一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2020年(Vol.69)抗レトロウイルス治療患者における結核予防治療の拡大・・・

MMWR抄訳

rss

2020/03/27Vol. 69 / No. 12

MMWR69(12):329-334
Tuberculosis Preventive Treatment Scale-Up Among Antiretroviral Therapy Patients — 16 Countries Supported by the U.S. President’s Emergency Plan for AIDS Relief, 2017–2019

抗レトロウイルス治療患者における結核予防治療の拡大 ― U.S. President’s Emergency Plan for AIDS Reliefの支援を受ける16カ国、2017年~2019年

結核(TB)はヒト免疫不全ウイルス(HIV)感染症とともに生きる人における主な死因であり、2018年、推定251,000人のHIV感染症者がTBにより死亡し、HIV関連死亡全体の約1/3、結核による死亡全体の1/6を占めている。TBにかかっていないHIV患者にはWHOによりTB予防的治療(TPT)が推奨されており、TPTは抗レトロウイルス療法(ART)に関係なく、HIV感染者の疾病率および死亡率を低下させるが、2017年、世界中で推定2,130万人のART患者のうち、TPTを開始したのは100万人未満であった。今回、2017年4月1日~2019年3月31日において、U.S. President’s Emergency Plan for AIDS Relief(PEPFAR)の支援を受ける16カ国のART患者におけるTB症状の検査とTPT開始および完遂に関するデータを要約する。TPTの標準治療コースではイソニアジドの毎日投与を6カ月以上継続により完了、または代替レジメン投与完了をもって完了とみなした。2017年4月1日~2019年3月31日を半年ごとに4期間(期間1:2017年4月1日~9月30日、期間2:2017年10月1日~2018年3月31日、期間3:2018年4月1日~9月30日、期間4:2018年10月1日~2019年3月31日)に分けた場合、16カ国におけるART患者数は期間1~3にて11%増加し、TB検査を受けたART患者も増加した(期間1が54%、期間2が80%、期間3が84%)。TB検査陰性例は89%増加した。国別のART患者におけるTB検査率は35%(ナミビア、期間1)~108%(ベトナム、期間3)であった。また、コンゴ民主共和国(DRC)、エチオピア、ナミビア、ウガンダ、ベトナム、ジンバブエではTB検査を受けたART患者の10%超にて検査結果が不明であった。全体で計1,805,148例がTPTを開始し(期間1:546,379例、期間2:540,248例、期間3:718,521例)、1,078,871例(60%)が治療を完了した[期間1:302,251例(55%)、期間2:305,358例(57%)、期間3:471,262例(66%)]。期間2~4に治療を開始した患者数は172,142例(32%)増加し、完了した患者は169,011例(56%)増加した。期間2~4における治療完了率は全体では55%から66%のみの増加であったが、国別ではタンザニアにて46%から77%と大きく増加した。カメルーン、レソト、モザンビークでも治療完了率は増加したが、50%未満であった(カメルーン:15%から39%、レソト:14%から34%、モザンビーク:14%から27%)。また、DRC、エチオピア、ケニア、ウガンダおよびベトナムでは人口10万人あたりのTPT完了率が低下していた。TPT率を増加し、結核による死亡率を低下するために、TPT開始の増加を維持し、TPT開始後の治療維持率を改善し、TPT完了を妨げる因子を特定することが重要である。

References

  • World Health Organization. Global tuberculosis report 2019. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2019. <https://www.who.int/tb/publications/global_report/en/>
  • World Health Organization. Latent TB infection: updated and consolidated guidelines for programmatic management. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2018. <https://www.who.int/tb/publications/2018/latent-tuberculosis-infection/en/>
  • Badje A, Moh R, Gabillard D, et al.; Temprano ANRS 12136 Study Group. Effect of isoniazid preventive therapy on risk of death in west African, HIV-infected adults with high CD4 cell counts: long-term follow-up of the Temprano ANRS 12136 trial. Lancet Glob Health 2017;5:e1080–9. <https://doi.org/10.1016/S2214-109X(17)30372-8>
  • Joint United Nations Programme on HIV/AIDS. AIDSinfo. Geneva, Switzerland: Joint United Nations Programme on HIV/ AIDS; 2018. <https://www.unaids.org/en/resources/documents/2018/unaids-data-2018>
  • US President’s Emergency Plan for AIDS Relief. 2019 Country operational plan guidance for all PEPFAR countries. Washington, DC: US President’s Emergency Plan for AIDS Relief; 2019. <https://www.state.gov/wp-content/uploads/2019/08/PEPFAR-Fiscal-Year-2019-Country-Operational-Plan-Guidance.pdf>
  • US President’s Emergency Plan for AIDS Relief. 2017 Country/regional operational plan guidance. Washington, DC: US President’s Emergency Plan for AIDS Relief; 2017. <https://mz.usembassy.gov/wp-content/uploads/sites/182/2017/04/FINAL_COP17_guidance-1.pdf>
  • Pathmanathan I, Ahmedov S, Pevzner E, et al. TB preventive therapy for people living with HIV: key considerations for scale-up in resource-limited settings. Int J Tuberc Lung Dis 2018;22:596–605. <https://doi.org/10.5588/ijtld.17.0758>
  • Karanja EM, Weyenga HO, Katana A, et al. Bursting myths: programmatic scaleup of isoniazid preventive therapy, Kenya 2014–2016 [Poster]. Presented at the Conference on Retroviruses and Opportunistic Infections, Boston, MA; March 4–7, 2018.
  • Surie D, Interrante JD, Pathmanathan I, et al. Policies, practices and barriers to implementing tuberculosis preventive treatment-35 countries, 2017. Int J Tuberc Lung Dis 2019;23:1308–13. <https://doi.org/10.5588/ijtld.19.0018>
  • Stop Stockouts Project. Stop stockouts 4th national survey report (2017). Johannesburg, South Africa: Stop Stockouts Project; 2018. <https://stockouts.org/Survey/SurveysAndResearch>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ