一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2020年(Vol.69)過剰な飲酒による死亡および損失生存可能年数 ― ア・・・

MMWR抄訳

rss

2020/07/31Vol. 69 / No. 30

MMWR69(30):981-987
Deaths and Years of Potential Life Lost From Excessive Alcohol Use — United States, 2011–2015

過剰な飲酒による死亡および損失生存可能年数 ― アメリカ、2011年~2015年

過剰な飲酒はアメリカにおいて予防可能な死亡の主な原因であり、関連する費用(職場での生産性低下、医療費、刑事裁判費など)は2010年には2,490億ドルが費やされた。CDCはAlcohol-Related Disease Impact(ARDI)アプリを使用して、2011年~2015年における全国および州でのアルコールに起因する平均年間死亡数および損失生存可能年数(YPLL)を推定した。この期間、アメリカにおけるアルコールに起因する平均死亡者数は計95,158名であり、YPLLは280万年であった(アルコールに起因する死亡あたりのYPLLは29.0)。死亡者95,158名のうち51,078名が慢性疾患(53.7%)、44,080名が急性疾患(46.3%)による死亡であり、280万年のYPLLのうち110万(40.0%)は慢性疾患、170万(60.0%)は急性疾患によるものであった。また、男性は67,943名(71.4%)、200万YPLL(71.0%)を占め、年齢別では、35~64歳(52, 921名、55.6%)、65歳以上(24,972名、(26.2%)、20~34歳(14,819名、15.6%)の順で多かった。慢性疾患による死亡はアルコール性肝疾患が全体(18,614名)、男性(12,877名)、女性(5,277名)のいずれでも最も多く、急性疾患による死亡は、飲酒とともにアルコール以外の物質を飲酒時に摂取したことによる中毒(薬物過量摂取など)が全体(11,839名)および女性(4,315名)では最も多く、男性は過剰な飲酒による自殺が最も多く(7,711名)、アルコール以外による中毒は7,524名であった。全国の年齢で補正した人口10万人あたりのアルコールによる平均年間死亡率は28.0、YPLLは873.0であり、アルコールによる平均年間死亡数およびYPLLには地域差があり、それぞれ203(バーモント州)~11,026名(カリフォルニア州)、5, 085(バーモント州)~308,831名(カリフォルニア州)であった。また、40州でのアルコールによる10万人あたりの年齢補正死亡率は20.8(ニューヨーク州)~53.1(ニューメキシコ州)、YPLLは631.9(ニューヨーク州)~1,683.5(ニューメキシコ州)であった。過剰な飲酒を防ぐため、酒税の引き上げ、アルコール販売数やアルコール濃度の制限など、効果的な防止策を実施することにより、アルコールによる死亡やYPLLを減少させる可能性がある。

References

  • Mokdad AH, Ballestros K, Echko M, et al.; US Burden of Disease Collaborators. The state of US health, 1990–2016: burden of diseases, injuries, and risk factors among US states. JAMA 2018;319:1444–72. <https://doi.org/10.1001/jama.2018.0158>
  • Sacks JJ, Gonzales KR, Bouchery EE, Tomedi LE, Brewer RD. 2010 national and state costs of excessive alcohol consumption. Am J Prev Med 2015;49:e73–9. <https://doi.org/10.1016/j.amepre.2015.05.031>
  • Stahre M, Naimi T, Brewer R, Holt J. Measuring average alcohol consumption: the impact of including binge drinks in quantity-frequency calculations. Addiction 2006;101:1711–8. <https://doi.org/10.1111/j.1360-0443.2006.01615.x>
  • Smith GS, Branas CC, Miller TR. Fatal nontraffic injuries involving alcohol: a metaanalysis. Ann Emerg Med 1999;33:659–68.
  • Stahre M, Roeber J, Kanny D, Brewer RD, Zhang X. Contribution of excessive alcohol consumption to deaths and years of potential life lost in the United States. Prev Chronic Dis 2014;11:E109. <https://doi.org/10.5888/pcd11.130293>
  • Xuan Z, Blanchette J, Nelson TF, Heeren T, Oussayef N, Naimi TS. The alcohol policy environment and policy subgroups as predictors of binge drinking measures among US adults. Am J Public Health 2015;105:816–22. <https://doi.org/10.2105/AJPH.2014.302112>
  • Nelson DE, Naimi TS, Brewer RD, Roeber J. US state alcohol sales compared to survey data, 1993–2006. Addiction 2010;105:1589–96. <https://doi.org/10.1111/j.1360-0443.2010.03007.x>
  • Dowell D, Haegerich TM, Chou R. CDC guideline for prescribing opioids for chronic pain—United States, 2016. MMWR Recomm Rep 2016;65(No. RR-1). <https://doi.org/10.15585/mmwr.rr6501e1>
  • Esser MB, Guy GP Jr, Zhang K, Brewer RD. Binge drinking and prescription opioid misuse in the U.S., 2012–2014. Am J Prev Med 2019;57:197–208. <https://doi.org/10.1016/j.amepre.2019.02.025>
  • National Academies of Sciences, Engineering, and Medicine. Getting to zero alcohol-impaired driving fatalities: a comprehensive approach to a persistent problem. Washington, DC: National Academies Press; 2018.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ