一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2020年(Vol.69)一般的に食品を介して伝染する病原体による感染症に関・・・

MMWR抄訳

rss

2020/05/01Vol. 69 / No. 17

MMWR69(17):509-514
Preliminary Incidence and Trends of Infections with Pathogens Transmitted Commonly Through Food — Foodborne Diseases Active Surveillance Network, 10 U.S. Sites, 2016–2019

一般的に食品を介して伝染する病原体による感染症に関する予備的な罹患率および傾向 ― Foodborne Diseases Active Surveillance Network、アメリカの10の施設、2016年~2019年

腸疾患予防の進展を評価するために、CDCのEmerging Infections ProgramであるFoodborne Diseases Active Surveillance Network(FoodNet)では、アメリカの10施設において、一般的に食品を介して伝染する8つの病原体に起因する感染症の罹患率をモニタリングしている。今回、予備的な2019年のデータと2016年~2018年のデータを比較した罹患率の変化について報告する。FoodNetのメンバーは、Campylobacter属菌、Cyclospora原虫、Listeria属菌、Salmonella属菌、志賀毒素産生性大腸菌(STEC)、赤痢菌、Vibrio属菌、Yersinia属菌に起因する検査で診断された感染症について、アメリカ人口の約15%(2018年では推定4,900万人)を網羅する積極的な人口ベースのサーベイランスを行っている。2019年、FoodNetは25,866例の感染、6,164例の入院、122例の死亡を特定した。人口10万人あたりの全体的な罹患率はCampylobacter属菌(19.5例)で最も高く、次いでSalmonella属菌(17.1例)、STEC(6.3例)、赤痢菌(4.8例)、Cyclospora原虫(1.5例)、Yersinia属菌(1.4例)、Vibrio属菌(0.9例)、Listeria属菌(0.3例)の順で、それぞれの罹患率は、国内感染ではわずかに低下した。2016~2018年と比較した2019年の罹患率は、Cyclospora原虫(1,209%)、Yersinia属菌(153%)、Vibrio属菌(79%)、STEC(34%)、Campylobacter属菌(13%)と顕著に増加した。血清型を特定したSalmonella属菌分離株6,656株(90%)の主な6つの血清型はEnteritidis(人口10万人あたり2.6例)、Newport(同1.4例)、Typhimurium(同1.3例)、Javiana(同1.1例)、I 4,[5],12:i:-( 同0.7例)、Infantis(同0.5例)であった。2016~2018年と比較して、TyphimuriumおよびI 4,[5],12:i:-による罹患率は有意に減少し、Infantisでは有意に増加した。STEC分離株1,725株の大半がO157(397株、23%)で、次いで、O103(305株、18%)、O26(254株、15%)、O111(175株、10%)であった。2016年~2018年と比較して、STEC O157感染症(10万人あたり0.8例)は20%低下し、O-157以外のSTEC感染症(同2.7例)は35%増加した。2018年では、FoodNetは小児において62例の下痢後の溶血性尿毒症症候群(10万人あたり0.6例)を特定し、うち31例(50%)が5歳未満であった。これらの割合は、2015年~2017年から変化がなかった。Salmonella Typhimuriumの減少は、ターゲットを絞った介入(鶏や他の食用動物へのワクチン接種など)がヒトへの感染を減少させた可能性があることを示唆している。食品の生産、加工、調理中の汚染を減らすには、既知の予防策と特定の病原体や血清型を標的とする新規戦略のより広範囲な実施が必要とされている。

References

  • Braden CR. Salmonella enterica serotype Enteritidis and eggs: a national epidemic in the United States. Clin Infect Dis 2006;43:512–7. <https://doi.org/10.1086/505973>
  • Chai SJ, White PL, Lathrop SL, et al. Salmonella enterica serotype Enteritidis: increasing incidence of domestically acquired infections. Clin Infect Dis 2012;54(Suppl 5):S488–97. <https://doi.org/10.1093/cid/cis231>
  • Kimura AC, Reddy V, Marcus R, et al.; Emerging Infections Program FoodNet Working Group. Chicken consumption is a newly identified risk factor for sporadic Salmonella enterica serotype Enteritidis infections in the United States: a case-control study in FoodNet sites. Clin Infect Dis 2004;38(Suppl 3):S244–52. <https://doi.org/10.1086/381576>
  • Brown AC, Chen JC, Watkins LKF, et al. CTX-M-65 extended-spectrum ß-lactamase-producing Salmonella enterica serotype Infantis, United States. Emerg Infect Dis 2018;24:2284–91. <https://doi.org/10.3201/eid2412.180500>
  • The National Antimicrobial Resistance Monitoring System. NARMS integrated report, 2016–2017. Laurel, MD: US Department of Health and Human Services, Food and Drug Administration; 2019. <https://www.fda.gov/animal-veterinary/national-antimicrobial-resistance-monitoring-system/2016-2017-narms-integrated-summary>
  • Dórea FC, Cole DJ, Hofacre C, et al. Effect of Salmonella vaccination of breeder chickens on contamination of broiler chicken carcasses in integrated poultry operations. Appl Environ Microbiol 2010;76:7820–5. <https://doi.org/10.1128/AEM.01320-10>
  • O’Brien SJ. The “decline and fall” of nontyphoidal Salmonella in the United Kingdom. Clin Infect Dis 2013;56:705–10. <https://doi.org/10.1093/cid/cis967>
  • CDC. Reports of E. coli outbreak investigations from 2019. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2019. <https://www.cdc.gov/ecoli/2019-outbreaks.html>
  • CDC. Domestically acquired cases of cyclosporiasis—United States, May–August 2019. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2019. <https://www.cdc.gov/parasites/cyclosporiasis/outbreaks/2019/a-050119/index.html>
  • Interagency Food Safety Analytics Collaboration. Foodborne illness source attribution estimates for 2017 for Salmonella, Escherichia coli O157, Listeria monocytogenes, and Campylobacter using multi-year outbreak surveillance data, United States. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; Silver Spring MD: US Department of Health and Human Services, Food and Drug Administration; Washington, DC: US Department of Agriculture, Food Safety and Inspection Service; 2019. <https://www.cdc.gov/foodsafety/ifsac/pdf/P19-2017-report-TriAgency-508-revised.pdf>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ