一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2020年(Vol.69)パキスタンの出入国者における広範囲薬剤耐性ネズミチ・・・

MMWR抄訳

rss

2020/05/22Vol. 69 / No. 20

MMWR69(20):618-622
Update on Extensively Drug-Resistant Salmonella Serotype Typhi Infections Among Travelers to or from Pakistan and Report of Ceftriaxone-Resistant Salmonella Serotype Typhi Infections Among Travelers to Iraq — United States, 2018–2019

パキスタンの出入国者における広範囲薬剤耐性ネズミチフス菌感染症とイラクへの入国者におけるセフトリアキソン耐性ネズミチフス菌感染症の報告に関する最新情報 ― アメリカ、2018年~2019年

CDCはパキスタンにおける広範囲薬剤耐性(XDR)腸チフスのアウトブレイクに対応し、2018年3月にセフトリアキソン耐性チフス菌のサーベイランスを強化している。以前にパキスタンに渡航したアメリカ人のXDR腸チフス5症例について報告したが、今回は、パキスタンに関連したXDR腸チフス症例の最新情報とイラクに関連したセフトリアキソン耐性チフス菌感染の新規発生クラスターについて報告する。チフス菌は通常、汚染した水や食物から糞口感染する。腸チフスの一般的な潜伏期間は6~30日間、死亡率は12~30%であり、治療はセフトリアキソンまたはシプロフロキサシンが第1選択抗菌薬であり、代替選択薬としてアンピシリン、アジスロマイシン、トリメトプリム-スルファメトキサゾールもある。アメリカでは腸チフスは法定伝染病であり、年間約350例がCDCのNational Typhoid and Paratyphoid Fever Surveillance systemに報告されている。検体はCDCのNational Antimicrobial Resistance Monitoring Systemに提出され、抗生物質感受性検査が行われる。2016年1月1日~2019年8月31日、CDCはパキスタンに出入国したアメリカ人渡航者96名にてチフス菌感染を確認し、そのうち30名(31%)の検体がXDRであった。XDR腸チフス患者の年齢中央値は11.5歳(1~41歳)、男性16名、女性14名であり、26名が入院し、旅行前5年以内にチフス菌の予防接種を受けた人はいなかった。パキスタンでの滞在先は20例にて明らかであり、12例(60%)がカラチまたはシンド州の他の地域を訪問し、シンド州ではXDRの流行が報告されていた。8例(40%)はシンド州には行かず、パンジャブ州を訪問していた。また、2018年11月、発症4週間前のイラクへ渡航した患者から新しい耐性パターンを示すセフトリアキソン耐性チフス菌が検出され、パキスタンXDR分離菌と同様にセフトリアキソン、アンピシリン、ナリジクス酸に耐性を示したが、シプロフロキサシンには中等度感受性、他の抗菌薬(クロラムフェニコール、トリメトプリム-スルファメトキサゾールなど)には感受性を示した。National Center for Biotechnology Informationへ報告された情報では、イラクへの渡航者から分離された菌と高い関連性を示す分離菌がアメリカ人7名とイギリス人2名にて検出された。このうち7名(アメリカ人5名、イギリス人2名)がイラクへの渡航歴があり、1名は渡航歴のない子供で発症の1カ月前以内に父親がイラクから帰国しており、もう1名はイランへ渡航していた。計10名の年齢年齢は43歳(3~75歳)、男性5名、女性5名、渡航前の腸チフス予防接種歴はなく、パキスタンへの渡航歴もなかった。2019年8月31日の時点で、アメリカにおけるセフトリアキソン耐性腸チフス患者は全例がイラクまたはパキスタンに関連しており、これらの国へ旅行する際には予防接種を受け、現地での食物や水の摂取に十分注意することが重要である。

References

  • Qamar FN, Yousafzai MT, Khalid M, et al. Outbreak investigation of ceftriaxone-resistant Salmonella enterica serotype Typhi and its risk factors among the general population in Hyderabad, Pakistan: a matched case-control study. Lancet Infect Dis 2018;18:1368–76. <https://doi.org/10.1016/S1473-3099(18)30483-3>
  • Chatham-Stephens K, Medalla F, Hughes M, et al. Emergence of extensively drug-resistant Salmonella Typhi infections among travelers to or from Pakistan—United States, 2016–2018. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2019;68:11–3. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6801a3>
  • CDC. NARMS now: human data. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2020. <https://wwwn.cdc.gov/narmsnow>
  • Appiah GD, Hughes MJ, Chatham-Stephens K. Typhoid and paratyphoid fever. In: CDC yellow book 2020: health information for international travel. New York: Oxford University Press; 2019. <https://wwwnc.cdc.gov/travel/page/yellowbook-home>
  • Shane AL, Mody RK, Crump JA, et al. 2017 Infectious Diseases Society of America clinical practice guidelines for the diagnosis and management of infectious diarrhea. Clin Infect Dis 2017;65:e45–80. <https://doi.org/10.1093/cid/cix669>
  • Godbole G, McCann N, Jones SM, Dallman TJ, Brown M. Ceftriaxone-resistant Salmonella Typhi in a traveller returning from a mass gathering in Iraq. Lancet Infect Dis 2019;19:467. <https://doi.org/10.1016/S1473-3099(19)30176-8>
  • World Health Organization Regional Office for the Eastern Mediterranean. Drug resistant Salmonella infections in Pakistan: update. Weekly Epidemiologic Monitor 2019;12. <https://reliefweb.int/sites/reliefweb.int/files/resources/Epi_Monitor_2019_12_34.pdf>
  • World Health Organization Regional Office for the Eastern Mediterranean. Pakistan: more than 9.4 million children vaccinated against typhoid fever in Sindh. Cairo, Egypt: World Health Organization Regional Office for the Eastern Mediterranean; 2019. <http://www.emro.who.int/pak/pakistan-news/more-than-94-children-vaccinated-with-typhoid-conjugate-vaccine-in-sindh.html>
  • Sharma P, Kumari B, Dahiya S, et al. Azithromycin resistance mechanisms in typhoidal salmonellae in India: a 25 years analysis. Indian J Med Res 2019;149:404–11. <https://doi.org/10.4103/ijmr.IJMR_1302_17>
  • Memish ZA, Steffen R, White P, et al. Mass gatherings medicine: public health issues arising from mass gathering religious and sporting events. Lancet 2019;393:2073–84. <https://doi.org/10.1016/S0140-6736(19)30501-X>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ