一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2021年(Vol.70)がん検診の受診 ― アメリカ、2018年

MMWR抄訳

rss

2021/01/15Vol. 70 / No. 2

MMWR70(2):29-35
Cancer Screening Test Receipt — United States, 2018

がん検診の受診 ― アメリカ、2018年

乳がん、子宮頸がん、大腸がん(CRC)のスクリーニングは、これらのがんによる死亡率を低下させるが、検診の受診は国の目標値を下回っており、特定の集団での格差が認められる。2018年のNational Health Interview Surveyデータを分析し、U.S. Preventive Services Task Forceのスクリーニング推奨による最近の検診を受けた成人の割合を推定した。50~74歳の女性で最近(2年以内)に乳がん検診のマンモグラフィーを受けた割合は72.4%(年齢で調整した割合:72.3%)であり、国のHealthy People 2020(HP2020)の目標値(81.1%)を下回っている。検診受診率の低さは、学歴や収入の低さ、かかりつけ医がない、保険未加入または公的医療保険のみと関連していた。最近のマンモグラフィーを受けた女性の割合は年によって大きく変動していないが、絶対数は増加している。検診を受診した女性の推定数(分子)は、2005年が4,097,142名、2018年が5,558,224名であり、検診の対象年齢である50~74歳の女性人口(分母)の増加を反映していた。21~65歳の女性で最近に子宮頸がん検診(3年以内のPapテストと5年以内のヒトパピローマウイルステスト)を受けた割合は82.9%(年齢で調整した割合:83.4%)であり、HP2020の目標値(93.0%)を下回っている。検診受診率の低さは、若年者層および高齢者層、アジア人、学歴や収入の低さ、アメリカ居住歴の短さ、ゲイまたはレズビアン、かかりつけ医がない、保険未加入または公的医療保険のみと関連していた。子宮頸がん検診受診率は、2005年の85.3%から2013年には80.5%に低下したが、2018年には82.9%に上昇した。50~75歳における最近にCRC検診(1年以内の検便または免疫学的便潜血検査(FIT)、10年以内の内視鏡検査、5年以内のCT検査またはS状結腸鏡検査、あるいは3年以内のFIT-DNA検査)を受けた割合は66.9%であり(年齢で調整した割合:66.7%)、HP2020の目標値(70.5%)に近かった。検診受診率の低さは、50~64歳、アメリカインディアン/アラスカ先住民、アジア人、ヒスパニック系、学歴や収入の低さ、外国生まれ、かかりつけ医がない、軍人保険以外の健康保険加入者または保健未加入者と関連していた。検診受診率は、2005年(46.6%)以降に増加した。以上、継続的なモニタリングは、目標に向けた進捗状況を評価するのに役立つとともに、スクリーニング検査の利用を促進し、十分な医療サービスを受けていない集団に対する障壁を減少させるための取り組みへの情報提供を助ける可能性がある。

References

  • White A, Thompson TD, White MC, et al. Cancer screening test use—United States, 2015. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2017;66:201–6. PMID:28253225 <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6608a1>
  • Sabatino SA, White MC, Thompson TD, Klabunde CN; CDC. Cancer screening test use—United States, 2013. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:464–8. PMID:25950253
  • CDC. National Health Interview Survey: survey description. Hyattsville, MD: US Department of Health and Human Services, CDC, National Center for Health Statistics; 2019. <ftp://ftp.cdc.gov/pub/Health_Statistics/NCHS/Dataset_Documentation/NHIS/2018/srvydesc.pdf.>
  • Parker JD, Talih M, Malec DJ, et al. National Center for Health Statistics data presentation standards for proportions. Vital Health Stat 2 2017;2:1–22. PMID:30248016
  • Shapiro JA, Klabunde CN, Thompson TD, Nadel MR, Seeff LC, White A. Patterns of colorectal cancer test use, including CT colonography, in the 2010 National Health Interview Survey. Cancer Epidemiol Biomarkers Prev 2012;21:895–904. PMID:22490320 <https://doi.org/10.1158/1055-9965.EPI-12-0192>
  • Swan J, Breen N, Coates RJ, Rimer BK, Lee NC. Progress in cancer screening practices in the United States: results from the 2000 National Health Interview Survey. Cancer 2003;97:1528–40. PMID:12627518 <https://doi.org/10.1002/cncr.11208>
  • CDC. National Health Interview Survey: long-term trends in health insurance. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC: 2019. <https://www.cdc.gov/nchs/data/nhis/health_insurance/TrendHealthInsurance1968_2018.pdf.>
  • Butterly LF, Nadel MR, Anderson JC, et al. Impact of colonoscopy bowel preparation quality on follow-up interval recommendations for average-risk patients with normal screening colonoscopies. J Clin Gastroenterol 2020;54:356–64. PMID:30106836 <https://doi.org/10.1097/MCG.0000000000001115>
  • Nadel MR, Royalty J, Joseph D, et al. Variations in screening quality in a federal colorectal cancer screening program for the uninsured. Prev Chronic Dis 2019;16:E67. PMID:31146803 <https://doi.org/10.5888/pcd16.180452>
  • de Moor JS, Cohen RA, Shapiro JA, et al. Colorectal cancer screening in the United States: trends from 2008 to 2015 and variation by health insurance coverage. Prev Med 2018;112:199–206. PMID:29729288 <https://doi.org/10.1016/j.ypmed.2018.05.001>

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ