一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2020年(Vol.69)シンガポールにおけるCOVID-19の最初の100・・・

MMWR抄訳

rss

2020/03/20Vol. 69 / No. 11

MMWR69(11):307-311
Evaluation of the Effectiveness of Surveillance and Containment Measures for the First 100 Patients with COVID-19 in Singapore — January 2–February 29, 2020

シンガポールにおけるCOVID-19の最初の100例に対するサーベイランスと封じ込め手段の有効性に関する評価 ― 2020年1月2日~2月29日

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は、2019年12月に中国の武漢で最初に報告され、その後、世界中に広まり、2020年3月5日までに世界中のCOVID-19症例は95,000例を超えた。シンガポールでは、医療相談での症例定義の適用、検査でCOVID-19と確定診断された人との接触者の追跡、異なる患者群(すべての肺炎患者、感染症の可能性がある集中治療室(ICU)入院患者、インフルエンザ様疾患のプライマリケア患者、感染性病因の可能性による死亡)でのサーベイランス強化、COVID-19患者を特定するための医師の判断(症例定義を満たしていない場合でも、臨床上で疑いに基づき検査依頼を選択できるなど)を含む多面的なサーベイランス戦略を採用した。患者の隔離と検疫、接触者の積極的なモニタリング、国境管理、地域社会への教育および予防措置などの封じ込め手段が、疾患拡大を最小限に抑えるために実施された。2020年3月5日の時点で、シンガポールでは計117例のCOVID-19症例が確認されている。今回、サーベイランスと封じ込め手段の有効性を判断するため、シンガポールでの最初のCOVID-19患者100例を分析する。最初の100例の平均年齢は42.5歳(中央値41歳)で、大多数(72%)が30~59歳、60%が男性であった。症例の99%はRT-PCR法により、1例はウイルスマイクロ中和反応測定法によって確認された。24例が輸入感染例、残りは地域での感染例あった。これまでに15例の患者がICUに入り、死亡例は報告されていない。接触者追跡によりCOVID-19症例の約半数(53%)が早期に発見され、別の20例(20%)は一般開業医のクリニックまたは病院で症例定義基準を満たし確認された。16例は強化サーベイランスを通じて確認され(肺炎サーベイランス:15例、ICU:1例)、別の11例は医療従事者の臨床的判断により確認された。連鎖感染例は、接触者追跡による検出が最も多かったが(62.7%)、連鎖感染でない症例では、強化サーベイランスによる検出が最も多かった(58.8%)。COVID-19症例から報告された最も早い発症日は1月14日で、流行曲線は9例の患者が確認された1月30日にピークに達し、2月11日以降には1日あたり2~5例に減少した。アウトブレイク開始時には海外からの輸入症例が大部分を占め、その後、国内の症例が多く検出された。発症から病院での隔離までの平均期間は5.6日であった。症状発現から隔離までの間隔は、輸入症例と地域症例の両方で調査期間にわたり、それぞれ9.0日から0.9日、18.0日から3.1日へと大幅に減少した。症例の迅速な特定と隔離、濃厚接触者の検疫、他の接触者に対する積極的なモニタリングは、アウトブレイク拡大の抑制に効果的であった。

References

  • World Health Organization. Coronavirus disease 2019 (COVID-19). Situation report – 45. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2020. <https://www.who.int/docs/default-source/coronaviruse/situation-reports/20200305-sitrep-45-covid-19.pdf?sfvrsn=ed2ba78b_4>
  • Singapore Ministry of Health. Ministerial statement on whole-of-government response to the 2019 novel coronavirus (2019-NCoV). Singapore: Singapore Ministry of Health; 2020. <https://www.moh.gov.sg/news-highlights/details/ministerial-statement-on-whole-of-government-response-to-the-2019-novel-coronavirus-(2019-ncov)>
  • Young BE, Ong SWX, Kalimuddin S, et al.; Singapore 2019 Novel Coronavirus Outbreak Research Team. Epidemiologic features and clinical course of patients infected with SARS-CoV-2 in Singapore. JAMA 2020. <https://doi.org/10.1001/jama.2020.3204>
  • Li W, Shi Z, Yu M, et al. Bats are natural reservoirs of SARS-like coronaviruses. Science 2005;310:676–9. <https://doi.org/10.1126/science.1118391>
  • Tay JY, Lim PL, Marimuthu K, et al. De-isolating COVID-19 suspect cases: a continuing challenge. Clin Infect Dis 2020. Epub February 26, 2020. <https://doi.org/10.1093/cid/ciaa179>
  • Niehus R, De Salazar P, Taylor A, Lipsitch M. Quantifying bias of COVID-19 prevalence and severity estimates in Wuhan, China that depend on reported cases in international travelers [Preprint]. Medrxiv, February 18, 2020. <https://www.medrxiv.org/content/10.1101/2020.02.13.20022707v2>
  • Singapore Ministry of Health. Additional precautionary measures in response to escalating global situation. Singapore: Singapore Ministry of Health; 2020. <http://moh.gov.sg/news-highlights/details/additional-precautionary-measures-in-response-to-escalating-global-situation>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ