一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2020年(Vol.69)若年就労者の致死的ではない業務上の障害 ― アメリ・・・

MMWR抄訳

rss

2020/09/04Vol. 69 / No. 35

MMWR69(35):1204-1209
Nonfatal Occupational Injuries to Younger Workers — United States, 2012–2018

若年就労者の致死的ではない業務上の障害 ― アメリカ、2012年~2018年

青年および若年成人は、アメリカの労働力の約13%を占めている。成人就労者と比較して、若年就労者(15~24歳)では仕事に関連した傷害を経験する割合が高い。CDCのNational Institute for Occupational Safety and Healthは、若年就労者における負傷について述べ、研究および予防活動について情報を提供するために、National Electronic Injury Surveillance Systemの職業的追補から2012年~2018年の全国データを、Bureau of Labor Statistics Survey of Occupational Injuries and Illnesses(SOII)から2018年の全国データを分析した。7年間で推定320万件の若年就労者における致命的でない業務上の傷害が病院の救急科(ED)で治療された。2012年から2018年までに、EDで治療された業務上の障害の年間発生率は、すべての年齢層で全体的に低下したが、25~44歳の成人と比較して、15~24歳の就労者では1.2~2.3倍増加し、18~19歳の就労者では発生率が最も高かった。SOIIデータの分析では、15~17歳、18~19歳、20~24歳において1日以上の欠勤が必要となった傷害の最も多かった原因は物体または機器との接触であり、それぞれ49%、44%、34%を占め、一方、25~44歳の就労者における同様の傷害の最も多かった原因は無理しすぎ(32%)であった。2018年では、すべての年齢層において、サービス業の就労者では、少なくとも1日以上の欠勤が必要となった傷害の割合が最も上昇した。15~17歳の就労者の中では、レジャーおよび接客業の就労者で、1日以上の欠勤が必要となった傷害の割合が最も上昇した。業務上の傷害は、健康に長期的な影響を与える可能性がある。若年就労者を保護するための包括的な公衆衛生戦略には、より安全な職場、法律の制定と実施、教育とトレーニングの設計と維持が必要である。

References

  • National Institute for Occupational Safety and Health. The Employed Labor Force Query System. Morgantown, WV: US Department of Health and Human Services, CDC, National Institute for Occupational Safety and Health; 2020. <https://wwwn.cdc.gov/Wisards/cps/default.aspx>
  • US Government Accountability Office. Working children: federal inquiry data and compliance strategies could be strengthened. Washington, DC: US Government Accountability Office; 2018. <https://www.gao.gov/products/GAO-19-26>
  • CDC. Occupational injuries and deaths among younger workers—United States, 1998–2007. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2010;59:449–55.
  • Koehoorn M, Breslin FC, Xu F. Investigating the longer-term health consequences of work-related injuries among youth. J Adolesc Health 2008;43:466–73. <https://doi.org/10.1016/j.jadohealth.2008.04.012>
  • National Institute for Occupational Safety and Health. Talking safety: teaching young workers about job safety and health. Cincinnati, OH: US Department of Health and Human Services, CDC, National Institute for Occupational Safety and Health; 2020. <https://www.cdc.gov/niosh/talkingsafety/>
  • Hanvold TN, Kines P, Nykänen M, et al. Occupational safety and health among young workers in the Nordic countries: a systematic literature review. Saf Health Work 2019;10:3–20. <https://doi.org/10.1016/j.shaw.2018.12.003>
  • Breslin FC, Smith P. Age-related differences in work injuries: a multivariate, population-based study. Am J Ind Med 2005;48:50–6. <https://doi.org/10.1002/ajim.20185>
  • Rauscher KJ, Runyan CW, Schulman MD, Bowling JM. US child labor violations in the retail and service industries: findings from a national survey of working adolescents. Am J Public Health 2008;98:1693–9. <https://doi.org/10.2105/AJPH.2007.122853>
  • Guerin RJ, Okun AH, Barile JP, Emshoff JG, Ediger MD, Baker DS. Preparing teens to stay safe and healthy on the job: a multilevel evaluation of the Talking Safety curriculum for middle schools and high schools. Prev Sci 2019;20:510–20. <https://doi.org/10.1007/s11121-019-01008-2>
  • Guerin RJ, Castillo D, Hendricks KJ, Howard J, Piacentino J, Okun AH. Preparing the future workforce for safe and healthy employment. Am J Public Health 2020;110:69–71. <https://doi.org/10.2105/AJPH.2019.305393>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ