一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2021年(Vol.70)薬物および合成オピオイド過剰摂取による死亡の傾向と・・・

MMWR抄訳

rss

2021/02/12Vol. 70 / No. 6

MMWR70(6):202-207
Trends and Geographic Patterns in Drug and Synthetic Opioid Overdose Deaths — United States, 2013–2019

薬物および合成オピオイド過剰摂取による死亡の傾向と地理的パターン ― アメリカ、2013年~2019年

メサドン以外の合成オピオイド(大半が違法に製造されたフェンタニル)、乱用の可能性がある精神刺激剤(メタンフェタミンなど)、コカインが関与する死亡は、近年、特に2013年以降で増加している。2019年には合計70,630人が薬物過剰摂取により死亡し(年齢で調整した人口10万人あたりの死亡率は21.6人に相当)、2018年の死亡率(同20.7人)から4.3%増加した。CDCは、2013年~2019年の合成オピオイド、精神刺激剤、コカイン、ヘロイン、処方オピオイドに関連する過剰摂取による年齢で調整した死亡率の傾向について、また、2018年~2019年の合成オピオイドと精神刺激剤が関与する死亡の地理的パターンについて分析した。2013年から2019年にかけて人口10万人あたりの死亡率は、合成オピオイドでは1.0人から11.4人に1,040%増加し(3,105人から36,359人)、精神刺激剤では1.2人から5.0人に317%増加した(3,627人から16,167人)。合成オピオイドが同時に関与する場合、処方オピオイド、ヘロイン、精神刺激剤、コカインの死亡率は増加し、合成オピオイドが同時に関与しない場合では、死亡率は精神刺激剤とコカインでのみ増加した。合成オピオイドが関与する死亡率は西部にて最大に相対的増加を示した(67.9%)。合計20州で、合成オピオイドが関与する死亡率の相対的増加が認められ、コロラド州で最大であった(95.5%)。同時期の精神刺激剤が関与する死亡率は北東部にて最大に相対的増加を示した(43.8%)。24州にて精神刺激剤が関与する死亡率の相対的増加が認められ、カンザス州で最大であった(107.1%)。これらの増加は、薬物過剰摂取による死亡の地理的分布における重要な変化を表している。各種薬物使用に焦点をあてた物質使用障害の治療、過剰摂取の予防対策の取り組みを含むエビデンスに基づいた予防対策の戦略は、進化する薬物過剰摂取の蔓延に適応させていく必要がある。

References

  • Wilson N, Kariisa M, Seth P, Smith H 4th, Davis NL. Drug and opioid-involved overdose deaths—United States, 2017–2018. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2020;69:290–7. PMID:32191688 <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6911a4>
  • Kariisa M, Scholl L, Wilson N, Seth P, Hoots B. Drug overdose deaths involving cocaine and psychostimulants with abuse potential—United States, 2003–2017. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2019;68:388–95. PMID:31048676 <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6817a3>
  • Hedegaard H, Miniño AM, Warner M. Drug overdose deaths in the United States, 1999–2019. NCHS Data Brief, no 394. Hyattsville, MD: US Department of Health and Human Services, CDC, National Center for Health Statistics; 2020. <https://www.cdc.gov/nchs/data/databriefs/ db394-H.pdf>
  • Seth P, Scholl L, Rudd RA, Bacon S. Overdose deaths involving opioids, cocaine, and psychostimulants—United States, 2015–2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2018;67:349–58. PMID:29596405 <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6712a1>
  • Gladden RM, O’Donnell J, Mattson CL, Seth P. Changes in opioid-involved overdose deaths by opioid type and presence of benzodiazepines, cocaine, and methamphetamine—25 states, July–December 2017 to January–June 2018. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2019;68:737–44. PMID:31465320 <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6834a2>
  • O’Donnell J, Gladden RM, Mattson CL, Hunter CT, Davis NL. Vital signs: characteristics of drug overdose deaths involving opioids and stimulants—24 states and the District of Columbia, January–June 2019. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2020;69:1189–97. PMID:32881854 <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6935a1>
  • Wilde M, Pichini S, Pacifici R, et al. Metabolic pathways and potencies of new fentanyl analogs. Front Pharmacol 2019;10:238. PMID:31024296 <https://doi.org/10.3389/fphar.2019.00238>
  • Drug Enforcement Administration, Diversion Control Division. National Forensic Laboratory Information. System: NFLIS-Drug 2019 annual report. Springfield, VA: US Department of Justice, Drug Enforcement Administration; 2020. <https://www.nflis.deadiversion.usdoj.gov/DesktopModules/ReportDownloads/Reports/NFLIS-Drug-AR2019.pdf>
  • Drug Enforcement Administration. 2019 national drug threat assessment. Washington, DC: US Department of Justice, Drug Enforcement Administration; 2019. <https://www.dea.gov/sites/default/files/2020-01/2019-NDTA-final-01-14-2020_Low_Web-DIR-007-20_2019_1.pdf>

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ