一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2020年(Vol.69)補助食品導入のタイミング ― アメリカ、2016年・・・

MMWR抄訳

rss

2020/11/27Vol. 69 / No. 47

MMWR69(47):1787-1791
Timing of Introduction of Complementary Foods — United States, 2016–2018

補助食品導入のタイミング ― アメリカ、2016年~2018年

アメリカ小児科学会は、生後約6カ月の乳児に対する補助食品(母乳または乳児用調製粉乳以外の固形物や液体など)の導入を推奨している。理想的なタイミングに関する意見は一致していないが、ほとんど専門家が、生後4カ月より前に補助食品導入するのは、乳児の消化管と消化管運動が未熟であることから、早すぎると考えている。さらに、早期導入により、母乳だけで乳児を育てられないようになり、過体重や肥満のリスク増加に関係する可能性がある。補助食に関する全国的なデータは限られており、州ごとの推定値はこれまで不明であった。CDCは、2016年~2018年のNational Survey of Children’s Healthのデータを分析し、1~5歳児における補助食導入のタイミングと生後4カ月以前の早期補助食品導入の割合(早期導入率)について説明する。1~5歳の幼児23,927名における補助食品導入時の平均年齢は4.7カ月で、生後4カ月未満が31.9%、4~6カ月が51.0%、7~11カ月で17.1%であった。早期導入率は、社会人口学的な層別により異なっており、非ヒスパニック系黒人(黒人)では40.5%と他の人種/民族と比較して有意に高く、非ヒスパニック系アジア人(23.8%)では、ヒスパニック系(29.9%)を除いた他の人種/民族と比較して有意に低かった。また、幼児の世帯収入が連邦貧困水準の400%以上(28.5%)、母親が大卒以上(27.7%)にて、他の群と比較して有意に低かった。さらに、生後4カ月時の授乳状況によっても有意に異なり、母乳のみで18.5%、母乳+乳児用調製粉乳で32.1%、乳児用調製粉乳のみで41.6%であった。州別での早期導入率は、18.0%(ニューメキシコ州)~49.0%(ミシシッピ州)であった。これらの推定値は、多くの乳児が発達上の準備が整う前に補助食品を導入されていることを示唆している。乳児の食事習慣に影響を与える可能性のある医療ケア従事者やその他の人々による取り組みは、補助食品を早期に導入する乳児の数を減らすのに役立つ可能性がある。

References

  • American Academy of Pediatrics Committee on Nutrition. Feeding the infant. In: Kleinman RE, Greer FR, eds. Pediatric nutrition. 8th ed. Itasca, IL: American Academy of Pediatrics; 2019.
  • Pérez-Escamilla R, Segura-Pérez S, Lott M. Feeding guidelines for infants and young toddlers: a responsive parenting approach. Durham, NC: Healthy Eating Research; 2017.
  • English LK, Obbagy JE, Wong YP, et al. Timing of introduction of complementary foods and beverages and growth, size, and body composition: a systematic review. AM J Clin Nutr, 2019; 109(Suppl_7):935S–55S.
  • Child and Adolescent Health Measurement Initiative. About the National Survey of Children’s Health. Baltimore, MD: Data Resource Center for Child and Adolescent Health; 2019. <https://www.childhealthdata.org/learn-about-the-nsch/NSCH>
  • Clayton HB, Li R, Perrine CG, Scanlon KS. Prevalence and reasons for introducing infants early to solid foods: variations by milk feeding type. Pediatrics 2013;131:e1108–14. PMID:23530169 <https://doi.org/10.1542/peds.2012-2265>
  • Kramer MS, Kakuma R. Optimal duration of exclusive breastfeeding. Cochrane Database Syst Rev 2012;8:CD003517. PMID:22895934
  • American Academy of Pediatrics Institute for Healthy Childhood Weight. Educating and engaging parents and families. Building a Foundation for Healthy Active Living. Itasca, IL: American Academy of Pediatrics Institute for Healthy Childhood Weight; 2020. <https://ihcw.aap.org/Pages/EFHALF_parents.aspx>
  • Barrera CM, Hamner HC, Perrine CG, Scanlon KS. Timing of introduction of complementary foods to US infants, National Health and Nutrition Examination Survey 2009–2014. J Acad Nutr Diet 2018;118:464–70. PMID:29307590 <https://doi.org/10.1016/j.jand.2017.10.020>
  • Togias A, Cooper SF, Acebal ML, et al. Addendum guidelines for the prevention of peanut allergy in the United States: report of the National Institute of Allergy and Infectious Diseases–sponsored expert panel. Ann Allergy Asthma Immunol 2017;118:166–173.e7. PMID:28065802 <https://doi.org/10.1016/j.anai.2016.10.004>
  • Li R, Scanlon KS, Serdula MK. The validity and reliability of maternal recall of breastfeeding practice. Nutr Rev 2005;63:103–10. PMID:15869124 <https://doi.org/10.1111/j.1753-4887.2005.tb00128>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ