一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2020年(Vol.69)PEPFARが支援する早期プログラムを採用する35・・・

MMWR抄訳

rss

2020/02/28Vol. 69 / No. 8

MMWR69(8):212-215
Expansion of HIV Preexposure Prophylaxis to 35 PEPFAR-Supported Early Program Adopters, October 2016–September 2018

PEPFARが支援する早期プログラムを採用する35カ所におけるHIV曝露前予防内服の拡大、2016年10月~2018年9月

2016年、アメリカ大統領エイズ救済緊急計画(PEPFAR)は支援を行う35カ所(国または地域)にてHIV感染リスクの高い主要集団[女性の性労働者、男性間性交渉者(MSM)、トランスジェンダー女性]と他のハイリスク集団に対し、曝露前予防内服(PrEP)の追跡を開始し、2018年9月の時点では15カ所(43%)にてPrEPプログラムが開始された。PrEPは、2016年10月~12月には主要集団にて501名、一般集団にて387名、合計888名に行われ、2018年6月~9月にはそれぞれ9,921名、20,723名、計30,644名に行われた。2016年10月から2018年9月にかけての増加率は主要集団1,880%、一般集団5,255%、合計3,351%であり、主要集団内ではMSMにて3,518%、女性性労働者にて1,580%、トランスジェンダー女性の増加率であった。PEPFAR支援プログラムのうち、6カ所 (アジア地域、ケニア、南アフリカ、ウガンダ、ベトナム、ジンバブエ)が主要集団に対するPrEPプログラムの早期採用地域(複数の四半期において新たに主要集団150名、計1,000名以上に対しPrEPを実施する国や地域のプログラム)に分類され、ベトナムを除く5カ所におけるPrEP早期採用の重要成功因子は国や地域の利害関係者による会議、保健省からの支援、地域の支援およびWHOや国連合同エイズ計画(UNAIDS)などの多国間パートナーの存在であった。また、国の治療および予防ガイドライン、HIV医療従事者への定期的なトレーニング、PrEPを実現する政府の能力などが挙げられた。PrEPの拡大を加速するにはPrEPプログラムへの政府の積極的な関与とサービスを提供する方法の刷新が必要であり、多くの政府は政策およびガイドラインの草案作成、トレーニングカリキュラムの開発と採用、サイトの認定、データ収集および報告などによりPrEPプログラムを支援した。

References

  • Joint United Nations Programme on HIV/AIDS. UNAIDS data 2019: Geneva, Switzerland: Joint United Nations Programme on HIV/AIDS; 2018. <https://www.unaids.org/sites/default/files/media_asset/2019-UNAIDS-data_en.pdf>
  • US President’s Emergency Plan for AIDS Relief. Monitoring, evaluation, and reporting indicator reference guide. Washington, DC: US President’s Emergency Plan for AIDS Relief; 2018. <https://www.state.gov/pepfar-fiscal-year-2020-monitoring-evaluation-and-reporting-guidance/>
  • Mailman School of Public Health. ICAP pre-exposure prophylaxis (PrEP) package. New York City, New York: Columbia University; 2018. <https://icap.columbia.edu/tools_resources/icap-pre-exposure-prophylaxis-prep-package-2>
  • Reed JB, Patel RR, Baggaley R. Lessons from a decade of voluntary medical male circumcision implementation and their application to HIV pre-exposure prophylaxis scale up. Int J STD AIDS 2018;29:1432–43. <https://doi.org/10.1177/0956462418787896>
  • Suraratdecha C, Stuart R, Manopaiboon C, et al. Cost and cost-effectiveness analysis of pre-exposure prophylaxis among men who have sex with men in two hospitals in Thailand. J Int AIDS Soc 2018;21(Suppl 5):e25129. <https://doi.org/10.1002/jia2.25129>
  • World Health Organization. HIV strategic information for impact: cascade data use manual to identify gaps in HIV and health services for program improvement. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2019. <https://apps.who.int/iris/bitstream/handle/10665/273119/9789241514415-eng.pdf?ua=1>
  • Joint United Nations Programme on HIV/AIDS. Fast-track: ending the AIDS epidemic by 2030. Geneva, Switzerland: Joint United Nations Programme on HIV/AIDS; 2018. <https://www.unaids.org/sites/default/files/media_asset/JC2686_WAD2014report_en.pdf>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ