一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2020年(Vol.69)HIV感染症に罹患している現役軍人における抗レトロ・・・

MMWR抄訳

rss

2020/04/03Vol. 69 / No. 13

MMWR69(13):366-370
Antiretroviral Therapy and Viral Suppression Among Active Duty Service Members with Incident HIV Infection — United States, January 2012–June 2018

HIV感染症に罹患している現役軍人における抗レトロウイルス療法とウイルス抑制 ― アメリカ、2012年1月~2018年6月

ヒト免疫不全ウイルス(HIV)感染症は、アメリカの国防総省(DoD)において軍の配置を制限する疾患である。現代の抗レトロウイルス療法(ART)レジメンを使用したHIV治療は、臨床治療を受けている人におけるウイルス血症の効果的な抑制を可能にしている。HIVに感染した軍人は兵役を続けることが可能であるが、治療転帰については完全には述べられたことはこれまでなかった。今回、Defense Medical Surveillance Systemデータを分析し、2012年1月~2018年6月にHIV感染症と診断されたDoDの軍人におけるART使用およびウイルス抑制について推定した。2012年1月1日~2017年12月31日に新規にHIV感染症と診断された軍人1,050人のうち、診断から6カ月以内に939人(89.4%)、12カ月以内に1,002人(95.4%)、調査期間の終了日(2018年6月30日)までに1,036人(98.7%)がARTを開始していた。診断から6カ月以内のARTの開始は、高齢の軍人、男性、および空軍の軍人に多くみられた。初期のARTレジメンは、インテグラーゼ阻害剤(63.0%)、非ヌクレオシド系逆転写酵素阻害剤(28.2%)、プロテアーゼ阻害剤(6.2%)、これらの薬剤併用/これらの薬剤併用+ヌクレオシド系逆転写酵素阻害剤 (2.6%)が主体であった。ARTを開始して兵役を1年以上継続している793人のうち、93.8%が継続してARTを受け、ART開始後1年以内に99.0%がウイルス抑制を達成し、直近のウイルス量検査時に96.8%にてウイルスが抑制されていた。HIV治療のDoDモデルは、HIV感染症の治療下にある軍人がタイムリーなARTを受け、早期および持続的なウイルス抑制を達成にしていることを示している。

References

  • US Department of Defense. Department of Defense instruction number 6485.01: human immunodeficiency virus (HIV) in military service members. Washington, DC: US Department of Defense; 2013. <https://www.esd.whs.mil/Portals/54/Documents/DD/issuances/dodi/648501p.pdf>
  • Rubertone MV, Brundage JF. The Defense Medical Surveillance System and the Department of Defense Serum Repository: glimpses of the future of public health surveillance. Am J Public Health 2002;92:1900–4. <https://doi.org/10.2105/AJPH.92.12.1900>
  • CDC. Behavioral and clinical characteristics of persons receiving medical care for HIV infection: Medical Monitoring Project, United States, 2014 cycle (June 2014–May 2015). HIV surveillance special report, no. 17. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2019. <https://www.cdc.gov/hiv/pdf/library/reports/surveillance/cdc-hiv-surveillance-special-report-number-17.pdf>
  • CDC. Monitoring selected national HIV prevention and care objectives by using HIV surveillance data—United States and 6 dependent areas, 2016. HIV surveillance supplemental report, vol. 23, no. 4. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2018. <https://www.cdc.gov/hiv/pdf/library/reports/surveillance/cdc-hiv-surveillance-supplemental-report-vol-23-4.pdf>
  • Health Resources and Services Administration. Ryan White HIV/AIDS Program annual client-level data report 2018. Rockville, MD: US Department of Health and Human Resources, Health Resources and Services Administration; 2018. <https://hab.hrsa.gov/sites/default/files/hab/data/datareports/RWHAP-annual-client-level-data-report-2018.pdf>
  • Matthews PE, Le T, Delmar J, Okulicz JF. Virologic suppression among HIV-infected US Air Force members in a highly-structured programme with free access to care. Int J STD AIDS 2015;26:951–9. <https://doi.org/10.1177/0956462414563631>
  • Marconi VC, Grandits GA, Weintrob AC, et al.; Infectious Disease Clinical Research Program HIV Working Group (IDCRP). Outcomes of highly active antiretroviral therapy in the context of universal access to healthcare: the U.S. Military HIV Natural History Study. AIDS Res Ther 2010;7:14. <https://doi.org/10.1186/1742-6405-7-14>
  • Brundage JF, Hunt DJ, Clark LL. Durations of military service after diagnoses of HIV-1 infections among active component members of the U.S. Armed Forces, 1990–2013. MSMR 2015;22:9–12.
  • Crum-Cianflone N, Hullsiek KH, Marconi V, et al. Trends in the incidence of cancers among HIV-infected persons and the impact of antiretroviral therapy: a 20-year cohort study. AIDS 2009;23:41–50. <https://doi.org/10.1097/QAD.0b013e328317cc2d>
  • Li Z, Purcell DW, Sansom SL, Hayes D, Hall HI. Vital signs: HIV transmission along the continuum of care—United States, 2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2019;68:267–72. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6811e1>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ