一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2020年(Vol.69)聴覚障害または難聴の乳児における発見の遅れ ― ミ・・・

MMWR抄訳

rss

2020/03/20Vol. 69 / No. 11

MMWR69(11):303-306
Delayed Identification of Infants Who Are Deaf or Hard of Hearing — Minnesota, 2012–2016

聴覚障害または難聴の乳児における発見の遅れ ― ミネソタ州、2012年~2016年

聴覚障害または難聴(DHH)が確認された乳児コホート内の聴覚損失の発見時期と発見の遅れに関連する要因を調べた研究はほとんどない。ミネソタ州のEarly Hearing Detection and Intervention(EHDI)の職員は、2012年~2016年にミネソタ州で生まれ、先天性聴覚障害(新生児聴力検査で確認された聴覚障害)が確認された乳児729例の匿名データを調査した。先天性聴覚損失の発見の遅れ(新生児聴力検査に不合格で、DHHが発見された時点で生後3カ月を超えている場合と定義)の可能性における差について、多変数に基づき分析した。乳児729例のうち、222例(30.4%)で聴覚損失の発見が遅れた。2変量解析では、居住地、出生時体重、母国語、母親の人種/民族、母親の出身国、母親の年齢、母親の学歴、健康保険の加入状況が、発見の遅れる可能性増加との関連性を示した。他の変数を調整後では、聴覚損失の発見の遅れに最も強く関連する特性は出生時体重、特に極低出生体重(VLBW;1,500g未満)または低出生体重(MLBW;1,500g~2,499g)であった。全体で、DHHが発見されたVLBW児の82%が生後3カ月以降に診断された。正常な出生体重で生まれた乳児と比較して、VLBW児では発見が遅れる傾向が2倍以上高く、MLBW児でも発見が遅れる可能性が有意に高かった。多変量回帰分析では、DHH児で1)低出生体重、2)公的保険加入、3)首都圏以外に居住、4)母親の学歴が低い、5)母親が25歳未満、6)母親がモン族、の場合に有意に発見が遅れる傾向がみられた。EHDIプログラムの達成にもかかわらず、適時な聴覚損失の発見には格差が存在する。この情報を、特定集団を対象とする公衆衛生上のイニシアチブを発展させるために使用することで、適時の発見に改善し、言語発達遅滞のリスクを低減し、DHH児童の転帰を向上することができる可能性がある。

References

  • White KR, Forsman I, Eichwald J, Munoz K. The evolution of early hearing detection and intervention programs in the United States. Semin Perinatol 2010;34:170–9. <https://doi.org/10.1053/j.semperi.2009.12.009>
  • American Academy of Pediatrics, Joint Committee on Infant Hearing. Year 2007 position statement: principles and guidelines for early hearing detection and intervention programs. Pediatrics 2007;120:898–921. <https://doi.org/10.1542/peds.2007-2333>
  • CDC. Annual data Early Hearing Detection and Intervention (EHDI) Program. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services; 2017. <https://www.cdc.gov/ncbddd/hearingloss/ehdi-data.html>
  • Moeller MP. Early intervention and language development in children who are deaf and hard of hearing. Pediatrics 2000;106:e43. <https://doi.org/10.1542/peds.106.3.e43>
  • Yoshinaga-Itano C, Sedey AL, Coulter DK, Mehl AL. Language of early- and later-identified children with hearing loss. Pediatrics 1998;102:1161–71. <https://doi.org/10.1542/peds.102.5.1161>
  • CDC, National Center for Health Statistics. National Vital Statistics System: U.S. Census populations with bridged race categories. Hyattsville, MD: US Department of Health and Human Services, CDC, National Center for Health Statistics; 2019. <https://www.cdc.gov/nchs/nvss/bridged_race.htm>
  • Spiegelman D, Hertzmark E. Easy SAS calculations for risk or prevalence ratios and differences. Am J Epidemiol 2005;162:199–200. <https://doi.org/10.1093/aje/kwi188>
  • Russ SA, Hanna D, DesGeorges J, Forsman I. Improving follow-up to newborn hearing screening: a learning-collaborative experience. Pediatrics 2010;126(Suppl 1):S59–69. <https://doi.org/10.1542/peds.2010-0354K>
  • Wathum-Ocama JC, Rose S. Hmong immigrants’ views on the education of their deaf and hard of hearing children. Am Ann Deaf 2002;147:44–53. <https://doi.org/10.1353/aad.2012.0207>
  • Bush ML, Bianchi K, Lester C, et al. Delays in diagnosis of congenital hearing loss in rural children. J Pediatr 2014;164:393–7. <https://doi.org/10.1016/j.jpeds.2013.09.047>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ