一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2021年(Vol.70)SARS-CoV-2 B.1.1.7系統の出現 ―・・・

MMWR抄訳

rss

2021/01/22Vol. 70 / No. 3

MMWR70(3):95-99
Emergence of SARS-CoV-2 B.1.1.7 Lineage — United States, December 29, 2020–January 12, 2021

SARS-CoV-2 B.1.1.7系統の出現 ― アメリカ、2020年12月29日~2021年1月12日

2021年12月14日、イギリスはSARS-CoV-2の懸念される変異株(VOC)としてB.1.1.7系統(VOC 202012/01または20I/501Y.V1)を報告した。B.1.1.7変異株は2020年9月に出現したと推定され、イギリスにて急速に蔓延し、アメリカを含む30カ国以上にて検出され、2021年1月13日時点ではアメリカ12州にて約76例にB.1.1.7が確認されている。2020年の晩秋、より感染力の高いSARS-CoV-2変異株の検出が複数の国から報告された。B.1.1.7変異株に加えて、注目すべき変異株には、南アフリカにて最初に検出されたB.1.351系統、羽田(東京)でのルーチン検査にてブラジルからの旅行者4名から検出されたB.1.1.28サブクレード(後にP.1に名称変更)などがある。これらの変異株はウイルス侵入を促進する宿主細胞のアンジオテンシン変換酵素2(ACE-2)受容体への結合に不可欠なスパイク(S)タンパク質受容体結合ドメインを含む遺伝子変異の発現が生じている。これらの変異株が伝播性を増強するのみでなく、RT-PCR検査の診断能への影響、中和抗体に対する感受性の低下などをもたらすエビデンスが示されている。B.1.1.7変異株はSタンパク質変異(N501Y)の発現を生じ、N501Yは受容体結合ドメインの結合に影響する。そのほかに伝播性増強に影響する部位69、70欠損(del69-70)変異もある。del69-70はPCR検査の結果が偽陰性となるS-gene target failure (SGTF)を引き起こす。B.1.1.7は他のSARS-CoV-2変異株に比べ感染力が高く、B.1.1.7シークエンスの割合が高いイギリスの地域では蔓延の速度が他の地域より速い。B.1.1.7株は今後数ヵ月でアメリカにおけるパンデミックの軌跡を拡大する可能性がある。021年1月1日の10万人あたりの罹患率を60例に基づき、2コンパートメントモデルにより、全感染者におけるB.1.1.7の保有率を0.5%、既感染者の10~30%がSARS-CoV-2免疫を獲得、実効再生産数(Rt)を1.1または0.9と仮定した。さらに2021年1月1日から1日あたり100万回のワクチン接種が行われ、2回の接種から14日後に95%が免疫獲得されたと仮定して、ワクチン接種の影響をモデル化した。その結果、B.1.1.7は現在の流行株より感染力が高いため、2021年初頭より急速に増加し、3月には主要変異株になると予想された。1月に現在の変異株の感染が増加(Rt=1.1)または緩徐に減少(Rt=0.9)した場合、B.1.1.7は感染軌跡を大きく変更し、指数関数的増大を示す新しいフェーズに入る。感染予防ワクチンを接種しても初期の流行の軌跡は変わらず、B.1.1.7の蔓延は生じるが、B.1.1.7が優勢株となった後、感染は実質上、抑制されると予想される。早期の取り組みはB.1.1.7の蔓延を制限する可能性があるが、継続的なワクチン接種による高い集団免疫獲得の達成には、時間が必要と考えられる。

References

  • Public Health England. Investigation of novel SARS-CoV-2 variant: variant of concern 202012/01, technical briefing 3. London, United Kingdom: Public Health England; 2020. <https://assets.publishing.service.gov.uk/government/uploads/system/uploads/attachment_data/file/950823/Variant_of_Concern_VOC_202012_01_Technical_Briefing_3_-_England.pdf>
  • Kemp SA, Harvey WT, Datir RP, et al. Recurrent emergence and transmission of a SARS-CoV-2 spike deletion ΔH69/V70. bioRxiv [Preprint posted online January 14, 2021]. <https://www.biorxiv.org/content/10.1101/2020.12.14.422555v4>
  • Volz E, Mishra S, Chand M, et al. Transmission of SARS-CoV-2 lineage B.1.1.7 in England: insights from linking epidemiological and genetic data. medRxiv [Preprint posted online January 4, 2021]. <https://www.medrxiv.org/content/10.1101/2020.12.30.20249034v2>
  • Honein MA, Christie A, Rose DA, et al.; CDC COVID-19 Response Team. Summary of guidance for public health strategies to address high levels of community transmission of SARS-CoV-2 and related deaths, December 2020. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2020;69:1860–7. PMID:33301434 <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6949e2>
  • Volz E, Hill V, McCrone JT, et al.; COG-UK Consortium. Evaluating the effects of SARS-CoV-2 spike mutation D614G on transmissibility and pathogenicity. Cell 2021;184:64–75.e11. PMID:33275900 <https://doi.org/10.1016/j.cell.2020.11.020>
  • Korber B, Fischer WM, Gnanakaran S, et al.; Sheffield COVID-19 Genomics Group. Tracking changes in SARS-CoV-2 spike: evidence that D614G increases infectivity of the COVID-19 virus. Cell 2020;182:812–27. PMID:32697968 <https://doi.org/10.1016/j.cell.2020.06.043>
  • McCarthy KR, Rennick LJ, Namnulli S, et al. Natural deletions in the SARS-CoV-2 spike glycoprotein drive antibody escape. bioRxiv [Preprint posted online November 19, 2020]. <https://www.biorxiv.org/content/10.1101/2020.11.19.389916v1>
  • Washington NL, White S, Schiabor KM, Cirulli ET, Bolze A, Lu JT. S gene dropout patterns in SARS-CoV-2 tests suggest spread of the H69del/V70del mutation in the US. medRxiv [Preprint posted online December 30, 2020]. <https://www.medrxiv.org/content/10.1101/2020.12.24.20248814v1>
  • Weisblum Y, Schmidt F, Zhang F, et al. Escape from neutralizing antibodies by SARS-CoV-2 spike protein variants. eLife 2020;9:e61312. PMID:33112236 <https://doi.org/10.7554/eLife.61312>
  • Greaney AJ, Loes AN, Crawford KHD, et al. Comprehensive mapping of mutations to the SARS-CoV-2 receptor-binding domain that affect recognition by polyclonal human serum antibodies. bioRxiv [Preprint posted online January 4, 2021]. <https://www.biorxiv.org/content/10.1101/2020.12.31.425021v1>

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ