一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2020年(Vol.69)成人におけるアルコール摂取スクリーニングと簡易カウ・・・

MMWR抄訳

rss

2020/03/13Vol. 69 / No. 10

MMWR69(10):265-270
Screening for Alcohol Use and Brief Counseling of Adults — 13 States and the District of Columbia, 2017

成人におけるアルコール摂取スクリーニングと簡易カウンセリング ― 13州とワシントンDC、2017年

2006年~2010年、大量飲酒が関与する急性症状(負傷や暴力など)による死亡者は年間約49,000人であり、また、大量飲酒は乳癌などの慢性疾患や胎児性アルコールスペクトラム障害など健康状態に悪影響を与えるリスクを増加させる。U.S. Preventive Services Task Force(USPSTF)は2004年、2013年、2018年に適量を超えての飲酒、または健康を害するリスクを高める飲み方をする18歳以上のアメリカ成人に対し、アルコールスクリーニングおよび簡単な介入(アルコールSBI)を推奨している。今回、2017年のBehavioral Risk Factor Surveillance System調査のデータから、13州およびワシントンDCにおける過去2年以内の健康診断時の飲酒に関する質問状況について分析した。65,887人に対し、過去2年以内の健康診断時に「お酒を飲むか」「どれくらい飲むか」「大量飲酒をしたことがあるか」を聞かれたか、また「健康に有害な、または危険な飲酒に関し何か指導されたか」を質問した。結果、81.4%の成人が過去2年間の健康診断時に飲酒について、37.8%が大量飲酒について質問されていた。大量飲酒について質問された人は男性が40.1%、女性が36.0%、学歴別では高卒未満が46.2%、高卒が37.1%、短大/専門学校卒以上が36.1%、貧困レベル別では世帯収入が連邦貧困レベル100%未満で44.0%、100~199%で41.1%、200%以上で36.0%、人種/民族別ではヒスパニック系にて46.9%、白人にて35.7%、黒人にて36.8%、アジア人/太平洋諸島住民にて32.1%、アメリカインディアン/アラスカ先住民にて45.1%であった。飲酒について質問され、過去30日以内に大量飲酒をしたと回答した人のうち、飲酒が健康に及ぼす有害性について指導された人の割合は41.7%であった。飲酒をやめるか酒量を減らすよう指導された人は20.1%であり、男性(24.1%)、障害者(28.2%)、高卒未満(38.2%)、世帯収入が貧困レベル(100%未満、37.5%)、健康保険が補償範囲ではない人(36.2%)にて高く、また、白人(16.8%)に比べヒスパニック系(28.5%)にて高かった。これらのデータは大量飲酒者に対し、医療提供者が介入する機会を逸していることを示唆するものであり、不健康なアルコール摂取のスクリーニングや追跡調査はプライマリケアにおけるアルコールSBIの実践および有益性を改善する可能性がある。

References

  • Stahre M, Roeber J, Kanny D, Brewer RD, Zhang X. Contribution of excessive alcohol consumption to deaths and years of potential life lost in the United States. Prev Chronic Dis 2014;11:E109. <https://doi.org/10.5888/pcd11.130293>
  • World Health Organization. Global status report on alcohol and health 2018. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2018. <https:// www.who.int/substance_abuse/publications/global_alcohol_report/en/>
  • Curry SJ, Krist AH, Owens DK, et al.; US Preventive Services Task Force. Screening and behavioral counseling interventions to reduce unhealthy alcohol use in adolescents and adults: US Preventive Services Task Force recommendation statement. JAMA 2018;320:1899–909. <https://doi. org/10.1001/jama.2018.16789>
  • Bazzi A, Saitz R. Screening for unhealthy alcohol use. JAMA 2018;320:1869–71. <https://doi.org/10.1001/jama.2018.16069>
  • O’Connor EA, Perdue LA, Senger CA, et al. Screening and behavioral counseling interventions to reduce unhealthy alcohol use in adolescents and adults: updated evidence report and systematic review for the US Preventive Services Task Force. JAMA 2018;320:1910–28. <https://doi.org/10.1001/jama.2018.12086>
  • McKnight-Eily LR, Okoro CA, Mejia R, et al. Screening for excessive alcohol use and brief counseling of adults—17 states and the District of Columbia, 2014. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2017;66:313–9. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6612a1>
  • Jonas DE, Garbutt JC, Brown JM, et al. Screening, behavioral counseling, and referral in primary care to reduce alcohol misuse. AHRQ report no. 12–EHC055-EF. Rockville, MD: Agency for Healthcare Research and Quality; 2012. <https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/22876371-screening-behavioral-counseling-and-referral-in-primary-care-to-reduce-alcohol-misuse-internet/>
  • Froehlich-Grobe K, Jones D, Businelle MS, Kendzor DE, Balasubramanian BA. Impact of disability and chronic conditions on health. Disabil Health J 2016;9:600–8. <https://doi.org/10.1016/j.dhjo.2016.04.007>
  • Goplerud E, McPherson TL. Implementation barriers to and facilitators of screening, brief intervention, referral, and treatment (SBIRT) in federally qualified health centers (FQHCs). Chicago, IL: NORC at the University of Chicago, 2015. <https://aspe.hhs.gov/report/implementation-barriers-and-facilitators-screening-brief-intervention-referral-and-treatment-sbirt-federally-qualified-health-centers-fqhcs>
  • National Institutes of Health; National Institute on Alcohol Abuse and Alcoholism. Helping patients who drink too much: a clinician’s guide. Bethesda, MD: US Department of Health and Human Services; 2005. <https://www.integration.samhsa.gov/clinical-practice/Helping_Patients_Who_Drink_Too_Much.pdf>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ