一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2020年(Vol.69)シプロフロキサシン耐性でβラクタマーゼを産生する髄・・・

MMWR抄訳

rss

2020/06/19Vol. 69 / No. 24

MMWR69(24):735-739
Detection of Ciprofloxacin-Resistant, β-Lactamase–Producing Neisseria meningitidis Serogroup Y Isolates — United States, 2019–2020

シプロフロキサシン耐性でβラクタマーゼを産生する髄膜炎菌血清型Y分離株の検出 ― アメリカ、2019年~2020年

髄膜炎菌性疾患は突然発症する致死率10%~15%の疾患であり、髄膜炎菌に起因する。アメリカでの髄膜炎菌分離株は大部分がペニシリンおよびシプロフロキサシンを含む抗生物質に感受性があり、抗生物質は治療や予防として推奨されている。今回、アメリカ内でペニシリン耐性およびシプロフロキサシン耐性の髄膜炎菌血清型Y(NmY)が検出されたので報告する。2020年1月、メリーランド州在住の髄膜炎菌性疾患症例からβラクタマーゼを産生し、ペニシリンおよびシプロフロキサシン耐性を示すNmYが分離され、2月に2例目の感染が報告されたことから、CDCは2019年~2020年、未提出であるすべての症例由来NmY分離株の提出を要請し、2011年~2020年に発症した浸潤性髄膜炎菌性疾患症例から分離されたすべての分離株(2,097株)に全ゲノムシーケンシング(WGS)を行い、blaROB-1βラクタマーゼ遺伝子およびシプロフロキサシン耐性関連変異について解析した。2,097株のうち372株がNmY であった。WGSデータの解析により、blaROB-1βラクタマーゼ遺伝子とシプロフロキサシン耐性に関連するT991染色体遺伝子(gyrA)変異を含む血清型Y分離株が11株確認され、さらにblaROB-1βラクタマーゼ遺伝子のみを含む分離株が22株(Y型21株、不明1株)検出された。これら計33の分離株は2013年~2020年、12州の症例から分離されたもので、クローナルコンプレックス23(CC23)に属し、シプロフロキサシン耐性変異株(11株)を含む30株はシーケンス型(ST)-3587、2株がST-15379、1株はST-13034であった。シプロフロキサシン耐性を示す11株の抗生物質感受性検査ではすべてがβラクタマーゼを産生し、ペニシリンおよびシプロフロキサシンへの耐性を示したが、セファロスポリン、リファンピン、アジスロマイシン感受性であった。また、33例のうち22例(67%)はヒスパニック系8例がシプロフロキサシン耐性であった。死亡は1例のみであった(致死率3.0%)。細菌性髄膜炎には経験的治療としてセフトリアキソン、セフォタキシムが第1選択薬として推奨されている。医者はペニシリンまたはアンピシリンへ薬剤変更する場合は、事前に髄膜炎菌分離株にてペニシリン系薬剤の感受性を確認すべきである。

References

  • San Millan A, Escudero JA, Catalan A, et al. β-lactam resistance in Haemophilus parasuis is mediated by plasmid pB1000 bearing blaROB-1. Antimicrob Agents Chemother 2007;51:2260–4. <https://doi.org/10.1128/AAC.00242-07>
  • Meningococcal infections. In: Kimberlin DW, Brady MT, Jackson MA, Long SS, eds. Red book: 2018–2021 report of the committee on infectious diseases, 31st edition. Itasca, IL: American Academy of Pediatrics; 2018. <https://redbook.solutions.aap.org/chapter.aspx?sectionid=189640131&bookid=2205>
  • Cohn AC, MacNeil JR, Clark TA, et al.; CDC. Prevention and control of meningococcal disease: recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP). MMWR Recomm Rep 2013;62(No. RR-2).
  • McNamara LA, Blain A. Meningococcal disease. In: Roush SW, Baldy LM, Hall MAK, eds. Manual for the surveillance of vaccine-preventable diseases. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2019. <https://www.cdc.gov/vaccines/pubs/surv-manual/chpt08-mening.html>
  • Harcourt BH, Anderson RD, Wu HM, et al. Population-based surveillance of Neisseria meningitidis antimicrobial resistance in the United States. Open Forum Infect Dis 2015;2:ofv117. <https://doi.org/10.1093/ofid/ofv117>
  • Tsang RSW, Ahmad T, Jamieson FB, Tyrrell GJ. WGS analysis of a penicillin-resistant Neisseria meningitidis strain containing a chromosomal ROB-1 β-lactamase gene. J Antimicrob Chemother 2019;74:22–8.
  • Wu HM, Harcourt BH, Hatcher CP, et al. Emergence of ciprofloxacin-resistant Neisseria meningitidis in North America. N Engl J Med 2009;360:886–92. <https://doi.org/10.1056/NEJMoa0806414>
  • CDC. Emergence of fluoroquinolone-resistant Neisseria meningitidis—Minnesota and North Dakota, 2007-2008. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2008;57:173–5.
  • Blain AE, Mandal S, Wu H, et al. Penicillin use in meningococcal disease management: Active Bacterial Core Surveillance sites, 2009. Open Forum Infect Dis 2016;3:ofw152. <https://doi.org/10.1093/ofid/ofw152>
  • Hong E, Deghmane AE, Taha MK. Acquisition of beta–lactamase by Neisseria meningitidis through possible horizontal gene transfer. Antimicrob Agents Chemother 2018;62:e00831–00918. <https://doi.org/10.1128/AAC.00831-18>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ