technical documentation. Washington, DC: US Department of Labor, Bureau of Labor Statistics; 2020. <https://www.bls.gov/cps/documentation.htm>
  • US Census Bureau. Poverty thresholds by size of family and number of children. Washington, DC: US Department of Commerce, US Census Bureau; 2020. <https://www.census.gov/data/tables/time-series/demo/income-poverty/historical-poverty-thresholds.html>
  • Schneider D, Harknett K. Essential and unprotected: COVID-19-related health and safety procedures for service-sector workers. Cambridge, MA: The Shift Project; 2020. <https://shift.hks.harvard.edu/files/2020/05/Essential-and-Unprotected-COVID-19-Health-Safety.pdf>
  • Occupational Safety and Health Administration. Updated interim enforcement response plan for coronavirus disease 2019 (COVID-19). Washington, DC: US Department of Labor, Occupational Safety and Health Administration; 202c0. <https://www.osha.gov/memos/2020-05-19/updated-interim-enforcement-response-plan-coronavirus-disease-2019-covid-19>
  • Dennerlein JT, Burke L, Sabbath EL, et al. An integrative total worker health framework for keeping workers safe and healthy during the COVID-19 pandemic. Hum Factors 2020;62:689–96. PMID:32515231 <https://doi.org/10.1177/0018720820932699>

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ