一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2020年(Vol.69)50歳以上の特定の慢性疾患を有する成人における歯の・・・

MMWR抄訳

rss

2020/05/29Vol. 69 / No. 21

MMWR69(21):641-646
Prevalence of and Changes in Tooth Loss Among Adults Aged ≥50 Years with Selected Chronic Conditions — United States, 1999–2004 and 2011–2016

50歳以上の特定の慢性疾患を有する成人における歯の喪失の割合および変化 ― アメリカ、1999年~2004年と2011年~2016年

広範囲にわたる歯の喪失により偏った食生活につながり、体重減少や肥満をもたらす可能性がある。また、歯の喪失は外見を損ない、発話を妨げ、社会的接触の制限、親交の妨害、自尊心を低下させる要因になる可能性もある。慢性的症状と口腔状態は、共通の危険因子を共有しており、慢性疾患がある人は未治療の歯の疾病を抱えている傾向が高く、歯の喪失につながる。今回、1999年~2004年と2011年~2016年のNational Health and Nutrition Examination Surveyのデータから、特定の慢性疾患を有する50歳以上の成人において歯の喪失に関する3つの評価基準について推定し、各期間で比較した。3つの評価基準は、1)無歯顎(歯がない)、2)重度の歯の喪失(残存歯8本以下)、3)機能低下が生じる歯の喪失(残存歯20本以下)とした。1999年~2004年(6,283例)と2011年~2016年(7,443例)における特定の慢性疾患の有病率は、全般的な健康状態が普通/不良が各年24.5%、21.7%、何らかの関節炎は43.3%、45.0%、関節リウマチは16.3%、6.1%、喘息は5.4%、8.9%、糖尿病は13.7%、17.7%、肺気腫は4.1%、3.7%、心臓病は16.7%、13.4%、肝疾患(1.6%、2.6%)、脳卒中の既往は両期間とも5.4%であった。2011年~2016年では、無歯顎、重度の歯の喪失、機能低下が生じる歯の喪失の割合は、それぞれ10.8%、16.9%、31.8%であった。無歯顎の割合は、全般的な健康状態が普通/不良、肺気腫、心臓病、または脳卒中の既往がある成人では、これらの慢性疾患がない成人の2倍以上高かった。また、重度の歯の喪失の割合は、全般的な健康状態が普通/不良、関節リウマチ、喘息、糖尿病、コントロール不良の糖尿病、肺気腫、心臓病、肝疾患、または脳卒中の既往がある成人ではこれらの慢性疾患がない成人の50%以上高かった。全体的な機能低下が生じる歯の喪失の割合は、1999年~2004年(43.5%)から2011年~2016年(31.8%)にかけて11.7ポイント減少し、全般的な健康状態が普通/不良、何らかの関節炎、糖尿病、肥満の人では改善が認められた。2011年~2016年では、全体的な機能低下が生じる歯の喪失の割合は、全般的な健康状態が普通/不良、関節リウマチ、肺気腫、心臓病の成人ではこれらの慢性疾患がない成人に比べて50%以上高かった。歯の喪失は、セルフケアと定期的な歯科受診で予防できる。これらの行動を奨励するために、公衆衛生専門家は慢性疾患と歯の喪失との関連性について国民に啓蒙し、プライマリケア従事者は健康的な行動の重要性について患者に教育し、歯科の検査と必要な治療の紹介を行うべきである。

References

  • Griffin SO, Jones JA, Brunson D, Griffin PM, Bailey WD. Burden of oral disease among older adults and implications for public health priorities. Am J Public Health 2012;102:411–8. <https://doi.org/10.2105/AJPH.2011.300362>
  • Griffin SO, Barker LK, Griffin PM, Cleveland JL, Kohn W. Oral health needs among adults in the United States with chronic diseases. J Am Dent Assoc 2009;140:1266–74. <https://doi.org/10.14219/jada.archive.2009.0050>
  • Marcenes W, Kassebaum NJ, Bernabé E, et al. Global burden of oral conditions in 1990–2010: a systematic analysis. J Dent Res 2013;92:592–7. <https://doi.org/10.1177/0022034513490168>
  • World Health Organization. Recent advances in oral health. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 1992. <https://apps.who.int/iris/handle/10665/39644>
  • Centers for Medicare & Medicaid Services. Dental services. Washington, DC: US Department of Health and Human Services, Centers for Medicare & Medicaid Services; 2019. <https://www.medicare.gov/coverage/dental-services>
  • Center for Health Care Strategies. Medicaid adult dental benefits: an overview. Hamilton, NJ: Center for Health Care Strategies; 2019. <https://www.chcs.org/media/Adult-Oral-Health-Fact-Sheet_091519.pdf>
  • Institute of Medicine; National Research Council. Improving access to oral health care for vulnerable and underserved populations. Washington, DC: The National Academies Press; 2011. <https://www.nap.edu/catalog/13116/improving-access-to-oral-health-care-for-vulnerable-and-underserved-populations>
  • Douglass AB, Maier R, Deutchman M, et al. Smiles for life: a national oral health curriculum. 3rd ed. Leawood, Kansas: Society of Teachers of Family Medicine; 2010. <https://www.smilesforlifeoralhealth.org>
  • American Diabetes Association. Comprehensive medical evaluation and assessment of comorbidities: standards of medical care in diabetes—2019. Diabetes Care 2019; 42(Suppl 1):S34–45. <https://doi.org/10.2337/dc19-S004>
  • Simpson TC, Weldon JC, Worthington HV, et al. Treatment of periodontal disease for glycaemic control in people with diabetes mellitus. Cochrane Database Syst Rev 2015;(11):CD004714. <https://doi.org/10.1002/14651858.CD004714.pub3>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ