一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2021年(Vol.70)CDCのEmergency Management ・・・

MMWR抄訳

rss

2021/01/15Vol. 70 / No. 2

MMWR70(2):36-39
CDC’s Emergency Management Program Activities — Worldwide, 2013–2018

CDCのEmergency Management Program活動 ― 全世界、2013年~2018年

CDCは、機関が感染症アウトブレイク、災害(人災または天災)、セキュリティ事象に対応する準備を確実に行うようにするために、Emergency Management Program(EMP)活動を継続的に評価している。EMPにはIncident Management System(IMS)の有効化、EMP機能の使用(EMP利用)、演習が含まれる。このような評価は、特定の分析期間中におけるベースラインの準備と対応活動を記録するだけでなく、今後の緊急時オペレーションの指針となり、情報提供を可能にする重要なEMPアクションを際立たせる。2013年1月1日~2018年12月31日までの間に発生したEMP活動について明らかにするため、CDCはオペレーション活動記録のレトロスペクティブ分析を実施した。同期間、CDCは253件の国内および国際EMP活動を実施し、IMS有効化は12件、1EMP利用は47件、演習は94件であった。IMS有効化(58%)とEMP利用(52%)は感染症によって最も頻繁に引き起こされ、次いでIMS有効化に対する人災と自然災害(ともに17%)、EMP利用に対する人災(29%)が多かった。EMP活動の大半は国内で発生し(221件、87%)、EMP利用が最も頻繁に発生した(147件、58%)。EMP利用のうち、2件は薬物乱用の脅威に関係し、どちらにも、重要な公衆衛生インシデントメッセージであるHealth Alert Network通知の配布が含まれていた。演習のうち、6件(6%)はパンデミックインフルエンザ、人災イベント、天災、核/放射線イベントを含む感染症のアウトブレイクなどの脅威に対するCDCの準備につい考査するために実施された大規模な機能的演習であった。IMS有効化のうち、レベル3が9件、レベル2が1件、レベル1が2件で実施された。レベル1のイベントは2014年のエボラ蔓延対応および2016年のジカアウトブレイク対応で、それぞれ約2年続き、国内および国際的提携機関との広範囲な協力を要した。より複雑で新しい公衆衛生上の緊急事態が発生した場合、CDC、他の機関、プログラムは、これらのイベントに対応するためにIMSを適合し使用することが可能である。

References

  • CDC. CDC accredited for emergency management—2013. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2013. <https://www.cdc.gov/media/releases/2013/p1114-accredited-emergency-management.html>
  • CDC. CDC earns reaccreditation for emergency management—2018. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2018. <https://www.cdc.gov/media/releases/2018/p1219-emergency-management.html>
  • Leidel L, Groseclose SL, Burney B, Navin P, Wooster M. CDC’s Emergency Management Program activities—worldwide, 2003–2012. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2013;62:709–13. <https://www.cdc.gov/mmwr/preview/mmwrhtml/mm6235a2.htm.> PMID:24005225
  • Papagiotas SS, Frank M, Bruce S, Posid JM. From SARS to 2009 H1N1 influenza: the evolution of a public health incident management system at CDC. Public Health Rep 2012;127:267–74. <https://journals.sagepub.com/doi/10.1177/003335491212700306.> PMID:22547857 <https://doi.org/10.1177/003335491212700306>
  • Rouse EN, Zarecki SM, Flowers D, et al. Safe and effective deployment of personnel to support the Ebola response—West Africa. MMWR Suppl 2016;65:90–7. PMID:27387289
  • Martinez M, Shukla H, Ahmadzai M, et al. Progress toward poliomyelitis eradication—Afghanistan, January 2017–May 2018. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2018;67:833–7. PMID:30070983 <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6730a6>
  • Petersen EE, Meaney-Delman D, Neblett-Fanfair R, et al. Update: interim guidance for preconception counseling and prevention of sexual transmission of Zika virus for persons with possible Zika virus exposure—United States, September 2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:1077–81. PMID:27711033 <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6539e1>

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ