一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2020年(Vol.69)深在性真菌症に対する国民の意識 ― アメリカ、20・・・

MMWR抄訳

rss

2020/09/25Vol. 69 / No. 38

MMWR69(38):1343-1346
Public Awareness of Invasive Fungal Diseases — United States, 2019

深在性真菌症に対する国民の意識 ― アメリカ、2019年

真菌症は軽微な皮膚やおよび粘膜の感染症から生命を脅かす播種性疾患まで多岐にわたり、直接医療費の年間推定額は72億ドルを超える。これらの疾患は過小診断される傾向にあり、診断および治療の遅れを改善するには医療関係者および一般市民の認識の向上が重要である。今回、オンラインのPorter Novelli’s Fall 2019 ConsumerStyles Surveyを利用して、18歳以上の4,677名に真菌感染症[アスペルギルス症、カンジダ感染(カンジダ症)、コクシジオイデス症(渓谷熱)、クリプトコッカス症、ブラストミセス症、ヒストプラズマ症]について聞いたことがあるかを質問した。回答率は77.5%で3,624名(男性1,756名、女1,868名、平均47歳、18~94歳)が調査を完了した。全体で31.1%がいずれかの真菌性疾患について聞いたことがあると回答し、認知度はブラストミセス症(4.1%)がもっとも低く、次いでアスペルギルス症(5.1%)、ヒストプラズマ症(7.5%)、コクシジオイデス症(7.6%)、クリプトコッカス症(9.0%)、カンジダ症(24.6%)の順で低かった。1つの真菌性疾患を知っている人では他の真菌性疾患についても認知度が高い傾向であった。女性、教育レベルの高さ、処方薬の多さは、いずれの疾患でも認知度と関連性があり、特に女性のカンジダ症の認知度は男性に比べて3倍以上高かった。処方薬数の多さは認知度の6~11%上昇と関連し、非白人または多民族の回答者では白人に比べ、カンジダ症、コクシジオイデス症の認知度が低かった。居住地域別では、西部が中西部に比べ、コクシジオイデス症の認知度の高さと有意に関連し、ブラストミセス症の認知度は中西部に比べ、北東部および南部にて低かった。真菌性疾患に対する国民の認識に関する調査は今回が初めてであり、今後の認識の違いについて評価する研究のベースラインとなるものである。また、真菌性疾患に対する国民の認知度を高めるため、継続的な戦略が必要であると思われる。

References

  • Benedict K, Jackson BR, Chiller T, Beer KD. Estimation of direct healthcare costs of fungal diseases in the United States. Clin Infect Dis 2019;68:1791–7. <https://doi.org/10.1093/cid/ciy776>
  • Vallabhaneni S, Mody RK, Walker T, Chiller T. The global burden of fungal diseases. Infect Dis Clin North Am 2016;30:1–11. <https://doi.org/10.1016/j.idc.2015.10.004>
  • Tsang CA, Anderson SM, Imholte SB, et al. Enhanced surveillance of coccidioidomycosis, Arizona, USA, 2007–2008. Emerg Infect Dis 2010;16:1738–44. <https://doi.org/10.3201/eid1611.100475>
  • Khan M, Brady S, Adame G, Komatsu K. Awareness and knowledge of coccidioidomycosis in Arizona: findings from the 2016 Behavioral Risk Factor Surveillance System. In: 10th International Conference on Emerging Infectious Diseases, Atlanta, Georgia, August 26–29, 2018.
  • Benedict K, McCotter OZ, Brady S, et al. Surveillance for coccidioidomycosis—United States, 2011–2017. MMWR Surveill Summ 2019;68(No. SS-7). <https://doi.org/10.15585/mmwr.ss6807a1>
  • Galgiani JN, Ampel NM, Blair JE, et al. 2016 Infectious Diseases Society of America (IDSA) clinical practice guideline for the treatment of coccidioidomycosis. Clin Infect Dis 2016;63:112–46. <https://doi.org/10.1093/cid/ciw360>
  • Benedict K, McCracken S, Signs K, et al. Enhanced surveillance for histoplasmosis—9 states, 2018–2019. Open Forum Infect Dis 2020;7. <https://doi.org/10.1093/ofid/ofaa343>
  • Ashraf N, Kubat RC, Poplin V, et al. Re-drawing the maps for endemic mycoses. Mycopathologia 2020. Epub February 10, 2020.
  • Rathod SD, Buffler PA. Highly-cited estimates of the cumulative incidence and recurrence of vulvovaginal candidiasis are inadequately documented. BMC Womens Health 2014;14:43. <https://doi.org/10.1186/1472-6874-14-43>
  • CDC. Health concerns associated with mold in water-damaged homes after Hurricanes Katrina and Rita—New Orleans area, Louisiana, October 2005. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2006;55:41–4.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ