一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2020年(Vol.69)救急外来にて治療された非致死性薬物および多剤過剰摂・・・

MMWR抄訳

rss

2020/08/28Vol. 69 / No. 34

MMWR69(34):1149-1155
Nonfatal Drug and Polydrug Overdoses Treated in Emergency Departments — 29 States, 2018–2019

救急外来にて治療された非致死性薬物および多剤過剰摂取 ― 29州、2018年~2019年

2017年、アメリカの救急外来(ED)では967,615件の非致死性薬物過剰摂取治療され、2016年に比べ全体で4.3%、オピオイド関連過剰摂取は3.1%増加した。2017年~2018年の18州における症候性サーベイランスでは、EDにて治療された薬物過剰摂取のうち37.2%が多剤摂取によるものであった。今回、非致死性薬物および多剤の過剰摂取が疑われる症例数と割合の変化について検討するため、29州の2018年~2019年におけるサーベイランスデータを分析した。2018年~2019年、オピオイド、コカイン、アンフェタミンによる非致死性過剰摂取の全体的な相対比率および絶対比率(ED受診100,000件あたり)は有意に増加し(オピオイド:各9.7%および12.9、コカイン:11.0%および0.7、アンフェタミン:18.3%および1.3)、ベンゾジアゼピンの過剰摂取は有意に低下した(ベンゾジアゼピン:各-3.0%および-0.5)。オピオイドの相対比率および絶対比率は男性、女性およびすべての年齢層において有意に増加し、コカインは男女ともに増加、35~44歳、55歳以上にて有意に増加、アンフェタミンは男女ともに増加、15~24歳を除くすべての年齢層にて増加した。ベンゾジアゼピンは女性および15~24歳にて有意に減少した。アメリカ国勢調査地域別では、オピオイドの過剰摂取は南部、中西部、西部、コカインは南部、中西部、アンフェタミンは北東部、南部、西部にて増加し、ベンゾジアゼピンは中西部にて減少した。また、オピオイドの過剰摂取は都市部、農村部ともに有意に増加した。多剤過剰摂取では、オピオイド+アンフェタミンにて有意な増加を男女ともに、45~54歳を除いたすべての年齢層、北東部、南部、西部、および都市部にて認めた。また、2019年、EDにて治療されたすべての薬物過剰摂取が疑われた40.2%にオピオイドが含まれ、年齢別では15~24歳が28.7%、25~34歳が56.9%、35~54歳が49.9%、55歳以上が34.6%であった。また、コカインが23.6%、アンフェタミンが17.1%、ベンゾジアゼピンが18.7%であり、25~34歳の過剰摂取では、それぞれ35.0%、21.1%、23.6%ともっとも高い割合であった。

References

  • Vivolo-Kantor AM, Hoots BE, Scholl L, et al. Nonfatal drug overdoses treated in emergency departments—United States, 2016–2017. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2020;69:371–6. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6913a3>
  • Liu S, Vivolo-Kantor A. A latent class analysis of drug and substance use patterns among patients treated in emergency departments for suspected drug overdose. Addict Behav 2020;101:106142. <https://doi.org/10.1016/j.addbeh.2019.106142>
  • Tori ME, Larochelle MR, Naimi TS. Alcohol or benzodiazepine co-involvement with opioid overdose deaths in the United States, 1999–2017. JAMA Netw Open 2020;3:e202361. <https://doi.org/10.1001/jamanetworkopen.2020.2361>
  • Scholl L, Seth P, Kariisa M, Wilson N, Baldwin G. Drug and opioid-involved overdose deaths—United States, 2013–2017. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2019;67:1419–27. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm675152e1>
  • Wilson N, Kariisa M, Seth P, Smith H 4th, Davis NL. Drug and opioid-involved overdose deaths—United States, 2017–2018. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2020;69:290–7. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6911a4>
  • Cicero TJ, Ellis MS, Kasper ZA. Polysubstance use: a broader understanding of substance use during the opioid crisis. Am J Public Health 2020;110:244–50. <https://doi.org/10.2105/AJPH.2019.305412>
  • Jones CM, Underwood N, Compton WM. Increases in methamphetamine use among heroin treatment admissions in the United States, 2008–17. Addiction 2020;115:347–53. <https://doi.org/10.1111/add.14812>
  • Hoots B, Vivolo-Kantor A, Seth P. The rise in non-fatal and fatal overdoses involving stimulants with and without opioids in the United States. Addiction 2020;115:946–58. <https://doi.org/10.1111/add.14878>
  • Kariisa M, Scholl L, Wilson N, Seth P, Hoots B. Drug overdose deaths involving cocaine and psychostimulants with abuse potential—United States, 2003–2017. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2019;68:388–95. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6817a3>
  • Morrow JB, Ropero-Miller JD, Catlin ML, et al. The opioid epidemic: moving toward an integrated, holistic analytical response. J Anal Toxicol 2019;43:1–9. <https://doi.org/10.1093/jat/bky049>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ