一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2020年(Vol.69)職業別での職場での非致死的な暴力犯罪の特徴および発・・・

MMWR抄訳

rss

2020/03/27Vol. 69 / No. 12

MMWR69(12):324-328
Nonfatal Violent Workplace Crime Characteristics and Rates by Occupation — United States, 2007–2015

職業別での職場での非致死的な暴力犯罪の特徴および発生率 ― アメリカ、2007年~2015年

職場での暴力は身体的、精神的に有害な転帰を及ぼし、労働機能に影響する可能性がある。アメリカの労働統計局によると、職場での暴力犯罪は雇用主または警察へ報告されたもののみで推定されるため、過小に評価されている。今回、National Crime Victimization Surveyの2007年~2015年データを用いて、当局への報告の有無に関わらず、自己申告による職場での非致死的暴力犯罪の特徴と職業別の発生率について調査が行われた。この期間に16歳以上の人から報告された職場での暴力犯罪は1,030万件であり、すべての暴力犯罪の22%を占めていた。職場での暴力犯罪の発生率は労働者1,000人あたり約8件であり、職業別にみた職場での暴力犯罪(1,000人あたりの件数)は、保安警備職(101件)、コミュニティ/社会サービス職(19件)、医療・看護・技師職(17件)、医療補助職(17件)、教育・訓練・司書職(8件)、運輸・運搬(7件)にて多かった。犯罪は男性(男性:62.8%、女性:37.2%)、25~34歳にてもっとも多かった(32%)。犯罪の種類は全体では、身体的暴力による脅迫(43.9%)、単純暴行(36.7%)、加重暴行(13.4%)、レイプ/性的暴行(3.4%)、強奪(2.5%)の順で多かった。ほとんどの暴力犯罪に男性が関与しており、約1/7で武器が使用され、57.6%が警察に通報しておらず、13.5%で怪我を負わせていた。被害者が男性の場合は身体的暴力による脅迫(48.7%)、女性の場合は単純暴行(43.6%)がもっとも多く、女性は男性に比べ職場関係者による暴力が多く(34.2% vs. 18.8%)、顧客/取引先/患者による暴力が19.1%(男性:6.8%)認められた。知らない人からの暴力犯罪は男性被害者の43.5%、女性被害者の24.3%であり、また、職場での暴力犯罪による労働日数の損失により賃金を損失した割合は女性にて高かった(5.0% vs. 1.3%)。職場での非致死的な暴力の発生は労働者の特性により異なるが、それぞれの職業グループに適した個々のアプローチによる暴力予防プログラムが有効であるかもしれない。

References

  • Lanctôt N, Guay S. The aftermath of workplace violence among healthcare workers: a systematic literature review of the consequences. Aggress Violent Behav 2014;19:492–501. <https://doi.org/10.1016/j.avb.2014.07.010>
  • Bureau of Labor Statistics. Injuries, illnesses, and fatalities: case and demographic characteristics for work-related injuries and illnesses involving days away from work, 2017, tables R12 and R100. Washington, DC: US Department of Labor, Bureau of Labor Statistics; 2019. <https://www.bls.gov/iif/oshcdnew2017.htm>
  • Chen C, Smith PM, Mustard C. Gender differences in injuries attributed to workplace violence in Ontario 2002–2015. Occup Environ Med 2019;76:3–9. <https://doi.org/10.1136/oemed-2018-105152>
  • Hartley D, Doman B, Hendricks SA, Jenkins EL. Non-fatal workplace violence injuries in the United States 2003–2004: a follow back study. Work 2012;42:125–35. <https://doi.org/10.3233/WOR-2012-1328>
  • Bureau of Justice Statistics. National archive of criminal justice data: National Crime Victimization Survey, concatenated file, [United States], 1992–2016. Ann Arbor, MI: Inter-university Consortium for Political and Social Research; 2019. <https://www.icpsr.umich.edu/icpsrweb/NACJD/studies/36834>
  • Bureau of Justice Statistics. Criminal victimization in the United States, 2008 statistical tables. Washington, DC: US Department of Justice, Bureau of Justice Statistics. 2011. <https://www.bjs.gov/index.cfm?iid=2173&ty=pbdetail>
  • Harrell E. Workplace violence, 1993–2009: National Crime Victimization Survey and the Census of Fatal Occupational Injuries. Washington, DC: US Department of Justice, Bureau of Justice Statistics; 2011. <https://www.bjs.gov/content/pub/pdf/wv09.pdf>
  • Occupational Safety and Health Administration. Safety and health topics: workplace violence. Washington, DC: US Department of Labor, Occupational Safety and Health Administration; 2020. <https://www.osha.gov/SLTC/workplaceviolence/>
  • Jenkins EL, Fisher BS, Hartley D. Safe and secure at work?: findings from the 2002 Workplace Risk Supplement. Work 2012;42:57–66. <https://doi.org/10.3233/WOR-2012-1329>
  • Guay S, Goncalves J, Jarvis J. A systematic review of exposure to physical violence across occupational domains according to victims’ sex. Aggress Violent Behav 2015;25:133–41. <https://doi.org/10.1016/j.avb.2015.07.013>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ