一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2020年(Vol.69)肺がん検査 ― 10州、2017年

MMWR抄訳

rss

2020/02/28Vol. 69 / No. 8

MMWR69(8):201-206
Screening for Lung Cancer — 10 States, 2017

肺がん検査 ― 10州、2017年

肺がんはアメリカにおけるがんによる死亡の主な原因であり、2016年には148,869名が肺がんで死亡した。2013年、アメリカ予防医学専門委員会(USPSTF)は現喫煙者または15年以内に禁煙した元喫煙者で30pack-years[PY:1日の喫煙箱数(1箱20本で計算)×喫煙年数]の喫煙歴のある55~80歳の成人に対し、年1回の低用量CTによる肺がん検査を推奨している。今回、Behavioral Risk Factor Surveillance Systemのデータを使用して10州における2017年の肺がん検査率を評価した。回答者85,514名のうち、55~80歳は33,137名であり、うち12.7%がUSPSTFの肺がん検査推奨基準を満たしており(≧30PYの現喫煙者:7.1%、≧30PYの元喫煙者/15年以内の禁煙:5.6%)、州別での割合は8.9%(メリーランド州)~17.0%(オクラホマ州)、人数は16,200名(バーモント州)~610,000名(フロリダ州)であった。CTによる肺がん検査はUSPSTF基準を満たす人の12.5%(464名/3,975名)が受け[9.7%(オクラホマ州)~16.0%(フロリダ州)]、州間の差は-3.8%(オクラホマ州 vs. バーモント州)~6.3%(フロリダ州 vs. オクラホマ州)であった。また、USPSTF規準を満たさない人の7.9%(704名/10,610名)が検査を受け[4.3%(メリーランド州)~9.4%(オクラホマ州およびフロリダ州)]、州間の差は-5.1%(メリーランド州 vs. オクラホマ州)~5.2%(フロリダ州 vs. メリーランド州)であった。USPSTF基準を満たす喫煙者では、慢性閉塞性肺疾患(COPD)の診断例にてCOPDでない人よりも肺がん検査率が高く(23.4% vs. 6.8%)、また、前年、定期健康診断を受けていない人で受けた人よりも検査率が低かった(5.6% vs. 14.4%)。USPSTF基準を満たさない喫煙者では、COPD診断例にて肺がん検査率が高く(17.3% vs. 6.5%)、元喫煙者にて現喫煙者よりも検査率が低かった(7.1% vs. 11.1%)。以上、USPSTF基準を満たす喫煙者におけるCTによる肺がんスクリーニング率は12.5%と低く、肺がんによる死亡率の抑制には喫煙阻止、禁煙増加、肺がん検査などの公衆衛生上の取り組みが助けとなる可能性がある。

References

  • US Cancer Statistics Working Group. U.S. cancer statistics: data visualizations. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2019. <https://www.cdc.gov/cancer/dataviz>
  • US Preventive Services Task Force. Lung cancer: screening. Recommendation summary. Rockville, MD: Agency for Healthcare Research and Quality, US Preventive Services Task Force; 2013. <https://www.uspreventiveservicestaskforce.org>
  • CDC. The Behavioral Risk Factor Surveillance System. Complex sampling weights and preparing 2017 BRFSS module data for analysis. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2018. <https://www.cdc.gov/brfss/annual_data/2017/pdf/Complex-Smple-Weights-Prep-Module-Data-Analysis-2017-508.pdf>
  • Zahnd WE, Eberth JM. Lung cancer screening utilization: a Behavioral Risk Factor Surveillance System analysis. Am J Prev Med 2019;57:250–5. <https://doi.org/10.1016/j.amepre.2019.03.015>
  • Veliz P, Matthews AK, Arslanian-Engoren C, et al. LDCT lung cancer screening eligibility and use of CT scans for lung cancer among sexual minorities. Cancer Epidemiol 2019;60:51–4. <https://doi.org/10.1016/j.canep.2019.03.009>
  • Fiore MC, Jaén CR, Baker TB, et al. Treating tobacco use and dependence: 2008 update. Rockville, MD: US Department of Health and Human Services, Public Health Service; 2008. <https://www.ncbi.nlm.nih.gov/books/NBK63952/>
  • Joseph AM, Rothman AJ, Almirall D, et al. Lung cancer screening and smoking cessation clinical trials. SCALE (Smoking Cessation within the Context of Lung Cancer Screening) collaboration. Am J Respir Crit Care Med 2018;197:172–82. <https://doi.org/10.1164/rccm.201705-0909CI>
  • Huo J, Hong YR, Bian J, Guo Y, Wilkie DJ, Mainous AG 3rd. Low rates of patient-reported physician-patient discussion about lung cancer screening among current smokers: data from Health Information National Trends Survey. Cancer Epidemiol Biomarkers Prev 2019;28:963–73. <https://doi.org/10.1158/1055-9965.EPI-18-0629>
  • Wheaton AG, Liu Y, Croft JB, et al. Chronic obstructive pulmonary disease and smoking status—United States, 2017. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2019;68:533–8. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6824a1>
  • Richards TB, Doria-Rose VP, Soman A, et al. Lung cancer screening inconsistent with U.S. Preventive Services Task Force recommendations. Am J Prev Med 2019;56:66–73. <https://doi.org/10.1016/j.amepre.2018.07.030>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ