一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2020年(Vol.69)救急科で治療された非致死的な薬物過剰摂取 ― アメ・・・

MMWR抄訳

rss

2020/04/03Vol. 69 / No. 13

MMWR69(13):371-376
Nonfatal Drug Overdoses Treated in Emergency Departments — United States, 2016–2017

救急科で治療された非致死的な薬物過剰摂取 ― アメリカ、2016年~2017年

2017年のアメリカでは、薬物過剰摂取により70,237人が死亡し、2016年から9.6%増加した。救急科(ED)で治療された非致死的な薬物過剰摂取のモニタリングも、地域社会での予防および対応活動について伝えるために重要である。退院データの分析は、非致死的な薬物過剰摂取の発生率と傾向を知る手掛かりとなり、過剰摂取を防ぐための公衆衛生活動の機会となる。CDCは、Healthcare Cost and Utilization Project’s Nationwide Emergency Department Sampleの退院データを使用して、すべての薬物、すべてのオピオイド、ヘロイン以外のオピオイド、ヘロイン、ベンゾジアゼピン系薬物、コカインの非致死的な過剰摂取を特定し、2016年から2017年までの変化を調査し、薬物の種類、患者、施設、受診の特性別に層別化した。2017年では、非致死的な薬物過剰摂取によりEDを受診したのは967,615人であった(人口10万人あたり300.2人)。2016年から2017年にかけて、非致死的な過剰摂取によりEDを受診した割合(年齢で調整した人口10万人あたり割合)の相対的変化は、すべての薬物(4.3%)、すべてのオピオイド(3.1%)、ヘロイン以外のオピオイド(3.6%)、ヘロイン(3.6%)、コカイン(32.9%)で増加したが、ベンゾジアゼピン系薬物では減少した(-5.2%)。2017年のED受診の原因となったすべての薬物の非致死的な過剰摂取率(人口10万人あたり)は、女性(308.2)、15~34歳(範囲=427.1~476.4)、中西部(378.6)、小都市(非大都市)郡(363.3)で高かった。2016年から2017年にかけて、すべての薬物の過剰摂取率は男性で5.0%、女性で3.7%増加した。すべてのオピオイドの過剰摂取率は(人口10万人あたり)、男性(112.6)、25~34歳(209.3)、中西部(129.2)、中規模の大都市郡(111.4)で高かった。2016年から2017年にかけて、すべてのオピオイドの過剰摂取率は、0~14歳で4.7%、15~19歳で10.5%、20~24歳で9.6%減少した。これらの調査結果は、EDで治療された非致死的な薬物過剰摂取の継続的なサーベイランスが公衆衛生活動に情報を提供し、臨床および公衆安全パートナーが共同で患者を必要な回復および治療リソース(例えば、薬物支援治療)につなげることの重要性を強調している。

References

  • Hedegaard H, Miniño AM, Warner M. Drug overdose deaths in the United States, 1999–2017. NCHS data brief, no. 329. Hyattsville, MD: US Department of Health and Human Services, CDC, National Center for Health Statistics; 2018. <https://www.cdc.gov/nchs/data/databriefs/db329-h.pdf>
  • Hoots B, Vivolo-Kantor A, Seth P. The rise in non-fatal and fatal overdoses involving stimulants with and without opioids in the United States. Addiction 2020. Epub January 7, 2020. <https://doi.org/10.1111/add.14878>
  • Hempstead K, Phillips J. Divergence in recent trends in deaths from intentional and unintentional poisoning. Health Aff (Millwood) 2019;38:29–35. <https://doi.org/10.1377/hlthaff.2018.05186>
  • Drug Enforcement Administration, Diversion Control Division. National Forensic Laboratory Information. System: NFLIS-Drug 2017 annual report. Washington, DC: US Department of Justice, Drug Enforcement Administration; 2018. <https://www.nflis.deadiversion.usdoj.gov/DesktopModules/ReportDownloads/Reports/NFLIS-Drug-AR2017.pdf>
  • Kariisa M, Scholl L, Wilson N, Seth P, Hoots B. Drug overdose deaths involving cocaine and psychostimulants with abuse potential—United States, 2003–2017. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2019;68:388–95. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6817a3>
  • Vivolo-Kantor AM, Seth P, Gladden RM, et al. Vital signs: trends in emergency department visits for suspected opioid overdoses—United States, July 2016–September 2017. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2018;67:279–85. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6709e1>
  • Scholl L, Seth P, Kariisa M, Wilson N, Baldwin G. Drug and opioid-involved overdose deaths—United States, 2013–2017. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2018;67:1419–27. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm675152e1>
  • Morrow JB, Ropero-Miller JD, Catlin ML, et al. The opioid epidemic: moving toward an integrated, holistic analytical response. J Anal Toxicol 2019;43:1–9. <https://doi.org/10.1093/jat/bky049>
  • Houry DE, Haegerich TM, Vivolo-Kantor A. Opportunities for prevention and intervention of opioid overdose in the emergency department. Ann Emerg Med 2018;71:688–90. <https://doi.org/10.1016/j.annemergmed.2018.01.052>
  • Dowell D, Haegerich TM, Chou R. CDC guideline for prescribing opioids for chronic pain—United States, 2016. MMWR Recomm Rep 2016;65(No. RR-1). <https://doi.org/10.15585/mmwr.rr6501e1>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ