一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2020年(Vol.69)薬物およびオピオイドが関与する過剰摂取による死亡 ・・・

MMWR抄訳

rss

2020/03/20Vol. 69 / No. 11

MMWR69(11):290-297
Drug and Opioid-Involved Overdose Deaths — United States, 2017–2018

薬物およびオピオイドが関与する過剰摂取による死亡 ― アメリカ、2017年~2018年

2017年のアメリカにおける70,237例の薬物過剰摂取による死亡のうち、約3分の2(47,600例)がオピオイドに関与していた。近年、オピオイドが関与する過剰摂取による死亡の増加は、主にメサドン以外の合成オピオイド(以下、合成オピオイド)が関与する死亡によって引き起こされている。CDCは、2017年から2018年までのすべてのオピオイドとオピオイドサブカテゴリーが関与する死亡率の年齢で調整した変化を人口統計学的特性、郡の都市化レベル、国勢調査地域、州ごとに分析した。2018年、アメリカでは合計67,367例の薬物過剰摂取による死亡が発生し、2017年から4.1%の減少であった。これらの薬物の過剰摂取による死亡のうち、46,802例(69.5%)にオピオイドが関連した。2017年から2018年までに、オピオイドが関与する死亡率は2.0%減少し、女性、15~34歳および45~54歳の人、非ヒスパニック系白人、小規模都市圏、小都市、非中核エリア、中西部および南部地域で減少した。また、死亡率は11州とワシントンDCで減少し、3州で増加し、相対的減少はアイオワ州(-30.4%)、絶対的な減少はオハイオ州(-9.6)で最大で、相対的および絶対的な増加はミズーリ州で最大であった(各18.8%、3.1)。2018年のオピオイド関連死亡率が最も高かったのはウェストバージニア州であった(人口10万人あたり42.4例)。また、2017年から2018年までに、処方オピオイドが関与する死亡率は13.5%減少し、ヘロインが関与する死亡率は4.1%減少した。一方、合成オピオイドが関与する死亡率は、2017年の人口10万人あたり9.0例から2018年では同9.9例に増加し、2018年のオピオイドが関与する死亡の67.0%を占め、男性と女性ともに、25歳以上、ヒスパニック系白人、非ヒスパニック系黒人、ヒスパニック系、非ヒスパニック系アジア人/太平洋諸島民、大規模中央都市圏、大規模周辺都市圏、中規模都市圏、小規模都市圏で増加した。合成オピオイドが関与する死亡率は、北東部、南部、西部で増加し、中西部では横ばいであった。死亡率は10州で増加し、2州で減少した。最大の相対的増加はアリゾナ州で、最大の絶対増加はメリーランド州とミズーリ州で生じた。2018年の合成オピオイドが関与する死亡率は、ウェストバージニア州で最も高かった(人口10万人あたり34.0例)。新たに発生する脅威を追跡するために過剰摂取、多剤使用傾向、違法薬物供給のサーベイランスと、治療への連携と多部門の対応を強化することは、オピオイドが関与する死亡の減少を維持、加速させるために重要である。

References

  • Scholl L, Seth P, Kariisa M, Wilson N, Baldwin G. Drug and opioid-involved overdose deaths—United States, 2013–2017. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2018;67:1419–27. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm675152e1>
  • Hedegaard H, Miniño AM, Warner M. Drug overdose deaths in the United States, 1999–2018. NCHS data brief, no 356. Hyattsville, MD: US Department of Health and Human Services, CDC, National Center for Health Statistics; 2020. <https://www.cdc.gov/nchs/data/databriefs/db356-h.pdf>
  • O’Donnell J, Gladden RM, Goldberger BA, Mattson CL, Kariisa M. Notes from the field: opioid-involved overdose deaths with fentanyl or fentanyl analogs detected—United States, July 2016–December 2018. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2020;69:271–3. <http://dx.doi.org/10.15585/mmwr.mm6910a4>
  • Guy GP Jr, Zhang K, Bohm MK, et al. Vital signs: changes in opioid prescribing in the United States, 2006–2015. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2017;66:697–704. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6626a4>
  • CDC. 2019 Annual surveillance report of drug-related risks and outcomes—United States surveillance special report. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2019. <https://www.cdc.gov/drugoverdose/pdf/pubs/2019-cdc-drug-surveillance-report.pdf>
  • Drug Enforcement Administration. 2018 National drug threat assessment. Annual drug report; 2019. Springfield, Virginia: US Department of Justice, Drug Enforcement Administration; 2019. <https://www.dea.gov/sites/default/files/2020-01/2019-NDTA-final-01-14-2020_Low_Web-DIR-007-20_2019.pdf>
  • Guy GP Jr, Haegerich TM, Evans ME, Losby JL, Young R, Jones CM. Vital signs: pharmacy-based naloxone dispensing—United States, 2012–2018. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2019;68:679–86. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6831e1>
  • Davis GG; National Association of Medical Examiners and American College of Medical Toxicology Expert Panel on Evaluating and Reporting Opioid Deaths. Complete republication: National Association of Medical Examiners position paper: recommendations for the investigation, diagnosis, and certification of deaths related to opioid drugs. J Med Toxicol 2014;10:100–6. <https://doi.org/10.1007/s13181-013-0323-x>
  • Jones CM, Olsen EO, O’Donnell J, Mustaquim D. Resurgent methamphetamine use at treatment admission in the United States, 2008–2017. Am J Public Health 2020. Epub February 20, 2020. <https://doi.org/10.2105/AJPH.2019.305527>
  • Dowell D, Haegerich TM, Chou R. CDC guideline for prescribing opioids for chronic pain—United States, 2016. MMWR Recomm Rep 2016;65(No. RR-1). <https://doi.org/10.15585/mmwr.rr6501e1>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ