一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2020年(Vol.69)妊婦におけるインフルエンザおよびTdapワクチン接・・・

MMWR抄訳

rss

2020/10/02Vol. 69 / No. 39

MMWR69(39):1391-1397
Influenza and Tdap Vaccination Coverage Among Pregnant Women — United States, April 2020

妊婦におけるインフルエンザおよびTdapワクチン接種率 ― アメリカ、2020年4月

妊婦へのインフルエンザワクチンと破傷風トキソイド・弱毒化ジフテリアトキソイド・無細胞性百日咳ワクチン(Tdap)の接種により、妊婦とその乳児におけるインフルエンザおよび百日咳のリスクを減少させることができる。Advisory Committee on Immunization Practices(ACIP)は、インフルエンザシーズン中に妊娠している、または妊娠する可能性のあるすべての女性に対し、インフルエンザワクチンを接種することを推奨しており、妊娠中いつでも接種可能である。また、ACIPは、妊娠のたびに、できれば妊娠27~36週の早期にTdapを接種することを推奨している。これらの推奨にもかかわらず、妊婦のワクチン接種率には人種/民族の格差が続いており、次善策と考えられている。CDCは、2019-20年インフルエンザシーズン中の妊婦におけるインフルエンザワクチンおよびTdapワクチンの接種率を評価するために、2020年4月に実施されたインターネットパネル調査のデータを分析した。2019年10月から2020年1月の間に妊娠した1,841名の回答者のうち、61.2%が妊娠前または妊娠中にインフルエンザワクチンを接種し、2018-19年シーズンの割合と比較して7.5パーセントポイント増加した。調査日までに生児を出産した463人の回答者のうち、56.6%が妊娠中にTdapを接種し、2018-19年シーズンの割合と同等であった。ワクチン接種率は、医療機関にて提案または接種先の紹介を受けた女性にて最も高かった(インフルエンザ:75.2%、Tdap:72.7%)。2018-19年シーズンと比較した2019-20年シーズン中のインフルエンザワクチン接種率は、非ヒスパニック系黒人(黒人)、ヒスパニック系、非ヒスパニック系その他人種(その他人種)の女性で、それぞれ14.7パーセントポイント(52.7%)、9.9パーセントポイント(67.2%)、7.9パーセントポイント(69.6%)増加したが、非ヒスパニック系白人(白人)女性(60.6%)では変化がなかった。2018-19年シーズンと同様にTdapワクチン接種率は、ヒスパニック系および黒人の女性にて(それぞれ35.8%と38.8%)、白人女性(65.5%)とその他人種の女性(54.0%)と比較して最も低く、さらに、2019-20年シーズンでは過去のシーズンと比較して、ヒスパニック系女性にてTdapワクチン接種率が低下した。インフルエンザワクチン接種率の人種的/民族的格差は減少したものの継続しており、医療機関にてワクチン接種を提案または接種先の紹介を受けた女性でも同様であった。Tdap接種の医療機関にて提案または接種先の紹介の受け入れは、ヒスパニック系女性(66.6%)、その他人種女性(71.3%)、白人女性(81.0%)よりも黒人女性(55.7%)にて低かった。すべての人種/民族の患者に文化的および言語的に合わせた会話を併用活用し、一貫した医療提供または紹介は、すべての人種/民族グループの妊婦における予防接種率を拡大し、接種率の格差を減らすことを可能にするかもしれない。

References

  • Grohskopf LA, Alyanak E, Broder KR, et al. Prevention and control of seasonal influenza with vaccines: recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices—United States, 2020–21 influenza season. MMWR Recomm Rep 2020;69(No. RR-9). <https://doi.org/10.15585/mmwr.rr6908a1>
  • Havers FP, Moro PL, Hunter P, Hariri S, Bernstein H. Use of tetanus toxoid, reduced diphtheria toxoid, and acellular pertussis vaccines: updated recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices—United States, 2019. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2020;69:77–83. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6903a5>
  • Liang JL, Tiwari T, Moro P, et al. Prevention of pertussis, tetanus, and diphtheria with vaccines in the United States: recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP). MMWR Recomm Rep 2018;67(No. RR-2). <https://doi.org/10.15585/mmwr.rr6702a1>
  • Lindley MC, Kahn KE, Bardenheier BH, et al. Vital signs: burden and prevention of influenza and pertussis among pregnant women and infants—United States. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2019;68:885–92. PMID:31600186 <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6840e1>
  • Kahn KE, Black CL, Ding H, et al. Influenza and Tdap vaccination coverage among pregnant women—United States, April 2018. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2018;67:1055–9. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6738a3>
  • Lu PJ, O’Halloran A, Bryan L, et al. Trends in racial/ethnic disparities in influenza vaccination coverage among adults during the 2007–08 through 2011–12 seasons. Am J Infect Control 2014;42:763–9. <https://doi.org/10.1016/j.ajic.2014.03.021>
  • Quinn SC, Jamison A, An J, Freimuth VS, Hancock GR, Musa D. Breaking down the monolith: understanding flu vaccine uptake among African Americans. SSM Popul Health 2018;4:25–36. <https://doi.org/10.1016/j.ssmph.2017.11.003>
  • Orenstein WA, Gellin BG, Beigi RH, et al.; National Vaccine Advisory Committee. Recommendations from the National Vaccine Advisory Committee: standards for adult immunization practice. Public Health Rep 2014;129:115–23. <https://doi.org/10.1177/003335491412900203>
  • Mazzoni SE, Brewer SE, Pyrzanowski JL, et al. Effect of a multi-modal intervention on immunization rates in obstetrics and gynecology clinics. Am J Obstet Gynecol 2016;214:617.e1–7. <https://doi.org/10.1016/j.ajog.2015.11.018>
  • Institute of Medicine. Unequal treatment: confronting racial and ethnic disparities in health care. Washington, DC: The National Academies Press. 2003.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ